水素水サーバーはランニングコストに優れているので長く水素水を飲みたい人にピッタリ!

最近の水素水ブームもあって、美容や健康のために水素水を考えている人も多いと思います。その一方で、やはり気になるのがコストではないでしょうか。

 

ドラッグストアやスーパーなどで販売されている水素水は決して安くはありません。これを毎日飲み続けることを考えるとどうしてもお金の心配が出てきてしまいますよね。

 

そこで長く水素水を続けたいと思っている人が選んでいるのが水素水サーバーなんです。

 

ここでは水素水サーバーとは何か、どんなメリットがあるのかについて紹介してみたいと思います。

 

水素水サーバーって何?

水素水サーバーを簡単に説明すると自宅で手軽に水素水が作れる装置になります。

 

水素水サーバーを購入する、あるいはレンタルすることで自宅に設置し、後は普段飲んでいる水道水や天然水などをセット。ボタン一つで水素水を作ってくれるという仕組みになっています。

 

購入かレンタルか

水素水サーバーは購入することもできますし、レンタルすることもできます。

 

購入すると初期費用をこそかかってしまいますが、年間1万円程度のランニングコストで水素水が飲み放題!

 

一方のレンタルは初期費用はかなり低く抑えられるものの、業者側が用意している水を購入しなくてはならないなど、ノルマが設けられていることがあり、ある程度のランニングコストがかかってきます。

 

「どちらが良いのか」は利用する人によって変わってきますが、長い目で見れば購入した方が結果的に安くつくことが多いです。

 

水素水を作るメカニズム

水素水サーバーは大きく分けて3つの方式によって水素水を生成しています。それぞれの商品ごとでどの方式を採用しているのか異なるので軽くチェックしておいたほうが良いかもしれません。

 

電極非接触式方式

飲料用の水とは別のタンク、スペースで電気分解することにより水素を発生させます。この生成された水素をタンクの中の水に溶けこませることで水素水を作っています。

 

他の方式と比べて高濃度かつ短時間で水素水を作れるのがメリットです。また水のpH値が変わらないのもメリットですね。

 

電気分解方式

飲料用の水を直接電気分解することで水素を発生させます。多少水がアルカリ性によってしまうこと、水素濃度が低い傾向にあることなど他の方式と比べると若干見劣りする部分があります。

 

しかし、機構自体がシンプルなのでメンテナンスが簡単だったり、低価格で購入できることが多いです。

 

化学反応方式

カートリッジやスティックの中にマグネシウムを封入し、これを反応させることで水素を発生させます。

 

定期的にカートリッジを交換しなくてはならない、完成までに時間がかかるといってデメリットはありますが、水素水サーバーの中では最もシンプルな機構になります。

 

そのため本体価格が安い、メンテナンスが簡単、小型化できる、電力を必要としないといったメリットが挙げられます。

 

給水方式

水素水サーバーは大きく分けて3つのタイプの給水方式があります。それぞれでメリットとデメリットがあるので確認しておきましょう。

 

水道直結式

水道の蛇口から直接水素水サーバーに給水することで手間を最小限に減らせるスタンダードな方式になります。

 

自動で給水できる上に、一度設置すれば大量の水素水を手軽に作れるのが最大のメリット。

 

ただし一方で設置するために水道工事が必要な場合があるので「誰でも手軽に!」とは言いがたい部分もあります。

 

特に賃貸マンションなどに住んでいる方には向いていないかもしれません。

 

ボトル交換式

主にレンタルの水素水サーバーで採用されていることが多いです。ウォーターサーバーのように宅配された水のボトルをサーバーに設置することで自動的に給水されるようになっています。

 

ボトルが空になったら新しい物と交換する必要があるのである程度のランニングコストはかかるものの、天然水など他のタイプには無い水が楽しめるのがメリットです。

 

ピッチャー方式

水素水サーバーのタンク、ピッチャーに水道水などを自分で給水するタイプになります。

 

設置工事が不要で電源さえ確保できればリビングやキッチン、寝室など場所を選ばないのがメリットです。

 

その反面水素水を飲むたびに給水しなくてはならない手間がかかります。

 

まとめ

このように水素水サーバーには色々なタイプがあり、それぞれが特徴のある水素水を生成できるようになっています。

 

使い方によってどの水素水サーバーがベストなのか変わってくるので、自身のライフスタイルを見直してピッタリな物を選べるようによく考えてみましょう。

 

最近ではバッテリー式の持ち運びができる水素水サーバーも登場しているので、自宅だけでなくオフィスや外出先でも水素水を楽しみたい方はこういった商品も視野に入れてみると良いかもしれませんね。