月々のコストを節減出来る便利な機能

ウォーターサーバーの電気代は平均すると月々1000円前後です。これは電気ポットで毎日お湯を沸かした場合と比較して同じか少し安い程度です。

常にお湯が使えることに加え、冷蔵庫の中でミネラルウォーターを冷やすスぺスも省くことが出来るので、お湯や冷水を日常的に使う方にとっては電気代に見合う以上のメリットがあると言っても良いでしょう。

最近では更に電気代が安くなる、エコモードなどの機能を搭載しているウォーターサーバーも登場してきました。月々300円台にまで電気代を抑えられる機種もあります。

ウォーターサーバーの電気代の内訳

ウォーターサーバーの電気代はメーカーによって様々です。

ウォーターサーバーの内部では一体どのように電力が使われて電気代に反映しているのか調べてみました。

冷水機能の消費電力

冷水を作るのに消費される電力は70~100W程度です。ウォーターサーバーの冷却方式にはコンプレッサ―式と電子式があります。コンプレッサー式の方が短時間に大容量の水を冷却出来るので消費電力が大きいです。

電子式のものは冷却に時間がかかる上に使用できる容量に限りがありますが、電気代はコンプレッサー式に比べると安いです。さらに、コンプレッサー特有の作動音が無いので、電子式のウォーターサーバーは寝室などの静かな空間に設置しやすいというメリットもあります。

温水機能の消費電力

温水を作るのに消費される電力は350~450W程度となります。温水タンクを一定の高温に保ち続けることで温水を作ることが出来ます。温水タンク自体の容量と設定温度によって消費電力に大きく差が生じます。

温水のために要する電力は実は冷水に要する電力より何倍も大きいのです。このため、お湯を使う頻度が少ない一人暮らしや少人数の家庭を想定して、温水機能を搭載しない冷水専用のウォーターサーバーも登場しているほどです。

温水機能がついているものと比べて大幅に電気代を節減することができます。

内部洗浄機能の消費電力

サーバー内を自動でメンテナンスして衛生状態を保つことの出来るタイプのものもあります。この機能が作動している最中も電力は発生しています。空気をろ過することでカビの発生を防ぐシステムや熱水を循環させることで雑菌の繁殖を防ぐシステムなど、メーカーによって独自のシステムを搭載しています。

このような機能は主に業者によるメンテナンスを行わない契約内容のウォーターサーバーに搭載されます。メンテナンスを長い間行わないとカビやホコリなどでサーバー自体の衛生状態が悪化します。

日常のセルフメンテナンスの代行としては便利ですが、業者による回収、交換などで行われるメンテナンスに比べると精度は低いです。また、この機能を搭載することで消費電力も大きくなり、月々の電気代に反映するということにも注意しなければいけません。

ウォーターサーバーは電源を切ってはいけない

ウォーターサーバーは温水と冷水を雑菌の繁殖しにくい温度帯に保つことで水の衛生的な状態に保っています。電源を切ることで温水も冷水も雑菌の繁殖しやすい常温に近い温度になります。

ウォーターサーバーに使用される水は塩素などによる消毒を行っていないので温度変化により劣化しやすいのです。このため、ウォーターサーバー各社は電源は非常時以外はつけたままの状態で設置することを推奨しています。

エコモードってどんな機能?

メーカーによってエコモードと呼んだり省エネモードと呼んだりしていますが、節電して電気代を抑える機能を指します。ここでは節電出来る機能を搭載したものをご紹介します。

コスモウォーター楽らくサーバーの場合

エコモードのボタンを押すことで最大6時間温水機能をストップ出来ます。ただし、エコモードから通常モードに戻った直後にはお湯の温度は下がっています。

再加熱ボタンで早く温水に戻すことが出来ますが、再加熱中の消費電力は通常時より大きいです。出勤前や就寝前にエコモードボタンを押しておくことで上手に節電できます。

フレシャスデュオの場合

フレシャスは各機種ごとに異なるエコモードを搭載していますが中でも人気の高いフレシャスデュオには2種類の節電機能が搭載されています。

フレシャスの節電機能

SLEEP機能
光センサーで部屋の明るさを感知します。部屋が暗くなると自動的に温水用のヒーターの電源をストップします。サーバー背面のSLEEPのスイッチを入れることでこの機能を設定できます。

エコモード
サーバー上部のエコボタンを押すと温水の設定温度を15℃低くすることで節電できます。

アクアクララのアクアアドバンスの場合

アクアクララの新機種、アクアアドバンスではダブル省エネモードが搭載されています。従来の省エネモードはデジタルの表示部分を消灯し、温水の温度を下げるものでした。

これを異なった2つの時間帯に対して設定することで節電効果を更に高めたものです。

不在の日中や就寝中の深夜の時間帯に省エネモードを設定することで約350円台にまで電気代を抑えることができます。コスモウォーター同様、再加熱を行えるボタンがあります。

サントリー天然水ウォーターサーバーの場合

ウォーターサーバーに関しては後発のサントリーですが、独自の方法で省エネを行っています。それは4段階の温度設定です。

通常の冷水、温水に加え、弱冷モード、弱温モードを設定出来ます。消費電力を抑えられる上に、弱冷モードは常温に近い水を飲みたい時、弱温モードは赤ちゃんのミルクを作る時などに重宝します。

温度を調節することで節電

ウォーターサーバーは水を特定の温度に保つことに電力を費やします。冷水の温度が低いほど、温水の温度が高いほど消費電力は大きくなります。

特に温水機能は冷却機能の数倍の消費電力なので、温水の温度を下げることで節電が出来ます。

フレシャスデュオのエコモード、アクアアドバンスの省エネモードはこのシステムを導入しています。サントリー天然水ウォーターサーバーは更に冷水の温度を上げることで節電効果を高めています。

ウォーターサーバーを使わない時間帯

一日のうちに、ウォーターサーバーを良く使う時間帯もあれば逆に出勤中や就寝中などでほとんど使わない時間帯もあります。ウォーターサーバーは衛生上常に電源を入れている必要があります。

使わない間の消費電力を抑えることが出来れば電気代を安く出来ます。コスモウォーターはボタンを押すことで温水機能を一時的にストップ、アクアクララは時間設定で温水機能をストップできます。

そしてフレシャスのSLEEP機能は光センサーによるものです。暗くなると温水機能がストップします。注意点として共通しているのは通常モードに戻した直後にはお湯は本来の設定温度では利用できないことです。

コスモウォーターは6時間立つと自動的に通常モードに戻るしアクアクララは起床時間や帰宅時間の前に通常モードに戻る設定が可能ですが、フレシャスのSLEEPモードは注意が必要です。

カーテンを閉め切った状態だと夜が明けても温水機能が働かない恐れがあるので、朝起きてすぐにコーヒーやお茶を飲んで出勤したい、という方には不向きです。

温水機能の消費電力をいかに抑えるかが課題だった

お湯がいつでも使えるのはウォーターサーバーの大きな魅力の一つですが消費電力の大部分が温水機能によるものです。

よって節電のためにはお湯を使わない時間帯に温水機能の消費電力を抑える、という方針で月々の電気代を節約する機種がほとんどです。

温水の温度が低くなっていたり、あるいは完全にヒーターの機能をストップしていたりするので設定したことを忘れているとカップに熱湯を入れるつもりがぬるま湯だった、といった事態も起こり得ます。

就寝や出勤などの自分の生活周期を把握することで、エコモードをうまく取り入れたウォーターサーバーとの付き合い方が出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする