うるのんは選べる2種類の富士山の天然水

チェックポイント
基本情報
おすすめポイント
レビュー
口コミ・評価

 

>> うるのんを試してみる


バナジウムをはじめとしたミネラル成分を豊富に含む富士山の天然水を2種類から選ぶことができます。他のウォーターサーバーとの違いは、1セット2ボトルとして3週間4週間、6週間のどのペースで利用するかを選び、そのペースによって配送料が異なるところです。赤ちゃんも飲めてミルク調乳にも使用できるRO水もあるので出産予定の方にもおすすめです。

 

また、ワンウェイ式ボトルを採用しているので基本的にメンテナンスは不要ですが、3年ごとに定期メンテナンスが行われ、新しいサーバーと交換してもらえます。サーバー内部まではどうしても掃除できないので、このサービスはうれしいですね。明るいイメージのカラーのサーバーから、スタイリッシュなデザインのサーバーまで好みや部屋の雰囲気に合わせて選べるのも人気です。

 

うるのん

>> うるのん公式サイトへ

 

『うるのん』の基本情報

宅配エリア 全国(離島や山間部など配送が難しいエリアあり)
水の種類 富士山の天然水2種類とRO水1種類から選べる
ボトルタイプ 使い捨てのワンウェイ式ボトル
送料 サーバー、水ともに送料無料
水の料金 ※1ボトルあたり12リットル

富士の天然水/富士の天然水 さらり  1,800円/500ml75円
やわらか水 1,285円/500ml約53円

1か月の購入ノルマ 1回の発送ごとに2ボトルで1セット

1ボトルずつの発送はしていない

サーバーレンタル代 スタンダード床置き/スタンダード卓上/スタイリッシュ 無料 ※注文頻度によって、またはやわらか水の場合は823円エコサーバー 103円 ※注文頻度によっては1,028円
サーバーの電気代 スタンダード床置き/スタンダード卓上/スタイリッシュ 1,000円/月

エコサーバー 850円/月

サーバーメンテナンス 3年に一度のメンテナンスで新しいウォーターサーバーへと交換
1か月の最低維持費期 スタンダード床置き/スタンダード卓上/スタイリッシュサーバーを利用して、3週間に2本配送してもらうとすると、水代1,800円×2+サーバーレンタル代無料+電気代1,000円=4,600円
解約について 2年以内の解約で5.250円の違約金が発生する

>> うるのん公式サイトへ

うるのん by TOKAIグループのサービス内容や特徴

TOKAIおいしい水の宅配便

おいしいお水を自宅で手軽に味わいたいと思いますね。そう思った時、うるのん(TOKAIグループ)がお勧めです。うるのんは、静岡県から採水される朝霧のしずくと、余分な成分を排除したピュア純水の2種類から選ぶことができます。

 

朝霧のしずくは、名水の産地として知られる富士山の朝霧高原から採水されており、富士山の岩盤を通して含まれるバナジウムを豊富に含有しています。他にもカルシウムやナトリウムといった成分もバランスよく含まれているため、毎日の健康管理に最適です。

 

朝霧のしずくは、1リットルあたり150マイクログラムのものと、1リットルあたり、100マイクログラムのものというように、含まれているバナジウムの量によっても選ぶことができます。より口当たりやのど越しの良さを重視したい方には、100マイクログラム含有の朝霧のしずくマイルドがお勧めです。

 

一方ピュア純水は、北アルプスに降った雨や雪が、豊かな大地を通る際にろ過された清水を、さらに超極小孔フィルターによって細かくろ過し、不純物のない純水に仕上げています。そのため、飲みやすさにこだわりたい方に最適な水になります。

 

 

公式サイトへ

選べる2タイプ

天然水を選ぶときには、使いやすさにもこだわりたいですね。その点、うるのんでは、卓上タイプと床置きタイプの2種類のウォーターサーバーから選ぶことができます。広さに余裕のある方は床置きタイプ、狭かったりあまり場所をとられたくないという方は卓上タイプを選ぶこともできるため非常に便利です。

 

また、ウォーターサーバーからは、4〜12度の冷水だけではなく、80〜90度の温水も使用できるように工夫されています。

 

これならば、冷水を飲むとき以外にも、お料理の時にそのままお湯を使うことができ、ガス代の節約にもつながりますし、赤ちゃんのミルクを作る際にも冷水とお湯を混ぜて作れるので、忙しいお母さんにも最適です。

