RO水?天然水?お水の種類・分類は何が違うの?

市販されている水には色々な種類があり、天然水からRO水など数種類に分類されています。

 

水は生きていくために欠かせないもので、毎日飲むものです。お水の基本知識でもある水の種類・分類について知っておきましょう。

 

水の種類・分類

 

ミネラルウォーターの種類と分類

 

ミネラルウォーターというと漠然と健康に良いというイメージを持ちがちですが、ミネラルウォーターには人口のものと天然のものがあります。

 

一般的に天然水と呼ばれているものは、地下水や湧き水を採水しフィルターで雑菌を取り除いてミネラルはそのままで、ナチュラルミネラルウォーターとも言います。

 

一方、ボトルドウォーターやRO水に人工的にミネラルを添加したものもミネラルウォーターと言われています。

 

RO水とは

 

RO膜という特殊フィルターによってろ過され、雑菌やミネラルなど水以外の不純物を徹底的に除去したものです。限りなく純粋に近い水でピュアウォーターとも呼ばれ、赤ちゃんのミルク調乳に最適と言われています。

 

多くは水道水を原水としてRO水に仕上げていますが、ハワイウォーターのように天然水を原水としてRO水に仕上げているものもあります。何が原水でも不純物は全て取り除かれるのでRO水の品質に差はありません。

 

ボトルドウォーター

 

ペットボトルの水の総称で、原水が水道水でも天然水でも日本で定められた法律に則って雑菌などがろ過された水です。

 

ウォーターサーバーは天然水かRO水

 

家庭用として人気が高まっているウォーターサーバーの水の種類・分類は天然水、RO水、RO水にミネラルを添加したものになります。

 

自然の水の味やミネラルを楽しみたい方は天然水を、安全性の高い水を求める方はRO水を、ミネラルバランスの良さを重視する方にはRO水にミネラルを添加したものがおすすめです。

 

水道水と違い、塩素などの薬品を使用していないので安心感があり、水本来の味を楽しめるのがウォーターサーバーの醍醐味です。

ウォーターサーバー人気ランキング


 

コスモウォーター



 

プレミアムウォーター



 

フレシャス

フレシャス



 

サントリー天然水ウォーターサーバー

ウォーターサーバーのお水の種類・分類について



 

うるのん

うるのん



 


>> 6位から10位をチェックする

 

水といっても様々な種類があるのをご存じでしょうか。

 

「ナチュラルウォーター」というのは、特定の水源より採水された地下水を原料としており、ろ過、沈殿、加熱殺菌のみで処理されています。
この中で、地下で滞留している間に地層中のミネラル分が溶け出した水は「ナチュラルミネラルウォーター」といい、こちらも、ろ過、沈殿、加熱殺菌のみで処理されており、より、天然水に近いものとなっています。

 

「ミネラルウォーター」というのは、ナチュラルミネラルウォーターと同じ水を原水としていますが、ろ過、沈殿、加熱殺菌の他に、複数の原水をブレンドしたり、ミネラル分の調整、紫外線殺菌、オゾン殺菌などがおこなわれています。

 

さらに、「RO膜水」というミクロレベルのフィルターを通してろ過したものもあり、こちらは、極めて純粋に近いものとなることから「ピュアウォーター」とも呼ばれています。

 

その他、「ボドルドウォーター」と呼ばれる水道水や蒸留水、河川の表流水など、処理法は限定されていませんが、食品衛生法に基づき殺菌を必要とするものもあります。

 

続いて採水地について紹介します。
国内産のミネラルウォーターでは40〜45%を山梨県が占め、20%近くが静岡県、あとは全国さまざまといった状況のようです。
山梨県と静岡県が目立って多いのは、富士山がある関係だと考えられます。山梨県には南アルプスもあるので、それも関係しているのかもしれません。

 

富士山や南アルプスから採水される水は殺菌の必要のない湧水ですから、大がかりな施設を必要としない利点もあるのでしょうね。