家庭用ウォーターサーバーは手軽さがメリット

ウォーターサーバーは元々来客やスタッフが使用するための業務用として契約されることが多く、現在も家庭用ウォーターサーバーとは別に業務用ウォーターサーバーが存在しています。

 

サーバーは大型のサーバーが用意されていることがある以外、サーバー自体の性能などは全く変わらないものばかりです。

 

そのため家庭用でも業務用でも違いはほとんどなく、家庭よりも大量に水を消費する業務用の方がコストパフォーマンスが良い程度の差しかありません。

 

家庭用ウォーターサーバー導入のメリット

ウォーターサーバーを一般家庭が導入する最大のメリットは手軽さです。水の買い出しをしなくても自宅までボトルを届けてくれて、水道水のように煮沸をしなくてもおいしいお水を飲むことができます。

 

さらに、サーバーには冷水と温水が常に出るような仕組みとなっており、急な来客の時でも慌ててお湯を沸かす必要もありません。

 

そして、ウォーターサーバーは水道水の様に薬品を使って滅菌せずにフィルターで不純物を取り除いているため、健康面を気にされる方も安心です。

 

ボトルは密閉されており、ウォーターサーバーへセットしても可能な限り空気に触れない構造をしているので常に新鮮でおいしいお水を楽しめます。

 

一般家庭に普及されるようになったウォーターサーバー

家庭用ウォーターサーバーは東日本大震災後に水の安全性が疑問視されるようになり、特に小さなお子さんがいる家庭を中心に安心して飲めるお水として人気が高まりました。

 

そこからおいしいお水が自宅に届けられ、いつでもすぐにお湯を使えるという利便性が注目され、少し前まで贅沢というイメージのあったウォーターサーバーは一般家庭に普及しました。

 

市販されているペットボトルのお水と比べても費用は安いので、ウォーターサーバーの導入を検討されているなら一度試してみて損はありません。

 

備蓄水としてストックすることも出来る

ウォーターサーバー用の水はメーカーから定期的に届きます。しかも賞味期限は一年程に設定されています。このため、未開封状態で賞味期限が切れるという心配がほとんどありません。

 

備蓄水として適していると言えます。特に災害時、物資不足に陥った際にはコンビニやスーパーに置いている飲料水を手に入れることもままなりません。ウォーターサーバーを利用していれば常に飲料水をある程度ストックしておくことになるので、有事の備えとしても非常に役立ちます。

 

こんな家庭はウォーターサーバーの導入がおすすめ

 

赤ちゃんがいる家庭

常に安全な冷水と温水があり、温度の調整が出来る環境は赤ちゃんがいる家庭にとっては非常にありがたいものです。

 

健康志向の家庭

水に含まれるミネラルが健康に効果を及ぼすかどうかは疑問視されていますが、美味しい水を飲む機会が増えることで必然的に糖分の多い清涼飲料などの摂取量は減ります。

 

清涼飲料が好きな子供は多いですが、糖分の摂りすぎは体に良くないのは言うまでもありません。健康的な生活のためにも水のおいしさを分かってもらうことは大切です。

 

料理をする頻度が高い家庭

料理を作る際も、ウォーターサーバーのお湯があればガス代を節約出来る上に美味しく仕上げることが出来ます。厳選された水を使うことが出来るのでご飯もおいしく炊けるし、味噌汁もおいしく作れます。

 

思い切って上質な鰹節や昆布を使ってダシに凝ってみるのも良いでしょう。そしてなにより食中の飲み物として料理の味を損なわない上質な水は最適です。

 

来客が多い家庭

来客が多く、お茶やコーヒーの準備を欠かすことの出来ない家庭にもウォーターサーバーは便利です。常にお湯が豊富にあるのでお茶やコーヒーを入れる際にとても便利です。

 

レンタル有料と無料はどっちがいい?

大手メーカーのウォーターサーバーはレンタル契約をするのが主流です。(一部、買い取り出来る機種もあります。)実は料金体系は様々で、一概にレンタル料金だけを見て高い、安いと判断することは出来ません。

 

大抵の場合、レンタル料の中にはサーバーメンテナンス料が含まれてると考えることが出来るようです。レンタル料が無料の場合は水自体の値段が高価だったり、別途メンテナンス料がかかったりする場合があるので注意しましょう。

 

月々の注文ノルマについて

ウォーターサーバーのランニングコストを計算する上で注文ノルマは外せない項目ですが、概ね月々24〜28リットルと考えて支障は無いです。二人以上の家族ならばまず問題無く消費出来る量なのでノルマについてはあまり気にしなくても良いでしょう。また、レンタル無料のメーカーはノルマがあり、レンタル有料のメーカーはノルマが無い場合が多いようです。

 

ウォーターサーバーのメンテナンスについて

メーカーによってメンテナンスの方法は様々ですが、分解して内部の点検や清掃を行う場合が多いです。また、定期的にサーバー自体を交換してくれるメーカーもありますが恐らく交換してきたサーバーを自社工場内でこの作業を行っていると思われます。メンテナンス不要をうたっているメーカーもありますが、毎日安心して使うためにもメンテナンスが充実しているメーカーを選ぶことをお勧めします。

 

最初にウォーターサーバーが注目されたのは企業用ですが、近年では、家庭用ウォーターサーバーの人気が高まっています。この家庭用ウォーターサーバーの人気には、いくつかの理由があります。

 

家庭において、安全な水をいつでも飲むことができて、しかも思ったよりも安価であることが人気の要因です。特に、小さな子供がいて、粉ミルクを作る必要がある母親たちの間で、家庭用ウォーターサーバーは、話題となっています。

 

赤ちゃんに飲ませるミルクは、粉ミルクをお湯に溶かして作ります。このお湯にウォーターサーバーのお湯を使えば、水道水を使わずに済みます。

 

水道水は、地域によってカルキ臭が強く、赤ちゃんに飲ませるミルクを作るために使うには、安全性に問題があります。このような地域では、ミネラルウォーターが使われています。

 

家庭用ウォーターサーバーなら、安全な天然水が簡単に使えますし、お湯をわざわざ沸かす必要もありません。子育てが大変な母親にとっては、とても便利な存在です。

 

しかも、家庭用ウォーターサーバーは、付けかえるだけなので、ペットボトルと異なり容器が出ません。ですから、ゴミを片付ける手間を省くことができます。

 

特に、ペットボトルは、ゴミ収集の日が少ないこともあり、家の中に溜まりがちです。かさばるペットボトルの処理をしなくてもよいのは、本当に助かります。

 

このように、家庭用ウォーターサーバーは、主婦にとって、とても魅力的なアイテムですから、これからも普及し続けるでしょう。