総合的に考えればペットボトルと比べてもすごく経済的

ウォーターサーバーを利用する点で、一番コストがかかるのが水の料金です。

 

ウォーターサーバーは2人で利用する場合約25リットル、4人なら50リットルが必要な量だと言われています。

 

ウォーターサーバーの導入を検討される方は普段から水道水ではなくペットボトルの水を利用していると思いますが、コストパフォーマンスを比較するとウォーターサーバーに軍配が上がります。

 

ウォーターサーバーとペットボトルのコストパフォーマンス比較

 

500mlのペットボトルの水は平均して100円前後なのに対して、ウォーターサーバーの水は500mlあたりの値段はアルピナウォーターが47円、クリクラが56円とほぼ半額です。

 

天然水のウォーターサーバーを利用しても、アクアセレクトなら500mlあたり64円、うるのんなら75円です。

 

普段外で水やジュースを買っているなら、ペットボトルと比べて料金の差は歴然ですね。

 

ただ、大手メーカーから出ている2リットルサイズのペットボトルと比べてみるとどうしてもウォーターサーバーの方が割高になってしまいます。

 

都心部などにお住いで車を持っていない場合、安いからといって大量に買っても持って帰る手段がないですし、アパートやマンションでは置き場所に困ります。

 

また、買い物に行く交通費や空ペットボトルの処分費用(有料ゴミ袋など)を考えると、無料で自宅まで届けてくれるウォーターサーバーの方が総合的にはコストを抑えられています。

 

ペットボトルの保管方法について

 

車を持っていて安売りの時にまとめてペットボトルの水を買いだめしているという場合、困るのが車の燃料費と保管方法です。

 

水は生ものと一緒なので開封していないとしても直射日光があたり寒暖差が激しい場所では劣化しておいしく飲めなくなってしまいますし、水が氷るような場所で保管しているとペットボトルに亀裂が入って水を飲めなくなる可能性もあります。

 

ガソリンが高騰している今、水を買いに車を使うのも燃料代というコストは馬鹿になりません。こうしたリスクを考えると、多少割高でも手間がかからず保管にも困らないウォーターサーバーは、購入や保管の手間や置き場所の確保を考えればコスト以上の働きをしてくれます。

ウォーターサーバー人気ランキング


 

コスモウォーター



 

プレミアムウォーター



 

フレシャス

フレシャス



 

サントリー天然水ウォーターサーバー

ペットボトルと比べてウォーターサーバーはお得?



 

うるのん

うるのん



 


>> 6位から10位をチェックする

 

ウォーターサーバーを自宅に設置するのと、スーパーやドラッグストアなどでペットボトルのミネラルウォーターを購入する場合、どのような比較ポイントが生まれてくるでしょうか。

 

●価格の比較
ウォーターサーバーとペットボトルの水の価格を比較すると、ペットボトルは1リットルあたりおよそ40円から50円程度、ウォーターサーバーのボトルだと1リットル当たり80円から100円程度となっています。これらを考えてみると、ウォーターサーバーを利用するよりもペットボトルを利用した方が価格に関しては安くつくという比較結果になります。しかし、ウォーターサーバーの場合だと、この水の代金の中にウォーターサーバーの利用料金などが含まれていることがあるため、必ずしも割高になっているとは言えない部分もあります。

 

●使い勝手の比較
ウォーターサーバーとペットボトルの使い勝手を比較してみた場合、圧倒的にウォーターサーバーの方が利用しやすいと言えるでしょう。
ウォーターサーバーの場合、冷水と温水のどちらも瞬時に利用することができますし、何より24時間いつでもこれらの機能を利用することができます。ペットボトルの場合だと冷水は冷蔵庫の中に入れておけば良いですが、温水を使いたい場合は自分で沸かさなければなりません。また、ウォーターサーバーとペットボトルの使い勝手の比較においてとても重要なポイントとしてごみの問題があります。ペットボトルだと、利用した分は毎回ゴミとして出さなくてはなりませんが、ウォーターサーバーはボトルを業者が回収してくれるところがとても多く、自分でごみの処理をしなくても良いという便利な側面があります。

 

●宅配の比較
ウォーターサーバーはほとんどが宅配業者によってボトルが届けられます。そのため、自分で持ち運びをしなくても良いので重たい思いをしなくても大丈夫です。ペットボトルの場合だと、スーパーやドラッグストアなどから購入した場合自宅まで自分で運ばなくてはならないため女性の方やお年寄りの方からすると少し辛いかもしれません。