RO水?天然水?お水の種類・分類は何が違うの?

市販されている水には色々な種類があり、天然水からRO水など数種類に分類されています。

 

水は生きていくために欠かせないもので、毎日飲むものです。お水の基本知識でもある水の種類・分類について知っておきましょう。

 

水の種類・分類

 

ミネラルウォーターの種類と分類

 

ミネラルウォーターというと漠然と健康に良いというイメージを持ちがちですが、ミネラルウォーターには人口のものと天然のものがあります。

 

一般的に天然水と呼ばれているものは、地下水や湧き水を採水しフィルターで雑菌を取り除いてミネラルはそのままで、ナチュラルミネラルウォーターとも言います。

 

一方、ボトルドウォーターやRO水に人工的にミネラルを添加したものもミネラルウォーターと言われています。

 

RO水とは

 

RO膜という特殊フィルターによってろ過され、雑菌やミネラルなど水以外の不純物を徹底的に除去したものです。限りなく純粋に近い水でピュアウォーターとも呼ばれ、赤ちゃんのミルク調乳に最適と言われています。

 

多くは水道水を原水としてRO水に仕上げていますが、ハワイウォーターのように天然水を原水としてRO水に仕上げているものもあります。何が原水でも不純物は全て取り除かれるのでRO水の品質に差はありません。

 

ボトルドウォーター

 

ペットボトルの水の総称で、原水が水道水でも天然水でも日本で定められた法律に則って雑菌などがろ過された水です。

 

ウォーターサーバーは天然水かRO水

 

家庭用として人気が高まっているウォーターサーバーの水の種類・分類は天然水、RO水、RO水にミネラルを添加したものになります。

 

自然の水の味やミネラルを楽しみたい方は天然水を、安全性の高い水を求める方はRO水を、ミネラルバランスの良さを重視する方にはRO水にミネラルを添加したものがおすすめです。

 

水道水と違い、塩素などの薬品を使用していないので安心感があり、水本来の味を楽しめるのがウォーターサーバーの醍醐味です。

 

天然水の採水地

天然水は科学的な殺菌処理は行わず出荷します。そのため、環境上の汚染が無い場所が採水地として選ばれます。おいしくて安全な水が産出される地域は、例外なく空気や自然も綺麗です。また、地下水に含まれるミネラルは地質によるもので、これにより水の味は異なります。

 

富士山周辺

富士山は主に玄武岩で構成されています。この玄武岩に含まれているバナジウムが地下水にも豊富に含まれます。バナジウムはコレステロール値の改善や美容にも効果があることが知られています。そのため、富士山周辺を採水地とする天然水は美味しい上に、美容健康にも効果があるとされ、人気があります。

 

南アルプス周辺

南アルプスの花こう岩層を通過することでミネラルバランスの非常によい軟水が採水されます。

 

三重県鈴鹿山脈

東日本大震災以降、汚染の不安の少ない関西を採水地とした天然水が人気を集め始めました。南アルプス同様、ミネラルバランスのよい軟水が採水されます。

 

三重県宮川

三重県の宮川は第一級河川水質検査で何度も一位になっています。伊勢志摩サミットで公式飲料水に使用されたことで宮川の水は大きく認知度を上げました。

 

大分県日田市

この地域の水で育った養殖ウナギの発育が良いことから、飲料水として評判になりました。活性水素水の湧出が認められています。

 

六甲

名水百選に選ばれた、定番の名水地。

 

その他、京都府福知山市、島根県浜田市金城町、熊本県阿蘇郡など。

 

逆浸透膜法とは?

RO水は逆浸透膜法というろ過法で作られます。これは逆浸透膜という水以外の不純物を透過しない性質をもつ膜のことです。放射性物質も除去できるため震災以降、注目を集めています。

 

あらゆる不純物を除去出来るため、「どんなに汚れた水でも商品化出来るのでは?」と憶測が飛び交っていますが、そんなことはありません。ろ過する過程で生じる不純物や有害物質があまりに多ければ生産行程で混入のリスクは高くなるし、生産効率も下がるからです。あくまで「天然水に比べると厳しくない採水基準」と考えるのが正解でしょう。

 

ミネラル添加とは?

RO水には生産工程でミネラルが添加されます。これは、不純物と一緒に取り除いてしまったミネラルを補うためです。一切のミネラルも不純物も含まない水は純水と呼ばれます。純水は飲み水として好ましい味ではありません。

 

適度にミネラルを含んだ美味しい水は甘味を感じるものですがミネラルを含まない純水を飲むと多くの人は「苦み」を感じます。このため、最終的にミネラルを適度に添加することで「美味しい水」として提供することが出来るのです。

 

天然水、RO水をコストで比較

一般的には天然水よりRO水の方が安く購入出来ます。これはいかに厳選された環境で天然水を採水して商品化するのが大変なことかを表しています。また、多くの場合、天然水のボトルは使い捨てのワンウェイ方式、RO水のボトルは業者が回収するリターナブル方式を採用しています。このため、ボトルを量産するコストがかからないというのもRO水の方が安い一つの理由です。

 

水といっても様々な種類があるのをご存じでしょうか。

 

「ナチュラルウォーター」というのは、特定の水源より採水された地下水を原料としており、ろ過、沈殿、加熱殺菌のみで処理されています。
この中で、地下で滞留している間に地層中のミネラル分が溶け出した水は「ナチュラルミネラルウォーター」といい、こちらも、ろ過、沈殿、加熱殺菌のみで処理されており、より、天然水に近いものとなっています。

 

「ミネラルウォーター」というのは、ナチュラルミネラルウォーターと同じ水を原水としていますが、ろ過、沈殿、加熱殺菌の他に、複数の原水をブレンドしたり、ミネラル分の調整、紫外線殺菌、オゾン殺菌などがおこなわれています。

 

さらに、「RO膜水」というミクロレベルのフィルターを通してろ過したものもあり、こちらは、極めて純粋に近いものとなることから「ピュアウォーター」とも呼ばれています。

 

その他、「ボドルドウォーター」と呼ばれる水道水や蒸留水、河川の表流水など、処理法は限定されていませんが、食品衛生法に基づき殺菌を必要とするものもあります。

 

続いて採水地について紹介します。
国内産のミネラルウォーターでは40〜45%を山梨県が占め、20%近くが静岡県、あとは全国さまざまといった状況のようです。
山梨県と静岡県が目立って多いのは、富士山がある関係だと考えられます。山梨県には南アルプスもあるので、それも関係しているのかもしれません。

 

富士山や南アルプスから採水される水は殺菌の必要のない湧水ですから、大がかりな施設を必要としない利点もあるのでしょうね。