ウォーターサーバーの第一の悩みは設置方法や設置場所!手に入れる前に準備しておこう

「ウォーターサーバーを欲しいと思っているけれど、どこに設置したらいいのか分らない」「うちに置くにはちょっと大きいかも…」

ウォーターサーバーのことが気になっている方は多いのですが、最初に必ずといっていいほど気になるのがウォーターサーバーの置き場所ではないでしょうか。

ウォーターサーバー自体は家電の中では比較的小さい方ですし、設置するスペース自体はさほど大きくありません。冷蔵庫などと比べてみても、小さいのが分かりますよね。

しかし、常日頃から部屋のスペースを気にしている人にとって「新しくウォーターサーバーの設置場所を作るのは難しいかも」と感じるかもしれません。

そこで今回はウォーターサーバの設置場所や設置方法について紹介していきます。

まずはウォーターサーバーのサイズをチェック

各メーカー、各製品によってウォーターサーバーのサイズは異なります。最近はコンパクトモデルが一般的になってきていて、以前の商品と比べるとかなり設置スペースを抑えられるようになっています。

大きめのウォーターサーバーで幅350mm・奥行450mm。小さめのウォーターサーバーとと幅300mm・奥行300mmくらいが目安になるでしょうか。

なお床置きタイプと卓上タイプがありますが『接地面』だけで比較すると大きさはそこまで違いはありません。高さには大きな違いがありますが。

ですので卓上タイプを検討している方もだいたい350mm×350mmくらいの設置面が必要になると考えておけば間違いないと思います。

定番のウォーターサーバーの設置場所

まずは定番の設置場所をチェックしてみましょう。ご家庭によって使い勝手の良い場所は異なると思いますが、だいたい次のポイントが設置場所候補になると思います。

キッチン

冷蔵庫の横やキッチンラック、食器棚の横などキッチンスペースに設置するのが最もスタンダードではないでしょうか。

喉が乾いたときに手軽にコップを持ち出して飲めるのは本当に便利です。また料理での使い勝手の良さも実感しやすいと思います。

リビングの隅

こちらも定番の設置場所ですね。食卓で食事をしているときなど、家族団らんのときにも手軽に使えるのは嬉しいですね。

リビングは皆がくつろぐ空間。だからこそリラックスタイムをサポートしてくれるウォーターサーバーがあるとより便利さを実感できるでしょう。

ウォーターサーバーを設置する前に確認しておきたい注意点

電源とある程度のスペースを確保できれば割とどこにでも設置できるウォーターサーバー。しかし、次の注意点を事前に確認してから設置場所を決めるようにしましょう。

隙間を考慮した十分な設置スペース

事前に購入・レンタルするウォーターサーバーのサイズを確認しておくことも大切です。公式サイトなどですぐにチェックできると思います。

全体的に見て本体自体はそこまで大きくはありませんが、ある程度隙間を作っておく必要があります。製品によって異なりますが、側面・背面は10cmほど隙間を作らなくてはなりません。

例えば冷蔵庫のすぐ横にぴたりと設置するのではなく、少し余裕を持たせて置くようにしましょう。

コンセントの近く

基本的に常時コンセントにつないで電源をオンにしている状態になるため、設置スペースがある程度限られてきます。できれば延長コードやタコ足配線は使わず、コンセントに直接接続するのが望ましいです。

こんな場所に設置するのは控えよう

ウォーターサーバーを設置するときは次の注意点を守る必要があります。より快適に、そして長く使い続けられるように確認しておきましょう。

直射日光の当たる場所

直射日光によってウォーターサーバー内の水が温かくなってしまうと、冷却する電気代が必要以上にかかってしまう可能性があります。また今度変化が激しくなるため雑菌などが繁殖する原因にもなりかねません。

風通しの悪い場所

水を取り扱う機械なので、高温多湿の部屋に設置するのはオススメしかねます。例えばお風呂場や脱衣所。

また卓上タイプのウォーターサーバーなら押入れなどの収納スペースに設置しようと考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。風通しの悪い場所に設置してしまうと雑菌の繁殖などのリスクが伴います。

終わりに

いかがだったでしょうか。やはりウォーターサーバーを設置するならキッチン、またはリビングが王道だと思います。使い勝手が良いですし、家族みんなで共有しやすい場所、と考えると選択肢は実はそんなに多くないように思います。

もちろん人によっては「寝室に設置して寝る前や起きたときに美味しい水を飲みたい!」という方もいらっしゃると思います。ライフスタイルに合わせて、一番便利に使えると思う場所を探してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする