契約時までの流れ、契約時に発生しやすいトラブルなど

ウォータ―サーバーをご家庭に導入しようと決めたものの、いったいどうすれば契約出来るのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

人気メーカー各社の、契約の際の流れを調べ、注意事項なども検証してみました。

プレミアムウォーターの場合

インターネットのWEBサイト、電話で新規の契約を受け付けています。WEBサイト上での流れは電話での契約と内容自体は変わらないので、ここではWEBサイト上での流れをご説明します。

①商品情報入力

配送料を確認するために郵便番号を入力します。この際、入力した郵便番号により、水の配送料が明らかになります。その後、サーバーの機種やサイズ、色、水の種類、冷水チャイルドロック、設置サービスの有無などを選択します。ここまでで初期費用の見積りが自動的に計算されます。

②お客様情報入力

初回配送日時と配送周期、配送本数(偶数)を入力します。何週間毎か、何曜日かに加え、時間帯の指定も出来ます。その次に生年月日、住所、メールアドレス、電話番号、氏名、個人か法人かの選択などの情報を入力します。この際パスワードの設定も必須事項となります。さらに「プレゼント契約」の項目から4,000円分のギフト券か水1セット無料が選べます。

③決済情報入力

決済方法をクレジットカードか口座振替から選択したのち利用規約への同意します。

④ご入力内容の確認

入力した内容に誤りが無いか確認します。

⑤完了

以上で手続きは完了です。指定した初回配送日時になるとサーバーと水が届きます。

フレシャスの場合

フレシャスはホームページ内の「申し込み」をクリックすることで手続きを開始できます。

①ウォーターサーバーを選ぶ

フレシャスで取り扱っている機種一覧が出てきますので希望のタイプを選択します。

②カラー・箱数を選ぶ

希望機種の好みの色を選択し、水の配達箱数を入力します。この段階で初期費用が分かります。

③お客様情報の入力

氏名、性別、生年月日、住所などを入力します。フレシャスの場合は住所以外の情報と住所に関する情報を分けて記入するフォーマットが採用されています。これらを記入した後、初回配送日時と定期配送周期の選択を行います。

④決済方法

クレジットカードか代引きかを選択します。代引きの場合は手数料が別途かかります。利用規約を読んだ上で同意します。

⑤入力内容のご確認

入力した内容に誤りがないか確認します。

⑥完了

以上で手続きが完了です。入力した初回配送日時の情報に従ってサーバーと水が届きます。

アクアクララの場合

アクアクララの場合はホームページ上での申し込みの際、必須項目が最小限でシンプルです。

申込み内容の入力

ボトルのサイズ、機種、パネルの種類などの選択をします。また、べビアクアプラン、わんニャン特典、アクアクララ光、など各種オプションプランの選択もできます。

お客様情報の入力

氏名や住所などを入力します。氏名、住所、連絡先、メールアドレスなどは必須項目ですが生年月日や性別の入力が任意項目です。契約書、申し込み書は煩雑なものが多いので入力する立場からすると嬉しいです。申込規約を読んだ上で同意します。

入力内容の確認

完了

アクアクララの場合は全国に販売代理店、フランチャイズ加盟店が存在するので、見積もりの詳細の説明やクレジットカードの情報記入などは店舗で行うことになっているようです。

各社の契約手続きを比較して

契約の手続きの際に記入しなければいけない事項は各社ほぼ共通していました。アクアクララは取り扱いの店舗数が圧倒的に多いので、最低限の情報を記入して、あとは店舗に出向くか問い合わせるかでフォローすることが可能です。

逆に店舗数が少なく、配送料が地域によって差が出る可能性が高いプレミアムウォーターやフレシャスはネット上の契約の際にも見積もりが正確に出来るような工夫がされています。またフレシャスは小容量のボトルにも対応しているので消費量が少ないご家庭にはお勧めです。

契約期間に注意

ウォーターサーバーを契約する際に注意したいのは契約期間です。多くは1~2年間の契約期間となっています。

この期間が過ぎると解約することが出来るのですが、契約期間内に解約をする際には違約金を払うことになります。

水の注文単位について

ウォーターサーバーの契約の際にボトルのサイズ、注文本数の目安を確認しましょう。一度開封してしまうと1~2週間で使い切ることを前提に賞味期限が定められているので、少人数のご家庭、在宅時間が短い一人暮らしの方などは小容量のボトルに対応した機種を選択するのがおすすめです。

また、未開封では半年~1年以上の賞味期限になっているサーバー用の水ですが、ボトルを置くのには相応のスペースが必要なので、やはり消費量を大きく上回る量の本数を注文するのは考え物です。中には月々のノルマ本数を設定されている場合もあるので契約の際はノルマの有無も確認した方がよいです。

サーバーメンテナンスの有無

サーバーのメンテナンスを行ってくれるか、それは無料か有料か、なども調べた上で契約しましょう。メンテナンスが無料の場合は月々のレンタル代などに上乗せされている場合が多く、逆に月々のコストが安い場合はメンテナンス費用が別途かかることがあります。

サーバーの契約についてのまとめ

ウォーターサーバーを実際に契約するにあたっては、口コミや評判の他に、自分の生活環境に本当に適応した内容かどうかを判断する必要があります。

初期費用に関しては各社とも明確に提示してくれる場合が多いですが、実際に契約後使用する際に重要な情報は自分で収集する必要があります。

特に、メンテナンス、ノルマ、契約期間についてはしっかり調べないと後々想定外の出費を強いられることになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする