総合的に考えればペットボトルと比べてもすごく経済的

ウォーターサーバーを利用する点で、一番コストがかかるのが水の料金です。

 

ウォーターサーバーは2人で利用する場合約25リットル、4人なら50リットルが必要な量だと言われています。

 

ウォーターサーバーの導入を検討される方は普段から水道水ではなくペットボトルの水を利用していると思いますが、コストパフォーマンスを比較するとウォーターサーバーに軍配が上がります。

 

ペットボトル対応のウォーターサーバー

一般的なウォーターサーバーはサーバー本体とともに水もセットで購入する必要があります。最近は市販のペットボトルをセットすることが出来るタイプのウォーターサーバーも登場しています。ペットボトル用のウォーターサーバーの人気の理由や、一般的なウォーターサーバーと比較してのデメリットを検証してみました。

 

ペットボトル用サーバーのメリット

実はペットボトルに対応するウォーターサーバーは、一般的なウォーターサーバーには無いメリットが沢山ありました。

 

水の種類を選べる

大手メーカーの一般的なウォーターサーバーと契約するとそのメーカーが取り扱う水しか使えません。しかし、ペットボトルの水は種類が非常に豊富です。一般的な日本の名水から、フランスやイタリア産のミネラル豊富な硬水まで市場にある様々な水の中から好みのものを選んでウォーターサーバーを使用することが出来ます。

 

また、水の単価の安さを比較すると圧倒的にペットボトル水に軍配が上がります。「キリン アルカリイオンの水」は各社ウォーターサーバーに対応するRO水と味的な遜色は無いですが、一番安いRO水と比較しても半額程度です。水代自体を節約することで出来るのでランニングコストの削減が可能です。

 

手軽に注文できる

大手通販サイトなどでペットボトルの水は1ダース単位で購入することが出来ます。沢山のペットボトルをスーパーで買って持ち帰ることは非常に大変ですがこのようなシステムを利用すればペットボトルのまとめ買いも苦ではありません。自分の住所迄届けてもらうことが出来ます。

 

ボトル交換が楽

もともとウォーターサーバーのボトルの容量は12〜18リットルの大容量のものでした。一般家庭への普及にしたがい10リットル以下のものも出てきましたがそれでも女性の力ではかなりの負担です。

 

更に小容量のものがボトルでは無くパックタイプで登場してきましたが、構造上交換が煩雑です。その点2リットルのペットボトルが軽い上に、全体的にコンパクトで高さも無いので交換作業が非常に楽です。

 

月々のサーバー代、メンテナンス代がかからない上に注文ノルマが無い

大手メーカー各社の料金体系は様々です。一般的に注文ノルマが無い場合は月々のサーバー代がかかるか定期的なメンテナンスを行う際の費用が別途かかります。

 

逆に月々のサーバー代やメンテナンス代がかからない場合は注文ノルマがあり、しかも水自体が高単価であったりする場合が多いです。しかし、ペットボトル用サーバーの場合は、自分の消費ペースで水を購入できる上に、水以外のランニングコストは電気代だけです。

 

電気代が安い

ペットボトル用サーバーの電気代は600円ほどで、一般的なウォーターサーバーの電気代1000円と比較すると安いです。

 

ペットボトル用サーバーのデメリット

逆にペットボトル用サーバーのデメリットはどんなものがあるのでしょうか。一般的なサーバーと比較してみました。

 

初期費用がかかる

サーバーのレンタルを推奨している大手メーカーのものと異なり、ペットボトル用サーバーは自分で購入する必要があります。高額なものでは4万円ほどするものもあります。これは月々のレンタル代1000円で換算すると3年半ほどです。しかもその間に故障した場合の保証も大手のものほどは充実していないものがほとんどです。購入の際には保証期間も念頭に入れて考慮しましょう。

 

デザイン性は良くない

大手のサーバー、特にフレシャスなどは生活空間に違和感無く馴染む温もりを持たせつつ近未来的なデザインで人気を集めています。しかしペットボトル用サーバーは市販のペットボトルをそのまま差し込むのであまりデザインとしては優れたものでは。色も白が基調のものしか今のところは市販されていないのでインテリアとしてのお洒落さは期待できません。

価格によって機能性にバラつきがある

大手メーカーのウォーターサーバーの月々の費用の相場を見てみましょう。水の値段、レンタル代、メンテナンス代はメーカーによって様々ですが月々の費用はある一定の範囲内に収まっていることに気づきます。

 

逆に言えば、この相場内に収まる値段ということは相応の機能性が約束されているということでもあります。一方でペットボトル用のウォーターサーバーは高いものでは4万円ほどですが安いものでは数千円のものもあります。安いものの中には温水の温度が上がらなかったり、注水の勢いが著しく弱かったりするものもあるので避けた方が無難です。

 

セルフメンテナンスが必要

大手メーカーはサーバーのメンテナンスを行ってくれます。また、「メンテナンス不要」をうたっている機種もありますが、この場合はボトルの種類などで衛生状態を確保しています。

 

しかし、自分で市販のペットボトルを買って交換する方式ではウォーターサーバーの大敵である雑菌が繁殖するリスクがあります。内部洗浄を行える機能までを搭載している機種のものはまだ市販されていないので、長期的に使用するにはやはり衛生面での不安があります。

 

一般的なウォーターサーバーと比較して

水の値段だけで考えるとペットボトル用サーバーの方が遥かにコストパフォーマンスが良いように思ってましたが、初期費用がかかること、メンテナンスが自己責任であること、などを考えると決してそうは言いきれないと感じました。

 

定期的なメンテナンスをしてくれるメーカーのものと比較すると、故障や衛生面などの不安はあります。ただし、消費量が不安定でも心配することなく使える上にボトルの交換が楽なのは魅力ですので保証制度次第では需要が伸びそうです。

 

ウォーターサーバーとペットボトルのコストパフォーマンス比較

 

500mlのペットボトルの水は平均して100円前後なのに対して、ウォーターサーバーの水は500mlあたりの値段はアルピナウォーターが47円、クリクラが56円とほぼ半額です。

 

天然水のウォーターサーバーを利用しても、アクアセレクトなら500mlあたり64円、うるのんなら75円です。

 

普段外で水やジュースを買っているなら、ペットボトルと比べて料金の差は歴然ですね。

 

ただ、大手メーカーから出ている2リットルサイズのペットボトルと比べてみるとどうしてもウォーターサーバーの方が割高になってしまいます。

 

都心部などにお住いで車を持っていない場合、安いからといって大量に買っても持って帰る手段がないですし、アパートやマンションでは置き場所に困ります。

 

また、買い物に行く交通費や空ペットボトルの処分費用(有料ゴミ袋など)を考えると、無料で自宅まで届けてくれるウォーターサーバーの方が総合的にはコストを抑えられています。

 

ペットボトルの保管方法について

 

車を持っていて安売りの時にまとめてペットボトルの水を買いだめしているという場合、困るのが車の燃料費と保管方法です。

 

水は生ものと一緒なので開封していないとしても直射日光があたり寒暖差が激しい場所では劣化しておいしく飲めなくなってしまいますし、水が氷るような場所で保管しているとペットボトルに亀裂が入って水を飲めなくなる可能性もあります。

 

ガソリンが高騰している今、水を買いに車を使うのも燃料代というコストは馬鹿になりません。こうしたリスクを考えると、多少割高でも手間がかからず保管にも困らないウォーターサーバーは、購入や保管の手間や置き場所の確保を考えればコスト以上の働きをしてくれます。

 

冷蔵庫のスペースを節約できる

ペットボトルのミネラルウォーターを買ってくると冷蔵庫に入れる必要があります。飲む際は常温を好む方でも、保存性のことを考えて開封後は冷蔵庫に入れておくのが望ましいです。

 

しかし、他の食材や飲み物を入れることを考えると特に2リットルサイズのペットボトルは冷蔵庫のスペース上かなりの負担になります。その点、ウォーターサーバーの場合はボトルをサーバーに設置すれば冷却を行ってくれるので冷蔵庫のスペースは必要ありません。

 

電気代が安い

ペットボトルのミネラルウォーターを買ってきてそれを電気ケトルで沸かすのに比べ、ウォーターサーバーの温水機能の方が電気代は安いです。調理、カップ麺など、用途によっては温水を更に沸かしなおす必要はあります。

 

しかし、冷蔵庫から出した10℃以下のペットボトル水を沸かすのに比べると時間、電気代ともにわずかです。また最近は月々300円程度にまで電気代を抑えられる機種も出てきました。

 

水を飲む頻度が増える

ウォーターサーバーを使用すると、おいしく綺麗な水が目に届くところにあるため水を飲む頻度自体が増える効果があります。水の単価だけで言うとペットボトル水の方が安いですが、この効果により必然的に他の飲み物を飲む機会が減ることも見逃せません。

 

ペットボトルの水と比較すると高いウォーターサーバーの水ですが、他の清涼飲料などと較べると半分程度の値段です。糖分や添加物の多い清涼飲料よりも安全な水を好んで飲むことは健康にも効果が高いと言えるでしょう。

 

赤ちゃんのミルク用に安心して使える

赤ちゃんのミルクに適しているのはミネラル分の少ない軟水です。ペットボトルの水は非常に種類が多く、海外から輸入しているものもあります。そして海外のものはミネラルが多い水、すなわち硬水が主なのです。硬水は体質によってはお腹を壊す原因になり、特に赤ちゃんの体には望ましくありません。国内産のミネラルウォーターならばまず問題はありませんが、誤って購入した硬水を使用してしまう可能性が無いとは言い切れません。

 

それに対して、ウォーターサーバー自体が国内メーカーのものなので、使われる水も基本的には国内産の軟水です。また、RO水は微細な不純物質をろ過したもので、結果的にさらにミネラル分は少なくなるのでより赤ちゃんの体に優しい水と言えます。

 

ペットボトル対応のウォーターサーバーもある

ウォーターサーバーの導入を検討する際には、水の種類や宅配も選ぶ基準の一つとなります。安全でなおかつ美味しい水を確保するために各メーカーは水の品質の向上、維持には非常に力を入れています。しかし、ウォーターサーバーの冷水と温水が使える機能自体が魅力と感じている方も実際には多いです。

 

ごくわずかですが、ペットボトルの水を使用することのできるウォーターサーバーも開発されています。宅配水の様にノルマを気にする必要が無い上に、単価の低いペットボトルの水を使うことが出来るので、水の使用量自体が少ない一人暮らしなどでも安心して使うことが出来ます。ただし、ペットボトルの形状によっては対応していないものもあるので注意が必要です。

冷蔵庫のスペースを節約できる

ペットボトルのミネラルウォーターを買ってくると冷蔵庫に入れる必要があります。飲む際は常温を好む方でも、保存性のことを考えて開封後は冷蔵庫に入れておくのが望ましいです。

 

しかし、他の食材や飲み物を入れることを考えると特に2リットルサイズのペットボトルは冷蔵庫のスペース上かなりの負担になります。その点、ウォーターサーバーの場合はボトルをサーバーに設置すれば冷却を行ってくれるので冷蔵庫のスペースは必要ありません。

 

電気代が安い

ペットボトルのミネラルウォーターを買ってきてそれを電気ケトルで沸かすのに比べ、ウォーターサーバーの温水機能の方が電気代は安いです。調理、カップ麺など、用途によっては温水を更に沸かしなおす必要はあります。

 

しかし、冷蔵庫から出した10℃以下のペットボトル水を沸かすのに比べると時間、電気代ともにわずかです。また最近は月々300円程度にまで電気代を抑えられる機種も出てきました。

 

水を飲む頻度が増える

ウォーターサーバーを使用すると、おいしく綺麗な水が目に届くところにあるため水を飲む頻度自体が増える効果があります。水の単価だけで言うとペットボトル水の方が安いですが、この効果により必然的に他の飲み物を飲む機会が減ることも見逃せません。

 

ペットボトルの水と比較すると高いウォーターサーバーの水ですが、他の清涼飲料などと較べると半分程度の値段です。糖分や添加物の多い清涼飲料よりも安全な水を好んで飲むことは健康にも効果が高いと言えるでしょう。

 

赤ちゃんのミルク用に安心して使える

赤ちゃんのミルクに適しているのはミネラル分の少ない軟水です。ペットボトルの水は非常に種類が多く、海外から輸入しているものもあります。そして海外のものはミネラルが多い水、すなわち硬水が主なのです。硬水は体質によってはお腹を壊す原因になり、特に赤ちゃんの体には望ましくありません。

 

国内産のミネラルウォーターならばまず問題はありませんが、誤って購入した硬水を使用してしまう可能性が無いとは言い切れません。それに対して、ウォーターサーバー自体が国内メーカーのものなので、使われる水も基本的には国内産の軟水です。また、RO水は微細な不純物質をろ過したもので、結果的にさらにミネラル分は少なくなるのでより赤ちゃんの体に優しい水と言えます。

 

ペットボトル対応のウォーターサーバーもある

ウォーターサーバーの導入を検討する際には、水の種類や宅配も選ぶ基準の一つとなります。安全でなおかつ美味しい水を確保するために各メーカーは水の品質の向上、維持には非常に力を入れています。しかし、ウォーターサーバーの冷水と温水が使える機能自体が魅力と感じている方も実際には多いです。

 

ごくわずかですが、ペットボトルの水を使用することのできるウォーターサーバーも開発されています。宅配水の様にノルマを気にする必要が無い上に、単価の低いペットボトルの水を使うことが出来るので、水の使用量自体が少ない一人暮らしなどでも安心して使うことが出来ます。ただし、ペットボトルの形状によっては対応していないものもあるので注意が必要です。

 

ウォーターサーバーを自宅に設置するのと、スーパーやドラッグストアなどでペットボトルのミネラルウォーターを購入する場合、どのような比較ポイントが生まれてくるでしょうか。

 

●価格の比較
ウォーターサーバーとペットボトルの水の価格を比較すると、ペットボトルは1リットルあたりおよそ40円から50円程度、ウォーターサーバーのボトルだと1リットル当たり80円から100円程度となっています。これらを考えてみると、ウォーターサーバーを利用するよりもペットボトルを利用した方が価格に関しては安くつくという比較結果になります。しかし、ウォーターサーバーの場合だと、この水の代金の中にウォーターサーバーの利用料金などが含まれていることがあるため、必ずしも割高になっているとは言えない部分もあります。

 

●使い勝手の比較
ウォーターサーバーとペットボトルの使い勝手を比較してみた場合、圧倒的にウォーターサーバーの方が利用しやすいと言えるでしょう。
ウォーターサーバーの場合、冷水と温水のどちらも瞬時に利用することができますし、何より24時間いつでもこれらの機能を利用することができます。ペットボトルの場合だと冷水は冷蔵庫の中に入れておけば良いですが、温水を使いたい場合は自分で沸かさなければなりません。また、ウォーターサーバーとペットボトルの使い勝手の比較においてとても重要なポイントとしてごみの問題があります。ペットボトルだと、利用した分は毎回ゴミとして出さなくてはなりませんが、ウォーターサーバーはボトルを業者が回収してくれるところがとても多く、自分でごみの処理をしなくても良いという便利な側面があります。

 

●宅配の比較
ウォーターサーバーはほとんどが宅配業者によってボトルが届けられます。そのため、自分で持ち運びをしなくても良いので重たい思いをしなくても大丈夫です。ペットボトルの場合だと、スーパーやドラッグストアなどから購入した場合自宅まで自分で運ばなくてはならないため女性の方やお年寄りの方からすると少し辛いかもしれません。