アキュエラ・ブルーは5分で1.6ppmの水素水が作れる!毎日手軽に続けたい人にオススメの水素水サーバー

アキュエラ・ブルー
水素水サーバーアキュエラ・ブルーは世界で始めての特許技術により、たったの5分で1.6ppmの水素水を作ることができます。

「自宅で手軽に水素水を飲みたい!」と思って水素水サーバーを購入したは良いけれど、水素水が出来上がるまで30分~1時間以上時間がかかるようでは「手軽に飲める」とは言いがたいですよね。

「スピーディーに水素水を楽しみたい」
「ランニングコストを気にせずに続けたい」

アキュエラ・ブルーはこういった方にオススメの水素水サーバーです。

アキュエラ・ブルーのオススメポイント

たったの5分で1.6ppmの水素水

これまでの電気分解式水素水サーバーは水素の生成量やpH値をコントロールすることができませんでした。そのため、水素濃度の高い水素水を作ろうとすると、強アルカリ性になってしまう、という弱点がありました。

アキュエラ・ブルーは国際特許技術によって1.6ppmの水素水をたったの5分で作ることができ、さらにpH値を変えることなく、中性の水素水が楽しめます。

  • 1回電解(40秒):1.0ppm
  • 飽和水素水(5分):1.6ppm以上

水素水による健康効果を得るためには0.8ppmから1.0ppmがあれば良いと言われているため、40秒のモードでも十分な効果が期待できます。

酸化還元電位-600mv

酸化還元電位とは、酸化させる力、還元させる力の差を表した数値になります。

プラスに傾くほど酸化する力が強く、マイナスに傾くほど還元力が強いことを表します。

アキュエラ・ブルーの水素水の酸化還元電位は-600mvと非常に低く、それだけ優れた還元力を発揮できます。

中性の水素水で美味しく飲める!

独自の技術を採用したアキュエラ・ブルーは中性の水素水を作ることができます。

私たちが普段飲んでいる水はほぼ中性となっています。しかし従来の水素水サーバーではどうしてもアルカリ性に偏ってしまいがちでした。

アキュエラ・ブルーならこれを気にすることなく、普段飲んでいるお水と同じ感覚で楽しむことができます。

ランニングコストを気にする必要無し!

水素水サーバーによってはカートリッジを定期的に購入しなくてはなりません。そのためランニングコストが発生してしまうのがネックです。

水素水サーバーを導入する最大の目的はランニングコストを気にすることなく自宅でたっぷり水素水が飲めることですよね。

アキュエラ・ブルーはカートリッジなどの消耗品がないため、ランニングコストを気にすることなく好きなだけ水素水が飲めます。

また長く使えば使うほどお得になっていくのも特徴です。

まとめ

アキュエラ・ブルーはランニングコストを気にする方や、自宅に手軽に水素水サーバーを設置したいと考えている方にオススメの商品となります。

本体価格は取り扱っているショップによって異なるのですが、大体30万円前後の初期費用が必要となります。ショップによって保証期間に違いがあったり、おまけの商品が異なるため、どこで購入するかはきちんと検討したほうが良さそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする