ウォーターサーバーとは?いつでもおいしい水とお湯が使える

ウォーターサーバーは安心・便利・経済的

 

会社のオフィスや病院の待合室などで見かけることの増えたウォーターサーバーはとても便利でメリットが多く、自宅で利用される方も増えています。

ウォーターサーバーとは?

水のボトルをサーバーの上部か下部にセットしてコックをひねるだけでいつでも新鮮でおいしいお水が飲めるものです。
冷水だけでなく温水も使用できるので、お茶やコーヒー、赤ちゃんのミルクにも使えます。

 

ウォーターサーバーのメリット

 

いつでもおいしい冷水と温水が飲める

ウォーターサーバーの最大のメリットが、水を冷やす必要がなく、ポットで沸かす必要もないことです。冷蔵庫にペットボトルを入れていると以外と場所を取りますがウォーターサーバーならその心配がなく、電気ポットより電気代が安いので経済的で手間がかかりません。

 

安全性が高い新鮮なお水

ウォーターサーバーに使用する水はしっかりとろ過作業がされたとても安全性の高いお水で、料理や赤ちゃんのミルクにも使える軟水に仕上げているものが多いです。さらに、コックをひねらない限り外気にできるだけ触れないような設計がされているため、ペットボトルよりはるかに新鮮さと清潔さが保たれています。

 

電気代の心配がない

冷蔵庫で冷やしている飲物を取り出す度に内部の温度が上昇して冷やすための電気代がさらにかかりますし、毎日電気ポットでお湯を沸かしていると意外と電気代がかかっています。ウォーターサーバーは常に電源を入れておく必要があるので電気代がかかると思っている方も多いですが、実は冷蔵庫や電気ポットと比べて省電力で稼働していて経済的なのです。また、ウォーターサーバーを利用する場合、自宅まで水のボトルを無料で届けてくれるサービスがあるので外へ買いに行く手間も必要ありません。

好みの水を選べるのが魅力

ウォーターサーバーを取り扱うメーカーは水そのものの個性を重視しています。水本来の甘味、美味しさで選ぶなら天然水がお勧めです。また、不純物の除去を徹底しているRO水は繊細な和食の調理に使いたい方や赤ん坊、お年寄りがいるご家庭にお勧めします。温水が使えることから、お好きなコーヒーやお茶との相性が良い水を選ぶのも良いです。このように、どんな水をどんな用途で使うかを考慮するのもウォーターサーバーを選ぶ一つの方法です。

 

災害時にストック水として

大きいものだと20リットル近くの容量のボトルとなるので備蓄水として災害時に役に立ちます。未開封での賞味期限は一年ほどなので、1〜2本ストックボトルを多めに注文しておくと安心です。東日本大震災の時も多くの人がスーパーやコンビニに飲料水の買い溜めに走ったことを考えると備蓄水は不可欠なものかも知れません。

 

ウォーターサーバーのデメリット

 

月々に水の代金以外にも費用が掛かる

ウォーターサーバーを導入するにあたり月々の費用が掛かることを忘れてはいけません。水購入代と電気代の他にサーバーレンタル料やメンテナンス料、水の送料などがかかります。調べたところレンタル無料のメーカーのものは高単価な水を扱ってたり、レンタル料がかかるメーカーのものは水の注文ノルマ無し、もしくは比較的安価な水を扱ってたりと、一長一短でした。大手メーカーのものをレンタルする場合だと水購入代、電気代、レンタル料で3000円〜4000円の間が月々の費用の相場となってます。

 

水を使いきれない可能性もある

水の注文ノルマが決められている場合が多いので、一人暮らしで在宅時間数が少ない方などでは使いきれずに未開封ボトルが溜まっていく可能性もあります。また未開封ボトルの賞味期限は1年程度と長いですが、サーバーにセットした水は2週間程度が賞味期限となり、こちらに関しては使い切れない場合、衛生面の問題も出てきます。

 

設置場所を確保する必要がある

コンパクトな卓上タイプも登場してきたとは言え、やはりマンションやオフィス等では設置場所を確保するのが難しいことも多いようです。コンセントに近く、動線上の妨げにならないような場所という条件の他に、雑菌の発生しやすい、日差しの強い場所は避けなければいけません。小規模なオフィスで導入に踏み切れない理由は費用よりも設置場所にある場合が多いようです。またボトルを回収してリサイクルするリターナブル方式のものですと、メーカー業者が回収しにくるまで空のボトルを保管しておく必要があるのでボトルの保管場所も考えなければいけません。

 

ボトルの交換が大変なことも

レンタルウォーターサーバーのボトルの容量は小さいもので8リットル程度から大きいもので20リットル近くまであります。一般家庭用で最も普及しているのは12リットルのものですが女性の力では持ち上げるのも交換するのも容易ではありません。これより小さいものでも決して軽いとは言えません。また、ボトルでは無く、真空パックに入った状態で水が届くものもありますがこ、サーバーへの着脱はボトルより難しいものが多いです。

 

 

ウォーターサーバー人気ランキングベスト5

ウォーターサーバーは元々業務用に開発されたものでしたが、水に対する消費者の意識が高まってきた際に、家庭用としても広く普及し始めました。

 

