ミネラル成分でウォーターサーバーを選ぶのはアリ?

ウォーターサーバーに限らず、販売されている水にはいくつか種類があります。

 

ウォーターサーバーで利用されている水は大きく分けてRO水と天然水の2つに分けられ、ミネラル成分が含まれているものは天然水です。

 

せっかくなら健康のためにミネラル豊富なウォーターサーバーを利用したいと考えている方もいるかと思いますが、まずは水に含まれるミネラル成分の効果などについて知っておきましょう。

 

ウォーターサーバーのミネラル成分について

 

水のミネラル成分で健康になることはない?

 

水に含まれるミネラル成分は体内へ吸収されにくく、直接的な健康効果はあまり期待できないと言われています。

 

その一方でミネラル成分の含有量が高い水は健康に良いとも言われており、現時点ではミネラル成分豊富な水を毎日飲んだとしても確実な健康効果があるとはっきりと解明されていない状況です。

 

また、日本で採水された水には元々海外のような豊富なミネラルは含まれておらず、ウォーターサーバーの多くもミネラル成分含有量の低い軟水で販売されています。

 

ミネラル成分でウォーターサーバーを選ぶのは意味がない?

 

では、ミネラル成分はウォーターサーバー選びに全く関係がないかというとそうでもありません。

 

ミネラル成分の多い水は味やニオイに癖があり「硬い」と評され、軟水に親しんでいる日本人には少し飲みにくい印象があります。

 

一時期流行した水ダイエットで人気が高まったコントレックスは硬度の高い非常に硬い水で、軟水になじんでいる日本人はお腹を壊しやすくなるケースも珍しくありません。

 

水のまろやかさや体へのやさしさ、料理の味付けの邪魔をしないことを基準にウォーターサーバーを選ぶなら、むしろミネラル分が低い方がおすすめです。

ウォーターサーバー人気ランキング


 

コスモウォーター



 

プレミアムウォーター



 

フレシャス

フレシャス



 

サントリー天然水ウォーターサーバー

ウォーターサーバーの水にミネラル成分について



 

うるのん

うるのん



 


>> 6位から10位をチェックする

 

日本の水道技術は素晴らしいものですから、蛇口をひねると当たり前の様に綺麗なお水が出てきますが、本当に水道水って安全なのでしょうか。水道水の気になる成分について書いてみたいと思います。

 

水道水というものは、私たちの生活の上で必要不可欠なものです。
料理に洗濯、お風呂といった生活の中で一番身近な存在とも言えます。使わない日がないという位、我々の生活にはなくてはならないものです。

 

その水道水の安全性について、考えてみたことは一度でもありますでしょうか?

 

東日本大震災をきっかけに、水道水から放射性物資の検出されたというニューズが飛び込んで来ました。
これをきっかけに、水道水を使わないという人が多数増え、ミネラルウォーターの需要が一気に増加しました。

 

一時は、皆が買いだめに走るという事態となり、店頭からミネラルウォーターが消えたという時期すらありました。

 

日本の水道技術というものは、世界でも一番と言われており、厳しい検査と徹底された衛生管理をし、水の濾過においても、現代の技術力を駆使しており、とても衛生的であると言われています。

 

世界屈指の技術力をもってながらも、本当に安全でなんの問題もないと言い切れるのでしょうか?

 

残念ながら、答えはNOです。

 

トリハロメタンという成分をご存知でしょうか?

 

水を消毒する際に使用するのが塩素なのですが、その塩素が残留してしまって、そこから発生するのがトリハロメタンです。

 

残念なことに、ダイオキシンなども検出されます。

 

そして、一番の問題点は、現在はあまり見かけなくなりましたが、以前は水道管に使用されていた鉛が時間とともに劣化してゆき、鉛の成分が溶け出してしまい、一緒に流れてくるというもの。

 

水道水は確かに衛生的に管理され、世界から見ても日本の水道水は綺麗ではありますが、必ずしも安全とは言い切れません。
水の基準をクリアしているから大丈夫と思って、安易に水道水を飲むというのはあまり良いとは言い切れません。

 

水道水の成分や安全性についてしっかりと認識をし、できる対策を取るようにしたほうが良いと思います。