ダイエット効果を高めるなら水を飲むのがおすすめ!

水を飲みすぎるとむくむ、体重が増えるというイメージが強いですが、だからと言っても水を飲まないと余計に痩せにくくなることをご存じでしょうか?

ダイエットを成功させるには、水を控えるどころかこまめに飲んだ方が良いのです。

その理由について見ていきましょう。

お水を飲んでダイエットを成功させよう!

むくみと水の関係

水を飲みすぎるとむくむというのは、腎臓で処理しきれないほど大量の水を飲んだ場合です。

成人が1日に必要な水は1.5~2リットルと言われており、多少水を飲みすぎただけでむくむなら腎臓の機能が低下しているか、疲労で代謝がスムーズにできていない可能性があります。

むくみの原因は老廃物がたまってしまうことで、水をたくさん飲むことで老廃物の排出がスムーズに行われるようになります。

水を飲むと便秘解消できる

便秘の原因の一つが、水分不足で便が硬くなりすぎ、押し出せなくなってしまうことです。

硬くて小さな便の場合は水分不足が考えられ、食事中に水分を摂取することで便秘解消につながります。

水をたくさん飲んで基礎代謝アップ

人の体の実に60%は水でできており、水分が不足すると生命を優先させるために基礎代謝がダウンします。

基礎代謝とは心臓や肺を動かしている生きるために必要なカロリー消費で、成人女性なら平均して1,200kcalも消費しており、基礎代謝をアップすることがリバウンドしないダイエットの秘訣です。

水分不足を防ぐことで基礎代謝の低下を防ぎ、痩せやすい体を作りましょう。

水ダイエットの注意

水はダイエットの味方になってくれますが、飲み方には注意が必要です。

1日に必要な水2リットル中には、野菜やお味噌汁などの食品に含まれる水分もカウントされているので、丸々2リットルでは水が多すぎることもあります。

そのため、体調の変化に注意しながら、汗をよくかいた日は水を多めに、スープ中心の食事だった時は水を少な目にするなど臨機応変に対応しましょう。

また、一度に大量の水を飲んでも尿としてもすぐに排出されてしまうので、こまめにゆっくりと水を飲むようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする