業務用ウォーターサーバーのメリットはコスパの良さ

ウォーターサーバーは業務用として販売されているものがあり、家庭用ウォーターサーバーとの違いはコストパフォーマンスです。

 

元々は業務用として販売されていたため早い段階で来客用としてオフィスや店内に設置していた企業も多いですが、最近では安全性の高いおいしいお水を飲めるとして福利厚生の一環でウォーターサーバーをオフィスに設置する企業も増えています。

 

スタッフはもちろん、来客にお茶やコーヒーを出す時にも役立つので重宝されています。

 

業務用ウォーターサーバーのメリット

企業がウォーターサーバーを導入する最大のメリットはコストパフォーマンスの良さです。

 

スタッフ用に自動販売機を置いている会社は多いですが自動販売機は電気代がとても高く、ウォーターサーバーは電気代が安く、空き缶などのゴミを処理する必要もありません。

 

また、急な来客の時でもウォーターサーバーは常にお湯が出るので、慌ててお湯を沸かさなくて済みます。ウォーターサーバーにしてからお茶やコーヒーの味を褒められるようになったという口コミも多いです。

 

さらに、美容室などお客様へお茶を提供することが多い場所では、その都度お湯を沸かしたり保温しておく電気代や手間を考慮してウォーターサーバーを導入する店舗が増えています。

 

デザイン性の高いウォーターサーバーならお客様から見える場所に置いておいてもインテリアの邪魔をしません。オフィスや飲食店などでは家庭より多くの水を消費するため、家庭よりもコストパフォーマンスが良く、その点も評価されています。

 

業務用ウォーターサーバーの選び方

一口に業務用ウォーターサーバーと言ってもかなり多くの種類が存在します。使用される環境に応じて選ぶべき機種も微妙に違ってくるので注意しましょう。いずれの場合も、家庭用よりも使用量が増えるので水自体の価格が安いものを選びましょう。

 

美容室・サロン

美容室やサロンでウォーターサーバーを設置しているお店が多くなりました。綺麗なお水は美容にも良いというイメージがあるので気遣いを演出出来ます。女性客が多く、店内のインテリアにも合わせたものを選ぶ必要性からデザインを重視したお洒落なウォーターサーバーが望ましいです。また、バナジウムが多く含まれる水は美容効果が高いとも言われていてイメージアップにつながるので人気です。

 

オフィス

オフィスの規模や来客が多い環境かどうかなどにも消費量は左右されますが、なるべく大容量のものが望ましいです。複数の人間が長期間に渡って使用する前提なので使いきれない心配はほとんどありません。小容量だとボトル交換の頻度が高くなってしまうので効率が悪いと言えます。

 

また、概ね、オフィスは家庭よりもボトルの収納スペースを確保しやすいのでワンウェイ式(ボトルが使い捨てのもの)よりもリターナブル式(ボトルが回収される)の方がお勧めです。ごみを出さないことでエコに取り組んでいる企業、という印象にもなりますし、コストも抑えられます。

 

飲食店

まだまだ数は少ないですが飲食店でもウォーターサーバーを導入している店もあります。高級志向のお店、美味しい水の調達が難しいことが認知されている地域の飲食店などでは水にこだわってることをアピールするために設置している場合があります。また、セルフサービスにすることでフロアスタッフの負担が減らせるというメリットもあります。

 

この場合も美容室やサロンと同様に店内のインテリアにある程度合わせたものが望ましいです。また、調理にも使うことや、水はあくまでサービスであるという点から考えるとRO水がお勧めです。素材の味を引き立てるのに適していますし、水自体の単価が概ね天然水より安いです。

 

設置場所に注意が必要

直射日光が当たる環境ではサーバー内で雑菌の繁殖する危険性が高いので注意してください。フロアの日当たりが良好な美容室や飲食店の場合は特に気を付けましょう。

 

また、美容室の場合はカットした髪の毛がウォーターサーバーの裏側に溜まる恐れがあるのでなるべくカットする場所から遠ざけた方が良いです。飲食店の場合はフロアスタッフの動線にも配慮した設置をしましょう。

 

飲食店におすすめの炭酸水が出せるウォーターサーバー

ごく少ないですが、炭酸水を作れるタイプのウォーターサーバーが存在します。これはハイボールやカクテルなどを作る際にとても便利です。いくらおいしいお水を提供しても、ほとんどの日本の飲食店ではお水で代金をいただけないのが現状です。

 

ところが、「水も出せるし炭酸水も出せる。」となるとウォーターサーバーはドリンク類の売り上げに貢献出来ると言えます。実際、ペットボトルや瓶の炭酸水は封を切ると炭酸が抜けて行ってしまうのでロスが多いです。必要分の炭酸水がすぐ作れるウォーターサーバーはまさしく飲食店向けと言えます。

 

家庭用ウォーターサーバーが人気を集める一方で、業務用ウォーターサーバーの需要も伸び続けています。業務用ウォーターサーバーは、さまざまな職場で活用されています。

 

事務系の職場においては、ウォーターサーバーがあると社員の仕事の効率が上がると評判です。

 

飲食店においては、最初にお客さんに出す水にウォーターサーバーの天然水を出す飲食店が増えています。以前であれば、水道水が当たり前でしたが、近年では環境汚染によって水の安全性が問題視されるようになりました。水の品質は、お客さんが飲食店を選ぶうえで重要なポイントとなっています。

 

美容室においては、シャンプーの後などのちょっとした空き時間に、水やお茶を出してくれる美容室が多いですが、その際にウォーターサーバーの天然水を使う美容室が増えています。ライバルの多い美容室業界では、このような細やかな配慮が、美容室を存続させるための大きな力となっているのです。

 

企業をはじめ派遣会社などでも、ウォーターサーバーは、重宝されています。なぜなら、職場環境を整えることで社員の満足度が上がり、社員が長期間働くことにつながるためです。仕事を身に付けた社員が長く働いてくれることは、企業にとって、大きなメリットとなります。このような面でも、業務用ウォーターサーバーは、一役買っているのです。