ウォーターサーバーと電気ポットの電気代を比較

ウォーターサーバーは水の料金とサーバーレンタル代の他に、電気代がかかります。

 

最近は電気料金の値上げもあり、常に電源を入れている必要があるウォーターサーバーを使う時は電気代も気になるところです。

 

ウォーターサーバーの電気代

 

ウォーターサーバーの使用頻度にもよりますが、多くのウォーターサーバーは毎月1,000円前後の電気代が平均的です。

 

サーバー自体の性能が良くなり、月に500円や350円の電気代しかかからないタイプのウォーターサーバーもどんどん登場しています。

 

ウォーターサーバーと電気ポットとの電気代比較

 

ウォーターサーバーの電気代は冷水と温水のどちらにもかかってきますが、食品も含めて使用する冷蔵庫に関してはここでは考えないことにします。

 

ただ、冷蔵庫は開け閉めするたびに内部の温度が上がり、冷やすために使う電力が必要になるので頻繁に飲物を冷蔵庫へ取りに行く場合はウォーターサーバーの導入で電気代を節約できる可能性もあります。

 

さて、本題の電気ポットとの比較をしてみましょう。平均的な2.2リットルの電気ポットを1日2回沸騰させ、それ以外は保温状態だとすると1日に約30円程度の電気代がかかっている計算になります。

 

これを毎日繰り返していると毎月900円ほどかかっていることがわかります。電気ポットより少量の水をすぐにお湯にしてくれる電気ケトルは、1リットルタイプのもので1回の沸騰ごとに2.2円、1日3回なら6.6円で1か月で198円になります。

 

保温できるタイプの電気ケトルなら保温にかかる電気代もありますし、こまめに沸騰させているとその度に電気代がかかります。

 

また、電気ポットや電気ケトルは沸騰するまでの時間が1リットルで5〜6分かかります。

 

さらに、1度沸騰させると塩素やカルキといった消毒薬が抜けてるので味はおいしくなりますが、細菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

 

ウォーターサーバーの電気代の平均的な電気代は1,000円と電気ポットや電気ケトルと比べてすごく安いと言うわけではありませんが、いつでもおいしくて安全な冷水と温水がすぐに出る点もプラスすると決しては損はしない、むしろ得な部分は多いです。

床置型ウォーターサーバーの、容量による電気代の違い

冷却、または加熱する水量が多ければ多いほど消費電力も大きくなることを予想し、調べてみました。

 

調べた結果によると容量と電気代はほとんど関連性がありませんでした。これは床置型ウォーターサーバーに対応するボトルが12リットルタイプ、7〜8リットルタイプが主流であり、タンク自体の大きさはほとんど変わらないことが理由と思われます。

 

書エネ機能の仕組み

各メーカー独自の手法で省エネ化を成功させています。代表的な省エネ機能をご紹介します。

 

エコモード

通常時より温水の設定温度を下げることで消費電力を抑えることが出来る機能です。主に通常モードとの切り替えスイッチがついており、外出時や睡眠時等に通常モードからエコモードに切り替えることで消費電力を抑えるのが一般的な使い方。エコモードにした状態では高い温度のお湯が出ないので通常モードに切り替えた際に短時間で再加熱が出来るスイッチも併用できるタイプもある。

 

スリープ機能

エコモードと基本的なシステムは一緒ですが、中には光センサーにより部屋が暗くなっている間、温水タンクの加熱を停止するスリープ機能を搭載したものも存在します。設定温度を低くしたとはいえ、雑菌の繁殖を防げる温度帯を維持できるエコモードと違い、部屋が暗い限り加熱が行われないので、不規則な生活をされる方や、極端に日当たりの悪い部屋などには不向きな機能です。このため、スリープ機能はスイッチでオンオフの切り替えが出来るようになっています。スリープ機能がついているものは大概エコモードもついているので、ご自身の生活サイクルや設置場所に合わせて、エコモードとの使い分けをお勧めします。

 

基本的には温水の温度を低くすることで電力を抑える方法をどのメーカーも採用しているようです。従来の床置タイプ、卓上タイプ、冷水専用タイプ、でタイプ別に比較、床置きタイプ、卓上タイプを比較したところ、やはり平均的な電気代の差はほとんどありませんでした。

 

比較的コンパクトな卓上タイプとはいえ、床置タイプとタンク容量自体はさぼど代わりはないためと思われます。冷水専用のものに関しては、やはり電気代の多くを占める温水機能が無い分、300円台にまで電気料を抑えられるものも多くありました。

 

付属ケトルの電気代は?

温水機能の代わりに付属ケトルでお湯を沸かすタイプのものもあります。この付属ケトルの電気代は一般的な電気ケトルもものと変わりはないようです。ただし、用途としては少量、その都度沸かすというのが主であるため、使用量によっては常時温水機能を稼働させるものより電気代は大幅に安くなります。

 

電気代以外のコストパフォーマンスを検証

各大手メーカーの月々の費用を調べたところ、電気代以外の費用を含めるとほぼ同じ3000円〜4000円となることが分かりました。電気代以外に、サーバーのレンタル料、水の単価、水の注文単位、メンテナンス料などで月々の費用が算出出来ます。

 

特に、水の単価や注文単位数はメーカーにより本当に様々ですので実際の使用量は勿論ですが、最終的には純粋に好みや用途にあった水を選ぶことがサーバー選びのポイントとして重要であると言えます。

ウォーターサーバーは、24時間365日電気を付けっ放しにしてして利用をしなければなりません。

 

ウォーターサーバーを利用する際に気になることの1つは、その電気代です。ウォーターサーバーは見た目も結構な大きさで、水とお湯の両方を使っていることから、保冷と保温の両方を行っているため、結構な電気代が掛かっているのでは、と不安になられている方たちも多いのです。

 

ウォーターサーバーはとても便利なものなのですが、電気代があまりにも掛かってしまうと、家計を圧迫してしまう可能性もあります。ウォーターサーバーの維持には一体いくらの電気代が掛かるのでしょうか。

 

24時間フル稼働でも電気代は電気ポット以下

家庭ではよく利用をされている電気ポットですが、使用をしない夜間の間は電源を切って節約をされている方も多いかと思います。しかし、電気ポットは比較的電源を入れっぱなしにしている家電製品の1つでもあるかと思います。

 

では、電気ポットとウォーターサーバーはどちらの方が電気代が掛かってしまうのでしょうか?

 

電気ポットはウォーターサーバーと違って、保温機能だけなので、ウォーターサーバーよりも電気代は掛からないのではと予想されるかもしれません。しかし、実際はこの2つの電気代は、ほとんど変わりがないのです。電気ポットやウォーターサーバーの機種によっても違いはあるかもしれませんは、一般的な電気ポットとウォーターサーバーの1ヶ月の電気代は、約1000円という統計結果が出ています。

 

ですので、電気ポットを普段しようしているというご家庭の方が、ウォーターサーバーに切り替えても、電気代には変わりがないことになります。
そして、ウォーターサーバーは電気ポットにはない保冷機能がついていますので、利便性を考えるとウォーターサーバーの方がいいのではないでしょうか。

 

トータル的には光熱費節約

ウォーターサーバーを利用していると、さまざまなシーンで光熱費を節約することが出来ます。

 

まず1番大きいのが、お湯を沸かすことがなくなりますので、ガス代や電気代の節約をすることが出来ます。また、冷水が常に出てくるので、冷蔵庫に水を保管したり、氷を入れて水を冷たくする必要がないので、冷蔵庫を開け閉めする回数が減って、電気代の節約になります。

 

1回の節約金額は本当に少ない額ですが、トータルをして考えると、節約の額も大きくなっていきます。ウォーターサーバーを導入することによって、地球にも財布にも優しいエコな生活を送ることが出来るのではないでしょうか。

みそのバストアップ効果が密かに注目を集めています。その理由を、わかりやすく紹介します。
私たち日本人にとって身近な調味料である、みそ…。きっと、どのご家庭の冷蔵庫にもあるはずです。そんなみそが、バストアップに大変効果的だとひそかに注目を集めている様子です。

 

なんと、「バストアップサプリメントよりも、毎日おみそ汁を飲んだほうが効果的だ」という声もあるほど!手軽にゲットできる調味料がサプリメントよりも効くなんて、バストアップを意識する女性にとっては聞き捨てならない情報なのではないでしょうか。

 

