健康のためにコップ一杯の水を飲む人は多い!正しい水の飲み方を知ろう

寝る前の水
人間が生きていくうえで欠かせない水。

「寝る間に水を飲むと体にいいって本当?」
「寝る前に水を飲む時に気を付けたいことは?」

と疑問を持つ人もいるでしょう。

そこで、今回は寝る前に水を飲むことの効果や注意点などを細かく解説していきます。

この記事を読み進めれば、体によい水の習慣を身に着けることができますよ。

目次

寝る前に飲む水「宝水」から得られる4つの効果

寝る前に飲む水を宝水(たからみず)といいますが、この宝水は人の体にプラスの効果をもたらすことがわかっています。

そんな宝水の代表的な4つの効果をまずは見ていきましょう。

宝水ってなに?

宝水(たからみず)とは、寝る前や夜中に飲む水のことです。

その昔、水分補給のために枕元に水を置く習慣がありましたが、その水を宝水と呼んでいました。

1.熱中症・脱水症状を防ぐ

宝水は熱中症や脱水症状を防ぐ効果があります。

日中はこまめに水分補給をしている人も、寝る前や寝ている時はついつい水分が不足してしまいますよね。

寝ている間は汗や呼吸で水分は失われていきます。

ですので、寝る前に飲む宝水は熱中症・脱水症状を防ぐのに効果的です。

特に夏場は熱中症や脱水症状になりやすいので、寝る前の水分補給は意識して行うようにしましょう。

2.脳梗塞、心筋梗塞の予防に期待できる

宝水は脳梗塞や心筋梗塞の予防も期待できます。

なぜなら宝水によって体内の水分量を適切に保つことができるからです。

人は水分が不足すると血液の流れが悪くなり、血管が詰まりやすくなってしまいます。

その結果、脳梗塞や心筋梗塞が起きるのです。

夏は特に汗をかきやすく、水分が不足しがちなので注意しましょう。

宝水を飲むことで血液の流れがよくなり、脳梗塞や心筋梗塞の予防に役立ちます。

3.疲れが取れやすくなる

宝水は疲れがとりやすくなる効果もあります。

しっかり水分補給を行えば、体の老廃物が除去されるため、疲れがたまりにくくなるでしょう。

4.新陳代謝が良くなる

新陳代謝が良くなる効果も宝水にはあります。

適切な水分補給は体内の老廃物を除去し、血液の流れの悪化を防いでくれるのです。

そのためデトックス効果が高まり、基礎代謝が良くなると言われています。

就寝前に水を飲みすぎた時に心配される3つのこと

次に、水を就寝前に飲みすぎた際に心配な3つのポイントを見ていきます。

宝水は健康によいですが、飲みすぎはよくありません。

1つ1つ注意すべきポイントを具体的に解説していきます。

参考にしてください。

1.起きた時に顔がむくむ可能性

寝る前に水を飲みすぎると、翌朝に顔がむくむ可能性があります。

むくみは余分な水分や老廃物が溜まって起きる現象です。

顔のむくみはマッサージや軽い運動などをすれば解決できますよ。

2.トイレが近くなり寝ている間に目が覚めてしまう

寝る前に水を飲むと、夜中にトイレに行きたくなって目を覚ましてしまうこともあるでしょう。

そういった理由から寝る前に水を飲むことに否定的な人もいるはず。

しかし、宝水は水分不足を改善し、脳梗塞や熱中症の予防に効果的です。

夜中トイレのために目を覚ましたくないという方は、寝る直前ではなく、寝る1時間前に水を飲むなど工夫をすると良いでしょう。

3.あまりにも大量に水を飲むと水中毒になる場合も

一度に大量の水を飲むと水中毒になる場合もあります。

水中毒とは水分を過剰に摂取することで生じる中毒症状のことです。

以下の4つなど、さまざまな健康被害が出てしまうことがあります。

  • 頭痛
  • めまい
  • 下痢
  • 頻尿

そのため1日の水分摂取量の2L程度を大きく超えないようにしましょう。

飲みすぎてしまうと、水中毒になってしまう可能性があります。

寝る前に飲む水はどんなものがいい?

では、寝る前に飲む水はどんなものがいいのでしょうか?

水の種類や水を選ぶ時の注意点などを解説していきます。

細かくチェックしていきましょう。

水の種類は大きく分けて2つある

  • 天然ミネラルを含んだ「天然水」
  • RO膜処理された「RO水」

それぞれ見ていきましょう。

おいしく飲める天然水!

天然水は余計な加工処理がされていない自然な水です。

自然由来のミネラルが含まれているため、おいしくごくごく飲めます。

さらに天然水の具体的なメリットや気になるポイントについて知りたい方は以下の記事をご覧ください。

安心安全のRO水!

RO水とは採取された水にRO膜処理という特殊な処理をした水です。

※RO膜は非常に細かいフィルターですので、不純物を除去し、安心安全な綺麗な水を飲むことが可能になります。
※RO膜=逆浸透膜という0.0001ミクロンの高性能フィルター

水を選ぶ時は硬度に注目しよう!

水を選ぶ時は硬度(水に含まれるカルシウムやマグネシウムの質量を表現したもの)に注目しましょう。

なぜなら硬度によって味や成分が異なるからです。

水の硬度は以下の3つに分類できます。

  • 軟水(0~100mg/L未満)
  • 中硬水(100~300mg/L未満)
  • 硬水(300mg/L以上)

それぞれ水に特徴があり、おすすめできるタイプの人も違います。

便秘ぎみの方は硬水を

便秘ぎみの人には、硬水をおすすめします。

なぜなら、硬水は軟水よりもマグネシウムやカルシウムを多く含んでいるからです。

このマグネシウムには排便を促す効果があります。

そのため便秘には硬水が効果的なのです。

胃腸が弱い人は軟水がおすすめ

胃腸が弱い人には軟水がベストです。

硬水ですと、ミネラルなどの成分を多く含むため、胃腸が弱い方はおなかを下す場合もあります。

軟水は胃への負担も少なく、飲みやすいため、胃腸が弱い人でも安心して飲めるでしょう。

赤ちゃんや子供に水を飲ませるときは軟水を選ぼう

赤ちゃんや子供に水を飲ませる時には軟水を選ぶようにしましょう。

赤ちゃんは胃腸が未発達なので硬水は避けた方がいいです。

下痢をしたり健康状態に悪影響を与える可能性がありますので、赤ちゃんには硬度が低い純水や軟水を選んであげましょう。

就寝前に飲む水の2つの知識!

次に、就寝前に飲む水について知識を紹介します。

2つありますので、しっかり確認してくださいね。

就寝中トイレに行かない正しい水の量

就寝中トイレに行かない正しい水の量はコップ1杯程度です。

季節によっても異なりますが、就寝中に失われる水分量は平均約500ml。

多いときには1リットルもの水分が失われます。

寝ているだけなのに汗や呼吸で多くの水分が失われるため、寝る前に水は必ず飲むようにしましょう。

水分補給には水が最適

※お茶やコーヒーは利尿作用があることに触れたうえで、上記のテーマで書いてください。

寝る前の水分補給には水が最適です。

お茶やコーヒーなどは利尿作用があり、夜中にトイレに行きたくなってしまいます。
そのため、おすすめはできません。

もちろんカフェインが入った飲み物なども睡眠の質に影響を与えるのでやめましょう。

寝る前に水を飲んだらむくまない?

ここまで寝る前に水を飲むことの効果やメリットについて述べてきました。

しかし、寝る前に水を飲んだら顔がむくまないか心配な人もいるでしょう。

ここでは、そんな疑問を一緒に解決していきましょう。

むくみが心配な人もコップ一杯の水なら問題なし

コップ一杯程度の水であれば、寝る前に飲んでもむくむ心配はないでしょう。

なぜなら、むくみは余分な水分が溜まることで起きるからです。

先述しましたが、就寝中には水分が多く失われます。

そのためコップ1杯程度の水を飲んで顔がむくむことはないでしょう。

むくみやすい人はマッサージで解消!

顔がむくんでしまった場合はマッサージをしましょう。

リンパなどを流すとむくみが解消されますよ。

寝る前に飲む水の温度は、どうすればいいの?

では、寝る前に飲む水の温度はどうしたらいいでしょうか。

ここでは、そんな意外と気にしない「水の温度」を確認していきましょう。

寝る前に飲む水の最適な温度

寝る前にはキンキンに冷えた水は避けましょう。

内臓や体を冷やしてしまいます。

就寝前は常温の水や温水を飲むのが最適です。

白湯や水を寝る前に飲めばダイエット効果も期待できる

白湯や水を寝る前に飲めばダイエット効果も期待できます。

ダイエット効果が期待できる主な理由は以下の3つです。

  • 腸内環境を整え便秘が解消される
  • 血液循環を促し肌の調子を整える
  • 基礎代謝が上がり老廃物を輩出しやすくなる

寝る前に水や白湯を飲むだけでこのようなメリットが得られるのですから、習慣にしたいですね。

寝る前の水には寝室に置けるウォーターサーバーがおすすめ!

寝る前に飲む水にはウォーターサーバーの水をおすすめします。

なぜなら、寝室にウォーターサーバーを設置できれば、いつでも水分補給が可能になるからです。

さらに、ウォーターサーバーの水は品質が高いものが多く、安心して飲むことができます。

また、寝室に置くウォーターサーバーはコンパクトなタイプのものがよいでしょう。

コンパクトなタイプを選べば、置き場所に困らないからです。

寝る前の水分補給や寝室におすすめのウォーターサーバー3選

では、寝る前の水分補給や寝室に置くのに優れている、オススメのウォーターサーバーはどんなものなのでしょうか。

今回は以下の3つの観点からウォーターサーバーを厳選して紹介していきます。

  • 使い勝手が良い
  • 白湯が簡単に作れる
  • 上質な軟水が飲める

ぜひ参考にしてください。

フレシャス」は静音性に優れているウォーターサーバー

フレシャス
プロダクトデザイナーの安積伸がデザインした新世代ウォーターサーバー「フレシャス」。

インテリアとしても満足できるお洒落なデザインと、高機能性を実現したウォーターサーバーです。

最大の特徴はキッチンカウンターに乗せても違和感のないほどコンパクトなサイズ。

また、高品質の天然水を3種類の中から選ぶことができます。

コンパクトでデザインが優れたウォーターサーバーが欲しい方にうってつけです。

コスモウォーター」は白湯を簡単に作れる!

Smartプラス本体
モンドセレクション2018年度金賞受賞、※天然水ウォーターサーバー売り上げNo.1などの実績を誇る「コスモウォーター」。

独自の鮮度キープシステムや4つの安心サポートが高品質の水の提供を可能にしています。

ウォーターサーバーのデザインも非常にシンプルで、以下4つのカラーラインナップから選ぶことが可能です。

  • ホワイト
  • ピンク
  • ブラック
  • ウッド

120項目以上の独自基準で品質管理を行っており、安全や衛生面も徹底。

また、冷水と温水が出る注水口が隣同士にあり、白湯を簡単に作ることができます。

安心・安全なウォーターサーバーを利用したい方に最適です。

※天然水宅配市場における2016年度ブランド別売上。
TPCマーケティングリサーチ調べ

プレミアムウォーター」はおいしさにこだわった天然水が飲める

プレミアムウォーターサーバー
iTQi(国際味覚審査機構)やモンドセレクションで賞を受賞し、水のおいしさが認められ続けている「プレミアムウォーター」。

ウォーターサーバーでは珍しい「非加熱処理」の水のため、天然水本来の口当たりのよさ、まろやかさが特徴的です。

地下水脈から水が汲み上げられ、4段階以上のフィルターで丁寧に除菌された後、ボトリングが行われます。

また、毎日1時間ごとの水質検査や放射能検査を実地。

厳しい品質管理のもと私たちに水が届けられるので安心安全に飲むことができます。

おいしさと快適さを追求したウォーターサーバーを求める人におすすめです。

飽きずに水を飲むためのアレンジを3つ紹介

次に、無理なく水を飲むためのアレンジを3つ紹介します。

どれも簡単ですので、ぜひ試してみてください。

1.フルーツを入れてデトックスウォーターを作る

※「水分補給だけでなく栄養も摂れる」、「寝起きと寝る前だけでなく、日常的にデトックスウォーターを飲むことがおすすめ」といった説明を加えてください。

1つ目は「デトックスウォーター」。

作り方は簡単です。

水にお好きなフルーツを入れるだけ。

自分の好みにあわせてフルーツを選べるのが嬉しいですね。

水分補給だけでなく栄養も摂れますし、ほんのりフルーツの甘さや香りがあっておいしく飲めますよ。

せっかくですので、寝起きと寝る前だけでなく、日常的にデトックスウォーターを飲むようにしたいですね。

2.朝ごはんに水ゼリーを食べる

2つ目は「水ゼリー」。

その名の通り、水をゼリー状に固めたものです

水本来のまろやかさを味わうことができ、低カロリーなのでダイエットにもおすすめ。
朝ごはんにも最適ですよ。

作り方は水に寒天やゼラチンを混ぜて冷やして固めるだけ。

また、きなこや黒蜜などをかけるとより食べやすくなります。

3.白湯にショウガを入れる

3つ目は「白湯にショウガを入れる」というアレンジです。

ショウガに含まれている成分には、体を温めたり、血行促進といった効果があります。

そのため、白湯にショウガを加えることで、新陳代謝を促したり、疲労回復効果が期待できるのです。

また、ショウガが苦手な人はハチミツを入れると飲みやすくなりますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

寝る前に水を飲むメリットや効果、注意点などを解説してきました。

以下、3つのポイントをおさらいしましょう。

ここがポイント

  • 寝る前に飲む水(宝水)は脱水症状や脳梗塞を防げる
  • 水の飲みすぎには注意しよう!
  • 水にはさまざまな種類や硬度がある!

この記事を参考に健康によい水の習慣をみにつけてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする