犬・猫にも飲ませるお水は何がいい?

ウォーターサーバーの水をペットに与えることはできるのでしょうか?

 

最近ではペットを家族の一員として、一緒に暮らしているという人が増えているようです。犬や猫などのペットも大事な家族ですから、健康や身体のことなどはできるだけ気をつけてあげたいものですね。人間と同じようにペットの場合にも、水や食べ物を摂取することでその身体づくりが行われています。
水を飲む犬

 

ですから良質な水を選ぶということは、ペットの健康のためにも大いに重要なのです。最近ではペットの健康に効果的なペット専用水なども発売されています。ペットの健康のために気配りをする飼い主がそれだけ増えているということなのでしょう。それではウォーターサーバーの水をペットに与えることはできるのでしょうか。これについては「大丈夫」ということになります。

 

ただし人間に比べるとペットは身体が小さいため、実際にウォーターサーバーの水を与える際には注意も必要になります。人間の赤ちゃんの場合も同様なのですが、ミネラル成分が多すぎる硬水は様々な影響を及ぼす可能性がありますので、過剰なミネラル成分を含まない軟水を選ぶようにしてください。

 

ワンちゃん・猫ちゃんにはこれ!
天然水で赤ちゃんにも動物にも安心の軟水です!

フレシャスウォーターサーバー

 

なぜペットに硬水を与えてはいけないのでしょうか?

硬水については人間の赤ちゃんには与えてはいけないとされているのですが、これはペットについても同様です。硬水にはミネラル成分が豊富に含まれていることがその理由となっています。ミネラルは人間にとっては健康や美容のために効果的な成分なのですが、ペットの場合には身体が小さいためミネラル成分が過剰になってしまい、ペットの身体に対して様々な悪影響を与えてしまうのです。

 

またペットの種類によっては尿路結石などを発症する原因となってしまう場合もあります。ペットに与える水を選ぶ際には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの含有量が一定水準以下である軟水を選ぶようにしましょう。またウォーターサーバー業者の一部ではミネラルやその他不純物などを含まない「純水」の取り扱いを行っていますので、ペット用としてこれを選ぶのも良いかもしれません。

 

ペットに与えるためにはどのような水が適しているのでしょうか?

ペットを飼っている人がウォーターサーバーの利用を検討する場合には、犬や猫などにも安心な水を選ぶことができるウォーターサーバー業者を選ぶことをおすすめします。

 

人間と同じようにペットにも身体と水の相性があります。ペットに与える水については硬度が60以下の軟水を選ぶようにしてください。硬水にはミネラル成分が豊富に含まれているのですが、身体の小さなペットに硬水を与えると逆に身体に負担をかけてしまうことになるのです。ペットに与える水については軟水を選ぶことが好ましいといえます。

 

ペットにミネラルウォーターを与えてはいけないのでしょうか?

ペットの飼育書などの一部には、「ペットにはミネラルウォーターは与えないでください」と記載されたものがあります。これについては主に2つの理由により、そのように記載されているようです。

 

まずはミネラルウォーターには硬水が含まれることが理由となっています。硬水にはミネラル成分が豊富に含まれているのですが、身体の小さいペットの場合には人間と同じように含まれるミネラル成分が過剰となり悪影響を与える場合があるのです。またミネラル成分が多すぎると尿路結石などを発症してしまう原因にもなります。ペットにミネラルウォーターを与える場合には、日本で採取された天然水である軟水を選ぶようにしましょう。また「水が腐る」ことがもうひとつの理由となっています。水が腐るというとちょっと大げさなのですが、ミネラルウォーターの場合には長期保管などにより一定期間放置してしまうと、それが原因で品質が劣化したり、また雑菌などが繁殖してしまう場合があるのです。

 

水道水の場合には一定量の塩素が含まれていますので、これにより雑菌の繁殖などを抑えることができます。

 

しかしミネラルウォーターの場合には通常防腐剤などは含まれていませんので、一定の期間を経過するとどうしても水の劣化が発生してしまうのです。これはウォーターサーバーにセットした水ボトルの場合にも同様ですから、ペットに与える場合にはできるだけ新鮮な水を選ぶことを心がけるようにしましょう。

 

ただし実際にはそれほど神経質にならなくても大丈夫ですし、夏場であっても開封から1日以内であれば問題ありません。ペットにミネラルウォーターを与える場合には、与えた水を長期間放置せず定期的に新しいものに交換するようにしてください。ペットがいつでも新鮮な水を飲めるようにすることが重要になります。また遺伝的に尿路結石を起こしやすい犬種などもありますので、ミネラルウォーターを与える場合には事前にミネラルの含有量を確認しましょう。

 

ウォーターサーバー業者ではミネラルなどの成分をほとんど含まない「純水」を取り扱っている場合もありますので、ペット用としてこれを検討するのも良いかもしれません。

 

ペット用のウォーターサーバーもあります

 

これまでお話してきたのは人間用の通常のウォーターサーバについてなのですが、実は最近ではペット用のウォーターサーバーなども登場しているのです。
ペット用のウォーターサーバー

 

これを利用して水を小さめのペットボトルにセットしておけば、いつでもペットに水を与えることができますので留守の際などにも便利です。ただしペット用のウォーターサーバーを利用する場合には「水の鮮度」について注意が必要になります。水が劣化しないようにくれぐれも気をつけましょう。

 

 

犬には1日当たりどの程度の水分量が必要なのでしょうか?

 

犬を飼っている人は愛犬を観察していると、「今日は水を飲む量が多いなぁ…」「今日はおしっこの量が多いなぁ…」などと感じることがあるでしょう。特に夏場は暑さで喉が渇きますので、冬場などに比べると犬が水を飲む量も増えることになります。また散歩や運動で汗をかいた場合なども同様です。

 

ただし犬が水を多量に摂取する場合には、内分泌系の病気や糖尿病を発症している可能性がありますので注意が必要になります。まずは実際に1日にどのぐらいの水を飲んでいるのかを確認することから始めてみてください。犬の場合には通常1日当たり体重(g)×0.05〜0.07程度の水を摂取しています。

 

例えば体重が3kgの犬であれば、3000(g)×0.05〜0.07=150〜210(ml)が1日あたりの目安になります。犬に水を与える場合には軽量カップを利用して量を確認してください。また水を交換する際には同様に残った量を確認するようにしましょう。与えた量から残った量を差し引くことで、犬が1日に飲んだ水の量を確認することができます。水を飲む量が多すぎるのではないかという場合には、水を飲む量を一定期間測定・記録して動物病院などで相談してみてください。

 

ウォーターサーバーの水を処方食を食べている犬に飲ませても大丈夫でしょうか?

「ウォーターサーバーの水を、病院で出された処方食を食べている犬に飲ませても大丈夫なのか?」という質問が最近増えています。動物病院を利用する機会が多い飼い主様の中には、「ウォーターサーバーの水は処方食を食べている犬に与えてはいけない」と考えている人が多いようです。しかし実際には軟水であれば、ウォーターサーバーの水を病院で出された処方食を食べている犬に飲ませても大丈夫なのです。その理由などについて詳しく解説しますので、ウォーターサーバーを活用する際の参考にしてみてください。

 

処方食とは何でしょうか?

動物病院が犬の胃腸炎やアレルギー性皮膚炎、また腎臓疾患や肝臓疾患などの特定の病気に特化して処方するドッグフードが処方食です。その内容については栄養組成を重視していたり、またそれぞれの病気の症状に合わせた原材料などが使われています。その中でも尿道結石や膀胱結石などの尿路結石用の処方食が処方される場合には、ウォーターサーバーの水ではなく水道水を使うことを指示されることが一般的になっています。これが原因で多くの飼い主様が「ウォーターサーバーの水は処方食を食べている犬に与えてはいけない」と考えているのです。

 

尿路結石とミネラルと水の相関関係について

 

それではなぜ水道水を使うことを、尿路結石用の処方食が処方される場合には指示されるのでしょうか。犬の場合には水やドッグフードなどから摂取するマグネシウムやカルシウムなどのミネラルバランスが崩れてしまうことが、尿路結石を発祥する大きな原因となっています。つまり尿路結石の予防のためにはミネラルバランスを整えることが重要であり、厳密にミネラルバランスを計算した処方食を与えることが症状の改善のためには効果的なのです。

 

しかし処方食以外の水やおやつなどから余分なミネラルを吸収してしまうと、せっかく処方食で整えたミネラルバランスがまた崩れてしまう可能性があります。そのため尿路結石用の処方食が処方される場合には、一定の品質が期待できる水道水を使うことを指示されるのです。ウォーターサーバーの水についてはそれぞれ品質が異なりますので、尿路結石用の処方食を食べている犬に与える場合には注意が必要になります。特にミネラル成分が豊富に含まれている硬水は要注意です。

 

注意をすればウォーターサーバーの水を与えても大丈夫です

それでは軟水であればどうなのでしょうか。上記の通りミネラルバランスに悪影響を与えると処方食の効果がなくなってしまいますので、軟水であってもマグネシウム量やカルシウム量が多すぎるものは避ける必要があります。

 

ただしマグネシウムやカルシウムについては水道水にも含まれていますし、その含有量については水道水ごとにある程度のばらつきなどがあります。

 

ですから水道水であれば絶対に安全というわけではありませんし、逆にウォーターサーバーの水であっても軟水であれば実際にはほとんど問題はないのです。またウォーターサーバーの水には単純に「おいしい」というメリットがあります。ウォーターサーバーの水を与えることで犬が水を飲む量が増えれば、尿の量が増えますので尿路結石の予防のためにはむしろ効果的になります。処方食の中には水を飲む量をできるだけ増やすために、わざとしょっぱい味付けにしているものもあります。ウォーターサーバーの水に替えることによって犬がたくさんの水を飲むようになるのであれば、マグネシウムやカルシウムの含有量の僅かな違いを気にするよりもずっと効果的だといえるのではないでしょうか。

 

このような理由から「ウォーターサーバーの水を、病院で出された処方食を食べている犬に飲ませても大丈夫なのか?」という質問に対しては「大丈夫です」と回答しているのです。ただし定期的な尿検査が尿路結石の治療では重要になりますので、欠かさずに実施することを心がけてください。

 

ワンちゃん・猫ちゃんにはこれ!
天然水で赤ちゃんにも動物にも安心の軟水です!

フレシャスウォーターサーバー

ウォーターサーバー人気ランキング


 

コスモウォーター



 

プレミアムウォーター



 

フレシャス

フレシャス



 

サントリー天然水ウォーターサーバー

ペットにも使える?犬や猫のためのお水



 

うるのん

うるのん



 


>> 6位から10位をチェックする