お水と高血圧の関係

高血圧の原因は、ストレス、疲労などがよく知られていますが、乱れがちな食生活の中にも原因があります。これからそうした原因と、その予防策についてお話していきます。

 

■塩分の摂りすぎ
これはご存じの方も多いのではないでしょうか?
塩分を摂りすぎると、血液中の塩分濃度が高まって塩をかけられたなめくじのように細胞組織の活動に低下が起こります。これを察知した腎臓が水分を多めに血液中に送り出し、活動低下をおさえようと塩分を水分で薄めようとするので血液の全体量が増え、血圧が上昇してしまいます。

 

■カルシウム不足
カルシウムは塩分の排出を促す作用がある為、塩分の摂取量に対してカルシウムをきちんと摂取していないと体内に余分な塩分を溜め込んでしまいます。ですがカルシウムが多すぎても血管を収縮させ、逆に高血圧の原因になってしまうのです。これを防ぐミネラルを次でご説明します。

 

■マグネシウム不足
あまり知られていないかもしれませんが、マグネシウムはカルシウムが過剰に細胞に取り入れられることを防ぎ、血管の収縮と拡張をコントロールする働きをもっています。マグネシウムが不足するとカルシウムが細胞に取り込まれすぎるため、血管が収縮して血圧が上がってしまいます。

 

カルシウム、マグネシウムといえば、硬水のミネラルウォーターが思い浮かびます。

 

硬水にはナトリウムも多く含まれているので、かえって血圧が上がってしまうのではとお考えになるかもしれません。

 

ですがご安心を!カリウムはナトリウムの排出を促し、血圧を下げる作用があるため、ナトリウムを多く摂る場合にはカリウムをその半分の量を摂ると問題ないとされています。

 

一般のミネラルウォーターの成分比ならばクリアできている条件なので心配なさらずとも大丈夫そうです。

ウォーターサーバー人気ランキング


 

コスモウォーター



 

プレミアムウォーター



 

フレシャス

フレシャス



 

サントリー天然水ウォーターサーバー

ミネラル摂取で高血圧を防ぐ



 

うるのん

うるのん



 


>> 6位から10位をチェックする