今回は、みそのバストアップ効果について説明します。おいしく健康にバストアップできるならこれほど嬉しいことはありません。身近な調味料が秘めた驚きのメリットを、ぜひ美ボディ作りに活かしてみてはいかがでしょうか。

 

大豆イソフラボンと女性ホルモン

みなさんご存知の通り、バストアップに欠かせない要素といえば女性ホルモンですね。

 

女性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)は乳腺を発達させ、発達した乳腺を守るためにバストに脂肪がついていく…と言われています。エストロゲンはその他にも様々な健康・美容作用を持っているため、美肌や女性らしいボディラインのためにホルモンバランスを気にかけている方も少なくはないでしょう。

 

大豆製品に含まれている大豆イソフラボンは、そんなエストロゲンと非常によく似た働きをする特徴から、別名で「植物性エストロゲン」とも呼ばれる存在。女性らしいバストはもちろん、美しい肌や髪、体や心の健康を保つためにも、女性が積極的に摂取しておきたい栄養素です。

 

大豆イソフラボンなら、みそ以外の大豆製品でもいいのでは?

大豆イソフラボンが女性に嬉しい作用をもたらすことは上記の通りです。

 

…しかし、大豆イソフラボンはみそ以外にも様々な大豆製品に含まれているはずですよね。おそらく多くの女性が、「大豆は良いことくらい、知っているよ!」と思われるのではないでしょうか。

 

じつは、みそには他の大豆製品にはない決定的なメリットが存在しています。

 

それは大豆製品のなかでも数少ない“アグリコン型”という種類のイソフラボンを含んでいる!というポイント。なんと数ある大豆製品のなかでも、みそと醤油のみに含まれている健康成分なのだそうです。

 

アグリコン型イソフラボンとは…

一口に「イソフラボン」と言っても、グリコシド型とアグリコン型との2種類に分けられます。

 

2つの大きな違いは、体内での吸収率。グリコシド型のイソフラボンの粒には糖がくっついていて、アグリコン型よりも分子が大きい状態。イソフラボンが体に吸収されるためには、糖が外れ分子が細かい状態(つまり、アグリコン型)になる必要があります。

 

グリコシド型として摂取されたイソフラボンをアグリコン型へと分解させる働きには人によってばらつきがあり、吸収できるイソフラボンの量は様々。しかし、一般的にグリコシド型を摂取した場合は、全体の2割しかイソフラボンを吸収できていないと言われています。対してアグリコン型は、すでに糖が外れ分子が細かい状態で摂取されるので、胃や小腸からグングンと吸収されるメリットがあるのです。

 

みそに含まれるイソフラボンはあらかじめアグリコン型の状態で摂取することができるので、より多くのイソフラボンを吸収できるというわけですね。

 

消化吸収の良いポイントも見逃せない!

大豆(煮豆や炒り豆など)の状態で食べた際の消化吸収率は65%程度であることに対して、みその消化吸収率は90%だと言われています。大豆イソフラボンをはじめとする様々な栄養素による恩恵を効率良く摂取する手段として、みその活用は非常に有効だといえるでしょう。

 

たくさん食べればイイ!…というわけじゃない…

とはいえ、「そうか、みそがイイのか!」と、闇雲にみそを食べまくることはオススメできません。

 

みそは調味料。他の調味料と同じく、塩分の濃い食品です。みそには様々な種類が存在していて、種類が異なれば含まれている塩分量も違ってくるのですが、総じて言えることは“摂りすぎに注意!”というポイント。バストアップのために健康を害してしまっては、本末転倒です。健やかで美しいボディ作りを叶えるためにも、ぜひ適度な摂取を心がけてください。

 

おみそ汁から、バストアップを目指してみませんか

バストアップの方法には様々な選択肢が存在しています。なかには、辛く苦しい筋トレやエクササイズも珍しくありません。「バストを大きくしたいけれど、辛いのは続かない!」と悲観する貧乳女子の方も少なくないのではないでしょうか。

 

みそのバストアップ効果は、そんな皆様の救世主的な選択肢となってくれるかもしれません。入手も手軽で、美味しくて、毎日の献立に取り入れやすい…。本当にメリットの多いバストアップ法です。豊満なバストや美しい素肌・髪、そして女性としての健康を保つためにも、ぜひみそ汁からバストアップを目指してみてはいかがでしょうか?