安全な水を求めることから需要が増えた家庭用ウォーターサーバー

もともとウォーターサーバーはオフィスなどで使われるための業務用として開発されたものでした。乾燥しやすいオフィス環境で、気軽に水分補給出来るウォーターサ―バーは確かにありがたい存在ですよね。

外部からの来客があった際にお茶やコーヒーを提供するのにも便利です。このように業務用のウォーターサーバーはどちらかというとオフィスでの利便性を追求したものです。

一方、一般家庭にウォーターサーバーが普及した背景には、「水の安全性を確保したい」という願いがあります。

東日本大震災以降、各地の水道水からセシウムが検出されたことから、水道水の安全性を疑問視する世論が高まりました。

現在のウォーターサーバーは厳選された汚染の無い水源から採水した天然水や、放射性物質を除去出来る逆浸透膜法を用いたRO水などを使用しています。

このため、ウォーターサーバー各社は、水の安全性に関して高い信頼を得ています。

日本の水道水について

水道水を飲める国は世界196ヵ国中15ヵ国しかありません。その中でも歴史的に飲用に適した水に恵まれていた日本の水道水の安全性は最高水準です。

ここでは日本の水道水の特徴をまとめてみました。

厳しい水質基準

水道水には厚生労働省が定める厳しい水質基準が定められています。大腸菌を始めとする細菌類や有害物質、農薬などが含まれていないかを厳しく調査することで安全な水道水として使用することが許可されます。

東北大震災以後は放射性ヨウ素、放射性セシウムの検出検査も定期的に行われています。

凝集沈殿処理による放射性物質の除去

水道水の原水は土や砂などを含み濁っています。原水に凝集剤を加えることで濁り成分は沈殿し、沈殿物を除去することで水を澄ませることができます。これを凝集沈殿処理と言います。凝集沈殿処理の過程で放射性セシウムも除去することが出来ます。

塩素特有の臭い

日本の水道水の消毒には塩素が使用されています。この塩素特有の臭いのせいで飲用水としてはあまり好まれないのが現状です。しかし、蛇口を出る時点で塩素が残留していることは水道法で定められています。

塩素により雑菌や病原菌の繁殖を防ぐことが出来ているので必要悪とも言えます。しかし、近年では各水道局で、なるべく残留塩素の濃度を低くするような試みが行われています。

ウォーターサーバーの放射能への対策

東北大震災を経て、各地の水道水で放射性セシウムや放射性ヨウ素が検出されたことから、ますます日本人の安全な水への関心は高まっています。

ウォーターサーバーの導入は放射能の心配がない水を確保する有効な手段です。天然水とRO水がありますが、それぞれ別の方法で放射能の危険を回避しています。

採水地を厳選している天然水

天然水は採水した水に、ろ過、殺菌などの最低限の処理を施して出荷します。しかし、採水地の基準はとても厳しいものです。

汚染源から遠く、水質自体にも有害物質の影響が出ていないことが条件になります。

水道水の51項目の水質基準が設けられてますが、基準値以下の数値のトリハロメタンなどの有害物質は含まれている可能性があります。

採水される原水に関しての基準は天然水の方が遥かに厳しいと言えるでしょう。また、定期的に採水地の水質検査を行い、放射性物質を始めとする有害物質が検出されていないかを確認しています。

放射性物質を除去できるRO水

RO水は主に水道水を逆浸透膜法で真水とし、必要に応じてミネラルの添加を行ったものです。逆浸透膜法は99.9%の不純物を除去できる処理法で、放射性物質にも有効です。

水道水を浄水する際に行われる凝集沈殿処理法によってセシウムが除去されるのに加えて、この逆浸透膜法を施すことで放射性物質のリスクはほぼ完全に無くすることが出来ます。

ウォーターサーバーは雑菌が繁殖しやすい

水道水は塩素による消毒がされているために雑菌が繁殖しにくくなっています。ウォーターサーバーの水は出荷時の安全性が非常に高いですが加熱殺菌以外の殺菌は行っていません。

また、開封した水が外気に触れる際にも雑菌は混入しますし、サーバー内部の汚れを落とすメンテナンスはそれほど頻繁に出来るものではありません。

そのため開封して私たちの口に運ばれるまでに雑菌が繁殖した不衛生な状態になってしまう可能性は十分にあり得ます。

しかし最近は雑菌の繁殖への対策が供えられたウォーターサーバーも増えてきているので、代表的な対策方法をご紹介します。

空気の混入率を抑えるボトルやパック

コスモウォーターやフレシャスで採用しているボトルは注水の際にボトル自体が潰れていく構造になっています。

この構造によって雑菌を含んだ空気が混入して水が劣化することを防ぎます。

また、フレシャスに関しては更に少容量のものに関してはボトルではなく専用のパックを採用しています。こちらも同様の効果を持っています。

空気を浄化するエアフィルター

クリクラやアクアクララはガロンボトルの構造上、空気が混入してしまいます。しかし、この空気を取り込む際にフィルターを通すことで雑菌やほこりを取り除くことで水の衛生状態を保ちます。

温水循環システム

タンク内の温水を循環させることにより雑菌の繁殖や発生を防ぎ、サーバー内を衛生的な状態に保つシステムです。フレシャスやコスモウォーターの他、サントリー天然水ウォーターサーバーにも取り入れられています。

UV除菌システム

紫外線を照射することで滅菌、殺菌が出来るシステムです。アクアクララの新機種であるアクアアドバンスやフレシャスに搭載されています。

業者の回収、交換によるメンテナンス

アクアクララやクリクラなどは定期的にウォーターサーバーのメンテナンスを行ってくれます。一般的には分解してパーツごとに洗浄、消毒を行ったものと、使用していたものとを交換してくれます。

雑菌の繁殖を防ぐセルフメンテナンス

搭載されている機能や業者によるメンテナンスの他にも雑菌の繁殖を防ぐためには日常のお手入れは必要です。特に受け皿や注水口は濡れている状態になりやすく、常温にさらされている状態でもあるので、まめに拭いてアルコールスプレーなどを吹き付けておきましょう。

設置場所には注意が必要

直射日光の当たる場所には設置しないようにしましょう。

ウォーターサーバーのボトルは外部の光にさらされるものが多いです。直射日光は雑菌が繁殖する原因となります。

また、高温多湿な場所も同様に雑菌が繁殖しやすいため避けるようにしましょう。

水の安全性を検証してみて

日本は世界的に見ても飲み水に恵まれた環境です。そのため水道水の安全基準も非常に高いです。

ひと昔前は蛇口を捻れば出てくる水にお金をかけるのは馬鹿らしいという人も珍しくありませんでした。

しかし、ここ数十年で、残留塩素や放射性物質を始めとする有害物質への懸念から、安全で美味しい水を求める意識は日本人の中でも高まっています。

水道水の水質基準は厳しいとは言え完璧に有害物質を除去出来ている訳ではありません。

出荷時に関してはウォーターサーバーの水の方が安全性が高いと言えます。サーバー自体の性能や利用環境などには各家庭で差が生じます。

実際水が口に運ばれるまでの衛生面や安全性を万全にするにはより多くのケースを想定した商品開発はもちろん必要です。

しかし、自分でメンテナンスをすることによってもかなり高いレベルで衛生状態を維持出来るので、こまめに掃除することをおすすめします。

内部の衛生状態を保つのには各メーカーが力を入れているので、適切なセルフメンテナンスと併せることで高いレベルで衛生状態を維持できます。