突然の水漏れトラブルは意外と多い?

ウォーターサーバーを利用している方の体験談や口コミを見ていると、意外と多いと感じるのが「水漏れによるトラブル」です。

 

例え少量ずつの水漏れでも長時間外出している時や寝ている間に水漏れが始まると、気づいた時には床一面が水浸しと言うケースも報告されています。

 

ウォーターサーバーのボトルは平均して10リットル前後の水が入っているので、ボトルをセットしたばかりだと最悪10リットルが丸々漏れてしまい、アパートなどでは階下の部屋への被害も心配です。まずは水漏れの原因から見ていきましょう。

 

ウォーターサーバーの水漏れの原因

 

ボトルのセットミス

 

まず考えられる原因はボトルをセットする際にきちんと取り付けができていない可能性です。斜めにセットしてしまうと、隙間から水が漏れてしまいます。

 

サーバーが不良品

 

経年劣化を除いて、最初から不良品のサーバーはめったにないそうですが、不良品のサーバーが原因で給水口やコックの部分から水漏れするケースもあります。

 

この場合はすぐ業者に連絡をしてサーバーの取り換えや損害補償について問い合わせましょう。

 

水漏れは大きな被害となってしまうこともあるので、こうしたトラブルが起きた時でもしっかり対応してくれる業者を探すのが大切です。

 

きちんとした業者はサーバーの交換から損害まで不満のない対応をしてくれます。また、不安なことがあれば費用がかかってもメンテナンスや修理、点検をお願いすることも大切です。

 

給水コックの故障

給水コックはもっとも頻繁に手を触れて使用する部分です。使いすぎによる故障は意外と起こりやすいです。また、乱暴に使ってしまった場合も故障しやすいです。

 

プラスチックの材質から出来ているので、特に温水を多用するご家庭ではコックの劣化は早まることが予想されます。良心的なメーカーはこのようなことも想定してメンテナンスを行ってくれます。

 

ボトルの破損

特にワンウェイ式のボトルやウォーターバックはリターナブル式のガロンボトルに比べると強度が弱いため、ひびが入ったり割れたりする可能性が高いです。高い場所から落としたり、開封の際カッターやはさみを使うとその刃が触れたりすることで破損するリスクは高いです。ペットが爪で引っ?いたりする可能性もありますので保管場所にも気を付けた方が良いです。

 

水漏れが起きた場合の対処法

実際水漏れが起きた場合の手順の一例をご紹介します。

 

ボトルに破損が無いか確認する

ボトルに破損がある場合は新しいウォーターボトルに交換し、メーカーに連絡して事情を説明し、新たなボトルを発注してください。破損理由によっては無償で新たなボトルを発送してくれるメーカーもあります。

 

ボトルがしっかりセットされているか確認する

サーバー本体の故障以外で一番考えられる水漏れの原因がボトルのセットが不十分であることです。特に12L以上の重さのボトルを持ち上げてセッティングするのは容易ではないためしっかりセッティングが出来ているか確認しないまま使用している可能性は高いです。

 

ボトルがまっすぐでなく斜めに差し込まれていたり、奥まで差し込まれてなかったりすると隙間から水が漏れてしまうので、しっかり奥までまっすぐ差し込まれているか確認してみましょう。

 

タンク内の水を全て出す

ボトルに破損が見られず、しっかりセットされているにも関わらず水漏れがする場合はサーバー本体の故障が想定されます。この場合はメーカーによるメンテナンス・修理が必要になります。

 

ボトルをサーバーから抜き取り、タンク内に残っている水を給水コックから全て出し切りましょう。空焚きにならないように電源を抜くのを忘れないでください。これにより対応する業者が来るまでの間の水漏れの進行を止めることが出来ます。

 

サポートセンター等、対応窓口に連絡する

一連の作業が済みましたらメーカーに、トラブルに対応してほしい旨を伝えます。大手のメーカーのほとんどは故障した際の回収や修理に応じる体制を整えています。特にリターナブル式で、メンテナンスを定期的に行ってくれるメーカーは信頼度が高いと言えます。ただし、逆にワンウェイ式で、メンテナンス不要を謳っているメーカーは要注意です。

 

リターナブル式は定期的に業者がボトルを回収するシステム上、顧客への対応が迅速です。一方ワンウェイ式の場合はサーバーを設置したあとは受注した水を配送するだけなので顧客との関係は希薄にならざるを得ません。メンテナンスを行わないとなればなおさらです。後者はメンテナンス代がかからなくて一見お得ですが、水漏れを含む故障などの際のアフターケアも熟慮した上でのウォーターサーバー選びが大切と言えます。

 

 

 

ウォーターサーバーは水を取り扱う機械ですので、当然水漏れのリスクがあることを覚えておく必要はあります。とはいえ、使い方を間違っていなければ水漏れを起こす可能性はとても少なく、ほとんどの人はウォーターサーバーの水漏れとは無縁なのではないでしょうか。
ここではウォーターサーバーが水漏れを起こす原因について紹介していきます。

 

●ボトルの装着が正しくない
ウォーターサーバーを利用する際には水が詰まっているボトルをウォーターサーバーに設置する必要があります。このときに、きちんと差し込めていない、正しいセットがなされていない場合は水漏れが起こる可能性が出てきます。
ウォーターサーバーに設置するボトルというのは1本当たり10キロ以上もの重量があるわけですので、ウォーターサーバーの差し込み口に垂直に、適切に差し込むことができなければ不具合が起きてそこから水漏れが起こると考えられます。この場合は、正しい設置方法を実行することによって簡単に水漏れを解消させることができますので、万が一ウォーターサーバーに水漏れが見られる場合は一度ボトルを取り外してみて、もう一度正しくつけかえてみることをおすすめします。

 

●ウォーターサーバーの初期不良
もしもウォーターサーバーを利用していて水漏れが起こり、ボトルも正しく装着されているのに水漏れが起こってしまったという場合はウォーターサーバーの初期不良が考えられます。こちらの場合だと、完全に業者側の不手際ということになりますので、業者に連絡することによって新しいものと取りかえてくれる、あるいは保証を適用してくれます。ですので、ウォーターサーバーの水漏れがなかなか改善されないようであれば業者のカスタマーセンターに連絡を取ってみましょう。
もしもここで窓口の対応が悪いようであれば解約するというのも一つの手です。