ダイエット効果を高めるなら水を飲むのがおすすめ!

水を飲みすぎるとむくむ、体重が増えるというイメージが強いですが、だからと言っても水を飲まないと余計に痩せにくくなることをご存じでしょうか?

 

ダイエットを成功させるには、水を控えるどころかこまめに飲んだ方が良いのです。

 

その理由について見ていきましょう。

 

お水を飲んでダイエットを成功させよう!

 

むくみと水の関係

 

水を飲みすぎるとむくむというのは、腎臓で処理しきれないほど大量の水を飲んだ場合です。

 

成人が1日に必要な水は1.5〜2リットルと言われており、多少水を飲みすぎただけでむくむなら腎臓の機能が低下しているか、疲労で代謝がスムーズにできていない可能性があります。

 

むくみの原因は老廃物がたまってしまうことで、水をたくさん飲むことで老廃物の排出がスムーズに行われるようになります。

 

水を飲むと便秘解消できる

 

便秘の原因の一つが、水分不足で便が硬くなりすぎ、押し出せなくなってしまうことです。

 

硬くて小さな便の場合は水分不足が考えられ、食事中に水分を摂取することで便秘解消につながります。

 

水をたくさん飲んで基礎代謝アップ

 

人の体の実に60%は水でできており、水分が不足すると生命を優先させるために基礎代謝がダウンします。

 

基礎代謝とは心臓や肺を動かしている生きるために必要なカロリー消費で、成人女性なら平均して1,200kcalも消費しており、基礎代謝をアップすることがリバウンドしないダイエットの秘訣です。

 

水分不足を防ぐことで基礎代謝の低下を防ぎ、痩せやすい体を作りましょう。

 

水ダイエットの注意

 

水はダイエットの味方になってくれますが、飲み方には注意が必要です。

 

1日に必要な水2リットル中には、野菜やお味噌汁などの食品に含まれる水分もカウントされているので、丸々2リットルでは水が多すぎることもあります。

 

そのため、体調の変化に注意しながら、汗をよくかいた日は水を多めに、スープ中心の食事だった時は水を少な目にするなど臨機応変に対応しましょう。

 

また、一度に大量の水を飲んでも尿としてもすぐに排出されてしまうので、こまめにゆっくりと水を飲むようにしてください。

 

まずは「むくみ」を解消しましょう

 

ダイエットは女性にとって永遠のテーマといっても過言ではありません。少しでも痩せてスッキリしたい、そしてダイエットを開始するときは、身体の中に溜まった余分な水分を体内に出すことから始めます。

 

むくみの原因とはズバリむくみの原因は、骨盤のゆがみ、身体の冷え、運動不足、塩分の高い食生活などが引き起こすと言われています。つまりこれらを解消すれば、むくみも解消され、ダイエットも成功するのです。

 

まずは塩分を知る

塩分といっても、いろんな塩分があります。われわれ現代人が普段の食生活で摂っている塩分は、人工的につくられた「食塩」というものです。食塩には、身体に必要なミネラル分がナトリウムしかないため、摂り過ぎれば必然的に身体がむくんでしまいます。

 

それに比べて、自然塩または天然塩と呼ばれる塩には、ミネラルが豊富に含まれています。同じ塩でも、身体の中に溜まった水分を排出するために必要なミネラルを含んでいるのです。塩分の多い食生活から、塩分をバランスよく摂る食生活に意識して変えてみることも必要です。

 

身体に良いとされる、自然塩(天然塩)には4大ミネラルが含まれています。4大ミネラルとは、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムです。

 

昔から日本人にとって「塩」とは食卓に欠かせないものであり、貴重品でもありました。自然塩は作るのに時間と手間がかかります。身体に必要なミネラルが摂るためには時間と手間がかかる貴重品だったのです。ですが、もっと手軽にそしてお手頃価格で「塩」を食卓に取り入れるために、科学的に作られた「食塩」が普及したのです。

 

科学的に作られた「食塩」が悪いわけではありませんが、バランスよく摂取することが大切です。また塩分は「塩」だけではなく、味噌や醤油にも含まれています。ほかにもさまざまな調味料に使われています。そういったものをすべて天然の塩にすることは、製造過程やその他の事情から考えても不可能です。

 

水分も塩分もバランスが大切

水分も塩分も人間が生きていくうえでは大切なものです。
バランスを考え、徐々に食生活に取り入れていきましょう。