人気の理由は何といっても利便性の高さ

元々は企業用として利用されていたウォーターサーバーが家庭にも浸透してきた裏側には、東日本大震災をきっかけの水の備蓄や水に含まれる放射能を心配した方がウォーターサーバーに注目したからと言われています。

 

ウォーターサーバーは仮に停電状態でもボトルから直接水を使えるので飲み水の備蓄にも適しているおり、小さなお子さんのいる家庭を中心に広まりました。

 

そして、今ではウォーターサーバーの便利さが知られるようになり、ウォーターサーバーの導入を検討されている家庭も多いようです。

 

ウォーターサーバーの人気の理由

ウォーターサーバーの人気の理由第一位は「便利さ」です。
ウォーターサーバーはサーバー内部で水を冷やしたり温めてたりできるので、冷蔵庫に飲み水 をしまう手間がなく、いつでも温かいお茶やコーヒーが飲めます。

 

最近は赤ちゃんのミルク作りのためにウォーターサーバーを契約する方も多く、赤ちゃん向けのプランを用意しているウォーターサーバー会社もあります。
ウォーターサーバーの水はお店で売っているペットボトルの水と変わらない高い品質と安全性があるので、赤ちゃんや小さいお子さんにはぴったりです。
また、定期的に水を届けてくれるのでわざわざ買いに行く必要もなく、重い見ずを運ぶ労力もいりません。お店で買うよりも安い値段で水を購入できる上に、電気代も電気ポットで沸かすより安いので経済的なメリットも大きいです。

 

 

次に理由として多いのが「安全性」です。
水道水は色々な薬品を使って水に含まれている菌を滅菌していますが、ウォーターサーバーは完全に不純物をろ過したRO水や天然水を使用しているので安全性がとても高いのです。

 

震災による原発事故や環境汚染、薬品に対する心配を抱えて水道水を飲み続けるよりも、安心して飲めるウォーターサーバーを利用したいという方が増えています。

 

ウォーターサーバーは外気に触れにくい構造をしているので飲み切るまで新鮮な状態で利用でき、空気中の雑菌やウイルスがボトル内を汚染する心配もありません。

 

便利で安全、しかもおいしいお水ならどうしてこんなに人気になったのかも納得できますよね。

 

水を選べる楽しみがあるのも人気の理由です。

様々な種類の水から好みのものを選べるのもウォーターサーバーの魅力です。水本来の甘味を旨味を楽しむなら天然水が良いです。一方、お茶、コーヒー、料理の味を引き立てる目的ならはRO水が適しています。また、現在では水素水や炭酸水を作れるような機種もあります。水素水はアンチエイジングに効果があると言われています。

 

アルミパウチに入っている市販品と較べると、ランニングコストはかなり安いです。炭酸水はそのまま飲む他、ご自宅でカクテルやハイボールを楽しむのにも重宝しますね。このように水の需要はどんどん細分されているのでそれに対応したウォーターサーバーもこの先どんどん開発されてくることでしょう。

 

料金システムが明確です

ウォーターサーバーの月々の料金はサーバーレンタル代、電気代、水代です。水代は月々の発注数が決まっているものも多いです。サーバーレンタル代は無料のものから1000円のものまであります。これらと電気代を合わせると大体3000〜4000円の間が相場になります。もちろん、もっと安いところもありますがこの価格帯に収まるものが多いです。料金がいくらかかるのかが分かりやすいことも安心して購入に踏み切れる一因であると言えます。

 

電気代が安いです

電気代は月々1000円程度のものが主です。常時お湯を温めているので電気ポットを使って沸かすことを考えると充分安いです。しかしウォーターサーバーは衛生上、常時電源を入れとかなければならないので、考えようによっては使わない間の消費電力はもったいないですね。そこを改善すべく最近は長く家を空けたり寝ていたりする間の消費電力を抑えることの出来る機種が出てきました。電気代を月々300円台まで節約することも可能です。

 

お洒落なデザインのものが沢山あります

毎日使うものなので飽きの来ないデザインで、部屋の雰囲気とも調和するウォーターサーバーの方が嬉しいですよね。以前はウォーターサーバーと言えば、機械特有の無機質な存在感が生活空間と相いれない印象がありました。ところが今はインテリアとしても素敵な位お洒落なデザインのウォーターサーバーが沢山あります。違和感無くウォーターサーバーが私達の生活に溶け込むようになってきていると言えるでしょう。

 

コンパクトなものも増えてきました

ウォーターサーバーは従来3〜4人家族向けである程度の容量を前提にしてました。ところが少人数の家族や一人暮らしにも使いやすいような容量も小さめの機種が登場してきました。テーブルの上のスペースを活用出来る卓上型や、お湯の使用頻度が少ない家庭用の冷水専用のものまであります。これにより、今まで水を使いきれない心配からウォーターサーバーを導入出来なかった家庭や、スペースが限られてる上に使用頻度も不確定な一人暮らしの方などにまでウォーターサーバーの使用人口の間口は広がりました。今後も小容量のサーバーの需要は増えてくると思われます。

水を選べる楽しみがあるのも人気の理由

様々な種類の水から好みのものを選べるのもウォーターサーバーの魅力です。水本来の甘味を旨味を楽しむなら天然水が良いです。一方、お茶、コーヒー、料理の味を引き立てる目的ならはRO水が適しています。また、現在では水素水や炭酸水を作れるような機種もあります。水素水はアンチエイジングに効果があると言われています。

 

アルミパウチに入っている市販品と較べると、ランニングコストはかなり安いです。炭酸水はそのまま飲む他、ご自宅でカクテルやハイボールを楽しむのにも重宝しますね。このように水の需要はどんどん細分されているのでそれに対応したウォーターサーバーもこの先どんどん開発されてくることでしょう。

 

料金システムも明確

ウォーターサーバーの月々の料金はサーバーレンタル代、電気代、水代です。水代は月々の発注数が決まっているものも多いです。サーバーレンタル代は無料のものから1000円のものまであります。

 

これらと電気代を合わせると大体3000〜4000円の間が相場になります。もちろん、もっと安いところもありますがこの価格帯に収まるものが多いです。料金がいくらかかるのかが分かりやすいことも安心して購入に踏み切れる一因であると言えます。

 

電気代が安い

電気代は月々1000円程度のものが主です。常時お湯を温めているので電気ポットを使って沸かすことを考えると充分安いです。しかしウォーターサーバーは衛生上、常時電源を入れとかなければならないので、考えようによっては使わない間の消費電力はもったいないですね。

 

そこを改善すべく最近は長く家を空けたり寝ていたりする間の消費電力を抑えることの出来る機種が出てきました。電気代を月々300円台まで節約することも可能です。

 

お洒落なデザインのものが沢山ある

毎日使うものなので飽きの来ないデザインで、部屋の雰囲気とも調和するウォーターサーバーの方が嬉しいですよね。以前はウォーターサーバーと言えば、機械特有の無機質な存在感が生活空間と相いれない印象がありました。

 

ところが今はインテリアとしても素敵な位お洒落なデザインのウォーターサーバーが沢山あります。違和感無くウォーターサーバーが私達の生活に溶け込むようになってきていると言えるでしょう。

 

コンパクトなものも増えてきてます。

ウォーターサーバーは従来3〜4人家族向けである程度の容量を前提にしてました。ところが少人数の家族や一人暮らしにも使いやすいような容量も小さめの機種が登場してきました。テーブルの上のスペースを活用出来る卓上型や、お湯の使用頻度が少ない家庭用の冷水専用のものまであります。

 

これにより、今まで水を使いきれない心配からウォーターサーバーを導入出来なかった家庭や、スペースが限られてる上に使用頻度も不確定な一人暮らしの方などにまでウォーターサーバーの使用人口の間口は広がりました。今後も小容量のサーバーの需要は増えてくると思われます。

以前はオフィスで使用されることも多かったウォーターサーバーですが、最近では各家庭で利用されることも多くなってきました。そのため、より場所を取らないも一般的になりつつあります。
最近では扱っている水の種類も豊富で、知床羅臼のミネラルウォーターのように珍しいものも気軽に購入できるようになっています。ウォーターサーバーを購入する時気になるのが、使用方法についてですね。使い方は、ウォーターサーバーにボトルを差し込むだけといたってシンプルなので、だれでも設置、使用することができます。

 

多くのウォーターサーバーでは、冷水とともにお湯も使用できるように工夫されています。このようにウォーターサーバーは便利に利用できるのですが、そこで気になるのが料金についてです。お湯を出すためには電気で温める必要があるため、その分電気代はかかります。ただしウォーターサーバー自体は無料でレンタルすることもできますし、より快適に利用するために必要なメンテナンス代など、諸経費を合わせても5000円程度で使用することができます。

 

また、肝心の水代についても1リットルで80円から100円程度と、比較的安価な値段設定になっている会社が多いため値段を気にせず利用することができます。ウォーターサーバ以外にも、ペットボトル式のミネラルウォーターを購入したり、自宅の水道に浄水器をつける方法でも綺麗なお水を飲むことはできます。ただ、ペットボトルのものですと1本で100円程度しますし、それを一日1本飲むとしても3000円ほどかかります。

 

4人家族の場合には、3000円×4で12000円かかることになり家計に対する負担も大きいものになります。浄水器ならば費用を抑えられるかというとそうでもなく、フィルター代も払う必要がありますし、お湯を使う際にはさらに沸かす必要も出てきます。こうなると逆にガス代など余計な費用が掛かってきますね。トータルでの経済性を考えた場合、ウォーターサーバーが実は一番お得であるといえるのです。

 

気になる水についても、国内だけではなく、国外の自然豊かな場所から採水されたもの、不純物を取り除いた純水など、その種類も豊富に用意されています。そのため、成分や硬度を鑑みて、希望に合ったものを自由にチョイスすることができます。また、ウォーターサーバーを導入することによって、水をわざわざ買いに行くこともなくなるという点も大きな魅力です。

 

仕事が忙しい共働き世帯や小さいお子さんがいるご家庭では、水を購入する暇もなかったりします。またお年寄りの一人暮らしの場合、重い水を運びだけでも大変な労力を必要とします。その点、ウォーターサーバーを利用すれば必要になった時にその都度配達してもらうことができるため、面倒もなく新鮮な水を購入することができます。