ワンウェイ・リターナブルはどっちがおすすめ?

ウォーターサーバーには、従来のリターナブルと新しい方式のワンウェイの2つの種類に分けることができます。ワンウェイ・リターナブルそれぞれの違いとメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 

ワンウェイ・リターナブルとは?

 

ワンウェイ

一方通行という意味のワンウェイという名前の付いたこの方法は、ボトルを回収する必要がなく水がなくなれば家庭ゴミとして処分できます。

 

大きなメリットは、真空パックのような仕様で水が減るごとにボトルが圧縮されるので空気と触れることがなく新鮮さが保たれ、雑菌繁殖のリスクがとても低く安全性が高いところです。
さらに、空ボトルを回収まで保管しておく必要がないのでスペースがなくても利用しやすいというメリットがあります。

 

ワンウェイのデメリットはゴミを捨てる手間と環境へはあまり良くないこと、そして使い捨てボトルのためリターナブルと比べて料金が多少高くなりやすい点です。また、雑菌が繁殖しにくいという理由でメンテナンスはセルフが推奨されていることが多く、サーバーを引き取ってのメンテナンスには応じていない会社が多いです。

 

リターナブル

リターナブルは空き瓶を回収して再利用できるという意味の言葉で、その名の通り空になったボトルは回収された後に洗浄されて再利用されます。

 

従来式のリターナブルウォーターサーバーは水やお湯を出す度に空気の逆流があり雑菌が繁殖しやすい、空ボトルを回収まで保管しておくのが邪魔とデメリットが多いように言われがちです。

 

そんなリターナブル式のメリットはボトルを再利用しているので環境へ配慮されていることと、しっかりした定期メンテナンスが受けられることです。例えばアクアクララはサーバーレンタル代にメンテナンス代が含まれており、1年に1度(サーバーの種類によっては3年に1度)サーバーごと引き取って専門のスタッフがメンテナンスを行います。さらに、ボトルを再利用しているため、リターナブルの方が水の料金が安いことが多いです。

ウォーターサーバー人気ランキング


 

コスモウォーター



 

プレミアムウォーター



 

フレシャス

フレシャス



 

サントリー天然水ウォーターサーバー

ワンウェイ・リターナブルの違いとメリット・デメリット



 

うるのん

うるのん



 


>> 6位から10位をチェックする