 

安全性と使いやすさにこだわり

また、熱いお湯が出ると子供が使用する際に、やけどをしてしまうのではと不安に感じますが、うるのんのウォーターサーバーにはチャイルドロック機能がついているので、子供がいたずらしてやけどをするという心配もなく使用できます。

 

飲み終わったボトルは、スタッフが回収してくれるため、自分でゴミに出す手間もありませんし、水についてもその都度届けてくれるため、自宅まで運び込み手間もありません

 

使用したボトルは、洗浄、除菌、殺菌を徹底し再利用されるため、菌が繁殖したりといった不安もなく、衛生的に使用することができます。

 

気になるお値段はレンタルサーバー費用が月額800円、ピュア純水を購入した場合、12リットル入りで995円と、お手軽なお値段になっています。

 

お金をできるだけ抑えながら、体に優しい安全性の優れた水を購入したい方にはうるのんがぴったりですし、今までのようにお水を買いに行く必要もなくなるため利便性を求める方にも最適です。

 

TOKAIおいしい水の宅配便

 

 

>> うるのん(TOKAIグループ)公式サイト

4ヶ月目!『うるのん』の使用感を使ってみた感想

 

大人2人と幼児1人の3人家族で『うるのん』使用中

 

私の家族

私の自宅では、4ヶ月ほど前にウォーターサーバーを導入しました。

 

きっかけは子供に安全で美味しい水を飲ませたいと思ったことと、引越しをして家が広くなったこと、そして災害時の備えとして水の確保がしやすい方法だと考えたことでした。

 

ウォーターサーバーはかなり多くの会社があるため、導入を決めてからはいろいろなサイトで情報収集をして、各社の特徴を調べました。
その結果、うるのんのウォーターサーバーに決定しました。

 

☆サーバーレンタル無料で3年毎に新品のサーバーと交換可

 

うるのん

うるのんは天然水2種類とRO水1種類から水を選ぶことができますが、天然水の場合はウォーターサーバーのレンタル代は無料です。

 

サーバーレンタル代が無料になる会社は結構多くあるようですが、なんとうるのんは3年毎に新品のサーバーと交換してくれるのです。
数多くの会社がある中で、定期的にサーバー自体の交換があるのは、私が調べた限りうるのんだけでした。

 

せっかく美味しいお水を購入するならサーバーも清潔にしておきたいという気持ちが強かったのが、うるのんに決めた一番の理由でした。

 

☆大人2人と幼児1人の3人家族で月々6,000円程度

 

我が家は大人2人と幼児1人の3人家族ですが、3週間に一度12リットル×2本が届くプランを契約しています。1本あたり1,900円なので、1ヶ月当たりの水代は5,000円程度の計算になります。

 

ちなみにウォーターサーバーの電気代は月1,000円程度とのことなので、水とお湯で月々6,000円程度を使用していることになります。

 

☆実際の使用感・感想

 

我が家では基本的には飲料用のみとして使用しており、料理などには使っていませんが、導入後はお水を飲む機会が増えました。3歳児も美味しいというだけでなく、自分でお水を入れるのが楽しいらしく、ごくごく飲んでいます。

 

飲料用だけの場合、冬場は3週間に2本でちょうどいいペースですが、夏場は不足するので、2週間に1本に切り替えるか追加注文をすることになりそうです。

 

温水の温度は80〜90℃でコーヒーや紅茶などの飲料を入れるのにちょうどいい温度です。
ただ、すぐ飲むのにちょうどいい温度なので、入れてから3分待たなければいけないカップラーメンなどの場合、食べる時には少しぬるく感じるかもしれません。

 

うるのんのボトル

うるのんのボトルはペットボトルと同じもので、水が減っていくにつれて少しずつしぼんでいきます。入れ替えた後のボトルは、他のペットボトルと一緒に資源ゴミとして出すことができるので、回収や保管などは必要ありません。

 

とはいえ、それほど小さくしぼんでいるわけではないので、小さめのゴミ箱だとお水のボトルだけでいっぱいになってしまうのが少し難点です。

 

でも基本的にはうるのんを入れて満足しているので、このまま継続して使う予定です。

 

>> うるのん公式サイトへ

 

>> うるのん詳細ページへ

うるのんの宅配水のクチコミ

 

公式サイトへ