ワンウェイ式なら衛生状態も安心

ウォーターサーバーの水は水道水と違って塩素などで消毒されていないので開封後はできるだけ早く消費しないと雑菌が繁殖して味や臭いに影響があるだけでなく安全性にも関わります。

 

ウォーターサーバーにはリターナブル式ワンウェイ式という2種類があり、衛生状態にも違いがあります。

 

衛生面でウォーターサーバーを選ぶ

 

リターナブル式

 

リターナブル式ウォーターサーバーではガロンボトルが使われており、これは固いボトルで空になったものは回収して洗浄されて再利用されます。

 

再利用については衛生状態に何も問題はないのですが、ガロンボトルは水やお湯を利用した時にボトル内に空気が逆流する仕様になっており、空気が逆流した際に一緒に雑菌が入り込むリスクがあると言われています。

 

リターナブル式を採用している会社ではフィルターを付けるなどして雑菌が入らないように工夫をしたり専門スタッフによるメンテナンスを行ったりしていますが、衛生状態を重視してウォーターサーバーを選ぶならワンウェイ式の方が良いでしょう。

 

ワンウェイ式

 

ワンウェイ式ウォーターサーバーは柔らかい真空状態のボトルで、水が減るにつれてボトルが圧縮されていくのでガロンボトルのように空気の逆流がありません。

 

空気に触れていない常に新鮮な水を飲むことができ、雑菌もほぼ繁殖しないのでメンテナンスはセルフが推奨されているケースが多いです。

 

どちらを利用するにしろ、水の出る口の部分は定期的に拭き掃除をして汚れがたまらないようにしておくとより衛生的です。

ウォーターサーバー人気ランキング


 

コスモウォーター



 

プレミアムウォーター



 

フレシャス

フレシャス



 

サントリー天然水ウォーターサーバー

衛生状態でウォーターサーバーを選ぶならワンウェイ式



 

うるのん

うるのん



 


>> 6位から10位をチェックする