軟水・硬水の違いは味とミネラルの量

水には硬度というものがあり、これは1000ml(1L)中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量で決められています。

 

日本の水は採水地に関わらず軟水で、口当たりがまろやかで後味がさっぱりしているのが特長です。

 

硬水・軟水の違いやメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 

軟水・硬水とは

 

水の硬度について

 

0〜100が軟水、100〜300が中硬水、300以上が硬水とされ、硬度50以下は超軟水とも呼ばれています。

 

市販されている水ではヴィッテルが硬水、エビアンが中硬水、ボルビックが軟水、南アルプスの天然水は超軟水になります。

 

ウォーターサーバーは日本で採水されているものがほとんどで基本的には軟水となり、RO水は99%以上の不純物を取り除いているので硬度はほぼ0の超軟水です。

 

軟水のメリット・デメリット

 

日本人にとって馴染みの深い軟水は、まろやかでくせのない味で誰でも好き嫌いなく飲めます。さらに、繊細な味付けが多い和食の調理でも水が邪魔とならず、おいしく仕上げることができます。

 

軟水には特にデメリットがないのですが、中硬水や硬水が好みの方にとっては印象に残らない、何も味のしない水と感じることがあります。

 

硬水のメリット・デメリット

 

海外で採水された水に多い硬水は、ミネラルの含有量によって味が大きく変わるのが特長です。ミネラル含有量が多く、健康のためだけでなくダイエットやデトックス用としても人気が高いです。

 

ただ、硬水は「硬い味」と評されるだけあって味に癖があり、和食に使うと水の味が邪魔になることがあります。また、人によってはお腹がゆるくなることもあり、特に内臓が未発達な赤ちゃんには飲ませないようにと言われています。

 

硬水は常温で飲むのがおすすめ

一般に軟水と比較して硬水はミネラル由来の味が強く、飲みにくいように言われています。また、体質によってはお腹の調子を崩してしまうこともあるので特に日本では軟水の方が圧倒的に支持されています。しかし、硬水の中には健康や美容の効果の高いものもあるし、味わいの個性の面でも軟水とは違った魅力があります。

 

硬水は常温で飲むことをおすすめします。一般に冷やしたものよりも常温のものの方が体内への吸収効率は良いです。また、実は冷たさとミネラル由来の味の刺激が相乗効果となって「硬水独特のクセ」と認識される場合が多いのです。常温で飲むことでこういったクセは緩和されます。

 

軟水と硬水で豆腐の出来も違う

中国をはじめ、今や海外にも豆腐はありますが日本のものと比較すると一般的に硬いです。滑らかさを重視する日本の豆腐は軟水が豊富な土壌ならではのものです。水中のカルシウムは原料の大豆中のたんぱく質と結合して硬さを生み出します。このため豆腐作りにはなるべくカルシウムが少ない水、すなわち軟水が重宝されてきました。

 

こうして作られた豆腐は繊細な舌触りと風味を活かすべく、湯豆腐や冷ややっこといった食べ方が好まれてきました。例外的に沖縄の水は硬水であったため、硬い豆腐が作られてきました。硬い豆腐は崩れにくいために炒め物や焼き物に用いても崩れにくいメリットがあります。沖縄の豆腐チャンプルー、中国四川の麻婆豆腐などは硬い豆腐の特性を活かしたものです。

 

アクを出し切りたい料理には硬水を

豆腐の話で前述したように水中のカルシウムはたんぱく質と結合します。このため、鶏や魚の骨でダシ素材とする場合、ダシ素材中の雑味成分となるたんぱく質をアクとして浮かびあがらせる効果があります。

 

西洋料理のコンソメなどは、この作用を利用して浮かんだアクを丁寧に取り除き、澄み切ったスープにする料理です。また、煮魚を作る際などに、表面の生臭さを取り除くために硬水で湯通しするというのも有効な利用法です。

 

日本料理に軟水が向いている理由

素材自体にアクがあり、それを取り除きたい場合は硬水を用いるのが良いのですが、アクと同時に旨味成分もたんぱく質由来のものです。アクを取り除くということはある程度旨味成分を犠牲にしているともいえるのです。

 

特に日本料理に使われる鰹節、コンブなどは家庭に届くまでに入念な加工が施されています。このため、高級なものになればなるほどアクはほとんどなく、純粋なうま味と風味が残っています。硬水を用いた場合、うま味と風味までアクと一緒に浮かび上がらせてしまうのでおいしさを損なう原因となってしまします。

 

お茶にも軟水が適している

鰹節やコンブ同様、家庭に届くまでに入念な加工が施されているお茶にも軟水が適していると言えます。ダシやお茶における水本来の役割は素材の味を抽出してそれを水自身の中に溶かし出すことです。この意味だと、硬水中に含まれるミネラルは妨げになっていると言わざるを得ないでしょう。

 

一方でお茶やコーヒーの雑味を除きたい場合は硬水が便利です。特に開封して日数が立ったコーヒー豆などは酸化して好ましくない味や匂いがついています。これらを除くために硬水と豆を一緒に鍋に入れて煮たてたのちに布やペーパーでドリップすると、アクを浮かび上がらせて取るのと同様の効果が表れます。

 

 

 

皆さん、重水と軽水って同意味かご存知ですか?
なんとなく聞いたことがあるけど、意味までは・・・という人が多いと思います。
今日は、この重水と軽水についてお話していこうかと思います。

 

重水を化学式で書くと、D2Oです。
H2Oなら、皆さんご存知かと思います。そうです水ですよね。
このH2Oを見ると、Hは水素でOが酸素です。
水素に2つの酸素がくっついたものが、H2Oつまり水です。

 

では、D2O重水とは一体なんなのでしょうか?
Dは重水素(ジュウテリウム)といって、水よりも比重が思いものをいいます。
重水素は原子炉で使われたり、放射線治療の場で使われたりしています。
その為、体内で体重の10%を超えると、生命を維持する機能に異常をきたしてしまい命に危険が迫ってくる可能性があります。

 

ちょっと恐ろしいことを書きましたが、重水素は自然界にごく普通に存在する原子なので、飲料水に含まれていても、味も見た目もわからないという特徴があります。

 

それでは今度は軽水についてお話をしたいと思います。
軽水というものは一体どんなものかと言いますと、実は我々がいつも飲んでいる水の事を言います。

 

軽水の事を通常水とも呼ばれていることから、ごく普通に飲まれている水という事がよくわかります。
よく重水と比較して軽水と呼ばれるため、馴染みがありませんが、一般的な我々がよく口にする水のことです。

 

ですが、天然水などでも純度は99・8%くらいです。
残りはおそらく重水が含まれていると考えられます。
その為、100%純粋な成分のお水というのは存在しないのです。

 

市販されているお水は、なるべく重水を取り除いて、純度を上げたお水を販売しています。
がんなどの抑制効果があると考えられており、健康の為に摂取する人も増えているのが「超軽水」と呼ばれるものです。その為、お水を購入する際には、どれくらいの重水が含まれているのかを確認するのも必要かなと思います。

 

毎日口にするものですから、できるだけ良い水を選ぶようにしましよう。