専用のミネラルウォーターのボトルをサーバーにセットするだけで、いつでも冷水・温水が楽しめます。ウォーターサーバーが注目を集めたのは、いつでも冷たいお水や熱いお湯が出せるというところだけではなく、その衛生さと、経済性に優れているからです。

安全で綺麗なお水がいつでも飲める

サーバーを扱う業者が水源から採水したものを濾過した上で、厳しい衛生管理のもとボトリングしているものですから、有害な物質の混入も全く心配がなく、とても新鮮で衛生的です。もちろん、お水が衛生的でもサーバー自体に問題があっては意味がありません。サーバーにも水が衛生的で安全に保存できる様に機能が備わっているため、美味しく安全なお水が飲めます。

手間と暇がかからないウォーターサーバー

市販のミネラルウォーターだと、冷蔵庫から取り出して、蓋を開けて水を注ぎ、また蓋を閉じて冷蔵庫に戻すというふうな作業があり、とても手間がかかりますが、ウォーターサーバーはボトルをセットしたら、サーバー内の貯水タンクに決められた量の水が供給されます。その為、タンクの中の水が減ると、自動的にボトルからタンクへ水が流れていきます。その為、いつでも蛇口をひねれば、冷たいお水が出てきます。

 

さらに、本来ならお湯が欲しいと思った時でも、お水を火にかけなければなりませんでしたが、ウォーターサーバーだと、お湯の蛇口をひねれば、常に80〜90℃のお湯を出すことができます。ウォーターサーバーがあればお湯を沸かす手間もなくなります。冷水も5〜8℃に設定されており、わざわざ氷を入れて飲む必要もありません。

 

市販のミネラルウォーターを買っている人は買い物のたびに重たい荷物を持って帰らなければなりませんでしたが、ウォーターサーバーであれば業者が自宅までボトルを届けてくれるので、重たい思いをして買い物に行く必要がなくなりますので、ウォーターサーバーはとても利便性に優れていると思います。

こんなにお得なウォーターサーバー

ウォーターサーバーが自宅にあるというだけで、お金持ちだとか贅沢だなとかそういう声が聞こえてきそうですが、お店でミネラルウォーターを購入されている人であれば、ウォーターサーバーを利用した方がお得になる場合があります。

 

500mlのミネラルウォーターを買った場合、大体100円前後の費用がかかります。仮に、ここでウォーターサーバーを導入したとして、大体12リットル入りのボトルで1500円前後なので、500mlで換算すると実は60円程度にしかならないのです。

 

電気代の面においても、電気ポットを利用するよりもサーバーの方が電気代が安いものがほとんどです。冷水もつかえ温水も使える。様々な利点から考えてみても、実はお得だという事になりますし、場合によっては、節約にもなります。

ウォーターサーバーの基本記事一覧

元々は企業用として利用されていたウォーターサーバーが家庭にも浸透してきた裏側には、東日本大震災をきっ...

オフィスなどから家庭にまで人気を広めているウォーターサーバーは難しい手順や手入れは一切必要なく、とて...

ウォーターサーバーはサーバーをレンタルする形を取っている業者が多く、レンタル代金は毎月かかるため1年...

ウォーターサーバーは水の料金とサーバーレンタル代の他に、電気代がかかります。最近は電気料金の値上げも...

ウォーターサーバーの水には賞味期限がありますが、その期限は水の種類によって異なります。ウォーターサー...

部屋が狭い、インテリアにこだわっているという時に気になるのがウォーターサーバーのデザインです。ウォー...

ウォーターサーバーは元々来客やスタッフが使用するための業務用として契約されることが多く、現在も家庭用...

ウォーターサーバーは業務用として販売されているものがあり、家庭用ウォーターサーバーとの違いはコストパ...

ウォーターサーバーというと床に置くタイプのイメージが強いですが、家庭用ウォーターサーバーの普及が進む...

ウォーターサーバーには、従来のリターナブルと新しい方式のワンウェイの2つの種類に分けることができます...

ウォーターサーバーが常に水だけではなくお湯も出るのは、サーバー内に冷水タンクと温水タンクがあり、そこ...

ウォーターサーバーに関して、『温水機能は要らない、冷水機能だけのウォーターサーバーはないの?』という...

ウォーターサーバーを利用している方の体験談や口コミを見ていると、意外と多いと感じるのが「水漏れによる...

ウォーターサーバーを利用する点で、一番コストがかかるのが水の料金です。ウォーターサーバーは2人で利用...

ウォーターサーバーの水は水道水と違って塩素などで消毒されていないので開封後はできるだけ早く消費しない...

ウォーターサーバーの水をペットに与えることはできるのでしょうか?最近ではペットを家族の一員として、一...

「今使ってる奴、ちょっと高いのよね…」「いいかげん、このデザイン飽きたな…」そろそろウォーターサーバ...

「ウォーターサーバーを欲しいと思っているけれど、どこに設置したらいいのか分らない」「うちに置くにはち...

ウォーターサーバーと言えば、水宅配業者からレンタルするイメージがあります。しかし、長く使い続けること...

ウォーターサーバーは基本的に24時間365日稼働させるものです。もちろん私たち利用者側もほぼ毎日活用...