ワンウェイ式なら衛生状態も安心

ウォーターサーバーの水は水道水と違って塩素などで消毒されていないので開封後はできるだけ早く消費しないと雑菌が繁殖して味や臭いに影響があるだけでなく安全性にも関わります。

 

ウォーターサーバーにはリターナブル式ワンウェイ式という2種類があり、衛生状態にも違いがあります。

 

衛生面でウォーターサーバーを選ぶ

 

リターナブル式

 

リターナブル式ウォーターサーバーではガロンボトルが使われており、これは固いボトルで空になったものは回収して洗浄されて再利用されます。

 

再利用については衛生状態に何も問題はないのですが、ガロンボトルは水やお湯を利用した時にボトル内に空気が逆流する仕様になっており、空気が逆流した際に一緒に雑菌が入り込むリスクがあると言われています。

 

リターナブル式を採用している会社ではフィルターを付けるなどして雑菌が入らないように工夫をしたり専門スタッフによるメンテナンスを行ったりしていますが、衛生状態を重視してウォーターサーバーを選ぶならワンウェイ式の方が良いでしょう。

 

ワンウェイ式

 

ワンウェイ式ウォーターサーバーは柔らかい真空状態のボトルで、水が減るにつれてボトルが圧縮されていくのでガロンボトルのように空気の逆流がありません。

 

空気に触れていない常に新鮮な水を飲むことができ、雑菌もほぼ繁殖しないのでメンテナンスはセルフが推奨されているケースが多いです。

 

どちらを利用するにしろ、水の出る口の部分は定期的に拭き掃除をして汚れがたまらないようにしておくとより衛生的です。

 

ウォターサーバーのメンテナンスを簡単にすれば、衛生面が保たれる

ウォーターサーバーの衛生面を考えて、手入れやメンテナンスを自分でやればいいんだけど、そこまでやるのは、面倒だなと感じてしまいます。でも、メーカーでは、「メンテナンス無料」「2年ごとにサーバー交換」と言っているのですが、毎月メンテナンスをしてくれるわけではありません。

 

ですから、日々の清掃は自分でやらなければダメなのです。自分でできるウォーターサーバーの手入れは自分自身で行なわなければなりません。でも、毎日掃除する必要などはありません。大体、業者がやる掃除は清掃する箇所が、決まっているので、それを真似てやればいいのです。

 

一番楽な清掃時期は、ボトル交換の時です。ボトルの交換と一緒に掃除もやってしまえばいいのです。どこのウォターサーバーの業者も基本的な手入れやメンテナンスはほぼ同じです。形態や仕組みが違っても綺麗にする場所は決まっています。

 

清掃のポイントになる部分はどこですか

 

  • 水のボトル(パック)の差し込み口周辺
  • 水、お湯の出る蛇口
  • 受け皿、サーバー全体

 

このポイントの3箇所を清潔に保つように掃除できればいいのです。

 

そのポイントの掃除の仕方を見てみましょう

 

水のボトルの差し込み口

水を交換する時しか掃除する事ができないので、交換時にサッと終わします。ボトルの差し込み口周辺には、水滴がついている場合があります。まず、その水滴を、きれいな布かタオルで全て拭き取るようにします。

 

その後で、アルコール系除菌剤かアルコール系衛生材などを吹きかけてから、差し口や差し口周辺をきれいな布やタオルできれいにしながら、拭き取るようにします。差し込み口は、ボトル内の水に直接触れるので、素手でなどでは触らないように注意しましょう。

 

蛇口と受け皿の掃除

蛇口は、常に湿っているので、空気中の塵や埃が付着しやすいです。受け皿やコップから予想以上に、水滴が跳ねる事があるので、コックが思った以上にに汚れている時がありますが、毎日掃除をしなくても、ボトルの交換時に綺麗にする位で大丈夫です。付属でついてきたブラシと市販のアルコール除菌剤などを利用して、汚れを落とすようにします。

 

うっかりやけどをしないように、誤って温水をださないように注意しましょう。受け皿は、取り外しが可能な場合と可能でない場合があります。取外せる場合は、台所用の中性洗剤をスポンジにつけて、汚れを落として、水気を十分拭き取ってから装着します。もし、取り外せない場合は、中性洗剤を布巾やタオルなどにつけて、直接汚れを拭き取るようにします。

 

ウォーターサーバー全体

ウォーターガードやコックや受け皿がきれいになったら、あとはサーバーをみて汚れが気になる所を拭き取ればいいのです。サーバーの外面部は、最初乾いた布で乾拭きをしてから汚れを取ります。

 

乾拭きだけではどうしてもとれない汚れには、濡れたスポンジや布に台所用の中性洗剤を含ませて乾拭きで落ない汚れを落とします。最後は必ず乾拭きして水気をとるようにしましょう。磨き粉やベンジンを利用しては絶対いけません。どんなに気になった汚れでも利用しないでください。

 

コンデンサー部分の清掃

ファンがあるので、埃がたまりやすい場所です。埃があるなと思ったら、まず、電源を切ってから、掃除機などで、ゴミや埃を吸い取るようにします。以上の事を水のボトル交換時に気をつければ、衛生面でも安心です。

 

自分でやれるメンテナンスは自分でやるように心がけましょう。毎日するのではなく、交換時に、ポイントを押さえてすれば、短時間で簡単に清潔にできます。