うるのんは選べる2種類の富士山の天然水

チェックポイント
基本情報
おすすめポイント
レビュー
口コミ・評価

 

>> うるのんを試してみる


バナジウムをはじめとしたミネラル成分を豊富に含む富士山の天然水を2種類から選ぶことができます。他のウォーターサーバーとの違いは、1セット2ボトルとして3週間4週間、6週間のどのペースで利用するかを選び、そのペースによって配送料が異なるところです。赤ちゃんも飲めてミルク調乳にも使用できるRO水もあるので出産予定の方にもおすすめです。

 

また、ワンウェイ式ボトルを採用しているので基本的にメンテナンスは不要ですが、3年ごとに定期メンテナンスが行われ、新しいサーバーと交換してもらえます。サーバー内部まではどうしても掃除できないので、このサービスはうれしいですね。明るいイメージのカラーのサーバーから、スタイリッシュなデザインのサーバーまで好みや部屋の雰囲気に合わせて選べるのも人気です。

 

うるのん

>> うるのん公式サイトへ

 

『うるのん』の基本情報

宅配エリア 全国(離島や山間部など配送が難しいエリアあり)
水の種類 富士山の天然水2種類とRO水1種類から選べる
ボトルタイプ 使い捨てのワンウェイ式ボトル
送料 サーバー、水ともに送料無料
水の料金 ※1ボトルあたり12リットル

富士の天然水/富士の天然水 さらり  1,800円/500ml75円
やわらか水 1,285円/500ml約53円

1か月の購入ノルマ 1回の発送ごとに2ボトルで1セット

1ボトルずつの発送はしていない

サーバーレンタル代 スタンダード床置き/スタンダード卓上/スタイリッシュ 無料 ※注文頻度によって、またはやわらか水の場合は823円エコサーバー 103円 ※注文頻度によっては1,028円
サーバーの電気代 スタンダード床置き/スタンダード卓上/スタイリッシュ 1,000円/月

エコサーバー 850円/月

サーバーメンテナンス 3年に一度のメンテナンスで新しいウォーターサーバーへと交換
1か月の最低維持費期 スタンダード床置き/スタンダード卓上/スタイリッシュサーバーを利用して、3週間に2本配送してもらうとすると、水代1,800円×2+サーバーレンタル代無料+電気代1,000円=4,600円
解約について 2年以内の解約で5.250円の違約金が発生する

>> うるのん公式サイトへ

うるのん by TOKAIグループのサービス内容や特徴

TOKAIおいしい水の宅配便

おいしいお水を自宅で手軽に味わいたいと思いますね。そう思った時、うるのん(TOKAIグループ)がお勧めです。うるのんは、静岡県から採水される朝霧のしずくと、余分な成分を排除したピュア純水の2種類から選ぶことができます。

 

朝霧のしずくは、名水の産地として知られる富士山の朝霧高原から採水されており、富士山の岩盤を通して含まれるバナジウムを豊富に含有しています。他にもカルシウムやナトリウムといった成分もバランスよく含まれているため、毎日の健康管理に最適です。

 

朝霧のしずくは、1リットルあたり150マイクログラムのものと、1リットルあたり、100マイクログラムのものというように、含まれているバナジウムの量によっても選ぶことができます。より口当たりやのど越しの良さを重視したい方には、100マイクログラム含有の朝霧のしずくマイルドがお勧めです。

 

一方ピュア純水は、北アルプスに降った雨や雪が、豊かな大地を通る際にろ過された清水を、さらに超極小孔フィルターによって細かくろ過し、不純物のない純水に仕上げています。そのため、飲みやすさにこだわりたい方に最適な水になります。

 

 

公式サイトへ

選べる2タイプ

天然水を選ぶときには、使いやすさにもこだわりたいですね。その点、うるのんでは、卓上タイプと床置きタイプの2種類のウォーターサーバーから選ぶことができます。広さに余裕のある方は床置きタイプ、狭かったりあまり場所をとられたくないという方は卓上タイプを選ぶこともできるため非常に便利です。

 

また、ウォーターサーバーからは、4〜12度の冷水だけではなく、80〜90度の温水も使用できるように工夫されています。

 

これならば、冷水を飲むとき以外にも、お料理の時にそのままお湯を使うことができ、ガス代の節約にもつながりますし、赤ちゃんのミルクを作る際にも冷水とお湯を混ぜて作れるので、忙しいお母さんにも最適です。

 

安全性と使いやすさにこだわり

また、熱いお湯が出ると子供が使用する際に、やけどをしてしまうのではと不安に感じますが、うるのんのウォーターサーバーにはチャイルドロック機能がついているので、子供がいたずらしてやけどをするという心配もなく使用できます。

 

飲み終わったボトルは、スタッフが回収してくれるため、自分でゴミに出す手間もありませんし、水についてもその都度届けてくれるため、自宅まで運び込み手間もありません

 

使用したボトルは、洗浄、除菌、殺菌を徹底し再利用されるため、菌が繁殖したりといった不安もなく、衛生的に使用することができます。

 

気になるお値段はレンタルサーバー費用が月額800円、ピュア純水を購入した場合、12リットル入りで995円と、お手軽なお値段になっています。

 

お金をできるだけ抑えながら、体に優しい安全性の優れた水を購入したい方にはうるのんがぴったりですし、今までのようにお水を買いに行く必要もなくなるため利便性を求める方にも最適です。

 

TOKAIおいしい水の宅配便

 

 

>> うるのん(TOKAIグループ)公式サイト

富士山の美味しいお水が飲める「うるのん」は個人的にオススメ!!

家族3人で便利に使用しています!

うるのん画像

 

現在はマンション暮らしをしていて、家族3人(母、父、息子)でTOKAI社の「うるのん」を使用しています。導入のキッカケですが元々水にはこだわっていて、浄水器なども徹底して使っていたのですがより安全な水を探した時にウォーターサーバーの選択肢が出てきました。

 

浄水器も勿論、効果はあると思っていますが元の水が安全なものの方が良いに決まっています。昨今は水について色々な問題も出てきています。蛇口から出る水を私たちは選べませんが、ウォーターサーバーの水は何処の産地で、どんな水なのかを選べる点において導入する価値はあると個人的に感じております。

 

「うるのん」は使用して3年ほどとなり、特にウォーターサーバーを変えることなくこれ一筋です。途中で何処かのウォーターサーバーに変えようかとも思いましたが、変えるのも面倒ですし、配送されるごとにもらえるシールを集めると無料で一本サービスしてくれるので、ついついそのままにしてしまっています。この辺りは私のずぼらさが出ていますが、現状では大きい不満点もなく、美味しく飲めているので今後も継続する予定です。

 

主に使用している方法としては飲み水や調理用となります。飲み水はそのままで飲んだり、運動にいく時にスポーツドリンクの粉末に混ぜたりしていて、調理用はインスタントラーメンやお味噌汁などに使用しています。出来ればお米の炊飯にも使用したいところですがそうなるともう2本追加しないととてもじゃないですが間に合いません。お金の問題もあるので、飲用水としてのメインとなります。

 

一月あたりのコストですが、積極的に使っているので月に3本、一本あたり1800円なのでボトル代だけで5400円となります。サーバーレンタルは無料で、メンテナンス代も特にかかっていません。電気代なども勿論かかっていますが、使用してから物凄く電気代が高くなったという認識はありません。

 

しかし、気になって「うるのん」の公式ページで電気代についての話題があったので調べてみましたがボトルを4本使用すると仮定した場合、Grandeというウォーターサーバーだと570円から390円、スタンダードサーバーだと1000円前後、スタイリッシュサーバーだと1500円前後という回答がありました。結構かかっていることに気が付きました。

 

私はスタンダードサーバーを使用していて、レンタル代が無料なので使用していましたがこれだと、Grandeに変えた方がお得になる可能性もありますので「うるのん」を検討している方は注意した方が良いかと思います。

 

シンプルだから物足りない!?でも安心出来る使い心地です!

「うるのん」のスタンダードサーバーの床置きを使用していますが、サイズや大きさは下記の写真のような感じです。

 

うるのん画像

 

公式サイトの情報によると縦がおよそ130cmで横がおよそ32cmとのことです。他のウォーターサーバーは使用したことがないので比べようがないですが、家具の隙間にも置けるので特に邪魔と思ったことは一度もありません。

 

置き場所のオススメは部屋の角です。

 

うるのん画像

 

我が家も部屋の角に置いていますが邪魔にならないですし、ちょっと見栄えも良い気がします(笑)各家庭のレイアウトの問題もあると思うので設置場所は色々出来ると思います。

 

見栄えは可愛い感じでもなければ、最先端的な印象もない普通な感じがします。しかし、水自体が日常生活に根強いものであるため突飛なものよりは安心して使えるイメージが持てるデザインだと思いますのでウォーターサーバーとしてはこっちの方が良いと感じています。

 

うるのん画像

 

ボトルの交換ですが少し面倒です。面倒と言うよりはおよそ10キログラムのボトルを100cm近い高さまで持たないといけません。「うるのん」のスタンダードサーバーの場合、ボトル交換は装置の上の方になるためです。10キロなら女性でもギリギリ持てる重さですが、力に自信がない方は注意が必要かと思います。

 

うるのん画像

 

ですが親戚の家の子供が内に来るとウォーターサーバーが珍しいようで、よくイタズラをしてしまいます。そんな時に簡単に水を交換されたりしたら、誤ってお水が漏れてしまったりして大変な惨事になる可能性もあると思いました。簡単に交換が出来るウォーターサーバーも良いですが、力を使うのも運動の一つだと思って交換しています。現状我が家では3人ともお水の交換が出来るので特に問題視はしていません。

 

 

肝心のお水の味ですが、非常に美味しいと感じています。山のお水を飲んでいるかのような冷たさと喉越しがあります。「うるのん」には2種類のお水を選ぶことが出来て、「さらり」と「やわらか水」になります。私は「さらり」を選んでいます。

 

うるのん画像

「さらり」は公式サイトでも表記されていますが富士の天然水でモンドセレクションの金賞を受賞したり、iTQi優秀味覚賞で三ツ星を受賞したほどのお水とのことです。モンドセレクションはテレビCMで良く見かけますが、iTQiはよくわかりませんが、公式サイトを見る限りでは世界的に活躍している、シェフやソムリエの方から評価をする賞のようです。

 

父はウイスキーが好きで「うるのん」のお水で割って飲んだりもしています。かなり気に入っている様子で「このお水はいい水だなぁ、ウイスキーが更に美味しくなるよ」と導入当初は良く言っていました。

 

チャイルドロック機能ですが簡易的に備えられています。

 

うるのん画像

 

やり方は下の写真のように水なら青のボタンを押しながら、お湯なら赤のボタンを押しながらレバーを押すだけです。

 

うるのん画像

 

非常に簡単なロックですが、特に問題が起きたことはありません。親せきの子供が遊びに来ますが2歳位だと珍しくて色々触ったりしますがお湯を出すことは難しいようです。ある程度の知識がついた4歳位だと簡単にお水やお湯を出すことが出来ますが、その位の年齢になると、ある程度の危険性も理解しているようなので、今のところ大きい問題になったことはありません。

 

うるのん画像

 

夜寝ていて、時々ですがお水が飲みたくなるとリビングに出て、ウォーターサーバーのお水を飲むことがあります。「うるのん」のスタンダードサーバーはチャイルドロック用の赤いポッチが位部屋の中でも少しだけ目立つので特に電気をつけなくても、お水を飲むことは可能です。

 

ウォーターサーバーで気になる点として良く聞くのが騒音の問題です。「うるのん」のスタンダードサーバーを3年使ってみた感想としては特に大きい音が発生したことはありません。時折、水を温めているのかそのような音がする時もありますがウルサイわけでもないです。

 

うるのん画像

 

他に音がしているなぁと感じるのはボトルからタンク?に水を移している時にゴポゴポッという音がする位です。騒音についてはないですし、気にならないレベルと思ってもらってよいかと思います。

 

「うるのん」のウォーターサーバーは個人的にですが満足しています。一番のお気に入りポイントは味です。先ほども書きましたがお水自体が美味しいので、変にペットボトルのお水を買わなくてもいいと思います。10リットルで1800円なので1リットル180円、500ミリのペットボトルに換算すれば90円になります。

 

コンビニやスーパーで買うのと値段も変わらないですし、味も個人的には「うるのん」の「富士の天然水さらり」が美味しいと思っています。費用対効果を考えると圧倒的に良いわけではないですが、満足のレベルが高いので契約して良かったと思っています。

 

あと、個人的にですが清掃が簡単です。私がずぼらなだけかもしれませんがスタンダードサーバーの外側とボトル交換時に軽く拭くだけのメンテナンスですが今のところ、大きい汚れはありません。内部の清掃は過去にやったことないのですが、水の味が悪くなったとか、故障をしたことは一度もないのは便利だと感じました。

 

うるのん画像

 

うるのん画像

 

ただ、蛇口の辺りは細菌が繁殖しやすいとのことなので時折、アルコールを使った清掃をした方が安全性も高まるとのことなので今度からは丁寧に清掃していこうと思います。

 

うるのん画像

 

「うるのん」の少し残念な点ですが、温度調節が出来ると凄く嬉しいと感じています。例えばおみそ汁などの場合はそのままのお湯でも十分に熱く(約85度)良いのですが、お酒の割ものだと少し熱すぎるので調節機能とかもしあれば、よりクオリティの高いウォーターサーバーになると思います。

 

インスタントラーメンも時々食べるのですが出来れば沸騰したお湯の方が良いですし、60度から100度までの調整機能があったらなぁと思ったので、「うるのん」の開発関係者の方がこのレビューを読んでいたのであれば是非ご検討してみてください(笑)

 

とはいえ、満足度は高いウォーターサーバーですし、3年ほど愛用させてもらっているので過度な期待をするのではなく、安心で安全、美味しいお水とサービスを続けていってもらえれば嬉しいです。

 

美味しいお水だけど少しばかりサービスは不親切かも!?

ボトルの注文方法ですが現在は定期便コースにしているため、特に電話注文やアプリを使ってのやり方はしていません。旅行をしたり、お水が余った時はスキップと言うサービスがあり、時々利用しています。

 

このスキップと言うサービスですが定期便の次回配送をキャンセルすることが出来ます。夏に旅行に行くとその分、水が無駄になるので年に1回は行っています。キャンセル自身は年に2回までなら可能とのことで、3回目以降のキャンセルは一回につき1080円が掛かるとのことです。(2回連続のキャンセルは出来ないようです)

 

配達についてですが、いつも決まった日に配達してもらうようにしています。例えば毎月第一土曜日に配送してもらいたいのであれば、そのような指定が可能です。日にち指定でなく曜日指定が出来るのは個人的に嬉しいです。届けてもらう時間帯も契約時に決めることが出来るので、都合の良い時間帯の指定が出来ます。

 

届ける曜日の変更はやったことがないのですが、前回配送してもらった日から7日以内に変更することで対応が可能とのことです。少し融通が効かない気がしますが、ルールのようですので従うしかありませんね。

 

毎月のノルマはあまり気にしたことがないです。スキップがあるので飲まない期間があればそれをするだけですから。ですが、気になったのでノルマを見てみると月にボトル2本(24リットル)みたいですね。一人暮らしの人で大体この位の水を使うと想定されているようですね。

 

解約のルールは解約したい日の一か月前までにアクアお客さまセンターに連絡をする必要があります。ただし、2年未満の利用の場合、サーバーの撤去代として10800円かかるので利用する場合は2年以上使用することを決めてからが良いです。携帯電話の方式みたいですが、こちらもルールが設定されてある以上、従うしかないですね。

 

個人的にサービスの部分はもう少し、融通がきいてもいいじゃないかなと思っています。スキップというサービスはとても良いのですが、解約に関しては使ってみないとわからない点もありますので、使って一カ月までは解約の条件を緩くするなどあると、より良いサービスになるんじゃないかと思っています。

 

ただ、ボトルのキャップ口にシールがあり、これを集めることによって、様々な特典や品物がもらえます。12枚コースや24枚コース、最大で120枚コースがあり、貯めるごとにお得になって行くのは嬉しいですね。我が家は24枚集めると事実上、一本ボトルがタダになるサービスを利用しています。

 

個人的にはオススメ!だけどコスパを求めるなら別のでもいいと思う

ウォーターサーバーは「うるのん」が初めてなので比較はできないですが、味については満足度が高いです。コンビニやスーパーで買うお水より美味しいのが決め手です。サービスについてはもう少し頑張って欲しい所もありますが、総合的な判断としては今後も継続して購入する予定です。

 

「うるのん」をオススメしたい人としては下記になります。

  • 安全で美味しいお水が飲みたいと考えている人
  • 無料サーバーを使いたいと考えている人
  • 月に24リットル以上のお水を使用している人
  • 2年以上使うことに納得が出来る人

 

逆にオススメ出来ない人は

 

  • ウォーターサーバーでもなるべく安い値段にしたいと考えている人
  • 毎月のノルマに縛られたくない人
  • 2年以上使うかどうか不安な人

 

改善して欲しい点は「解約のルールが少し厳しいので緩くした方が良い」ことですね。我が家は満足しているのでこの点に関してはデメリットと思っていないのですが2年以上使わないと10800円請求されてしまうのは少し納得がいかないと思う方が多いでしょう。

 

以上ですね。ウォーターサーバーを買い替えたいと考えている人、「うるのん」に興味がある人にとって実際に使っている私のレビューで参考になったのであれば良かったです。ウォーターサーバーは色々な種類があるので迷いますが、自身の決め手になるものが見つかるといいですね!

4ヶ月目!『うるのん』の使用感を使ってみた感想

 

大人2人と幼児1人の3人家族で『うるのん』使用中

 

私の家族

私の自宅では、4ヶ月ほど前にウォーターサーバーを導入しました。

 

きっかけは子供に安全で美味しい水を飲ませたいと思ったことと、引越しをして家が広くなったこと、そして災害時の備えとして水の確保がしやすい方法だと考えたことでした。

 

ウォーターサーバーはかなり多くの会社があるため、導入を決めてからはいろいろなサイトで情報収集をして、各社の特徴を調べました。
その結果、うるのんのウォーターサーバーに決定しました。

 

☆サーバーレンタル無料で3年毎に新品のサーバーと交換可

 

うるのん

うるのんは天然水2種類とRO水1種類から水を選ぶことができますが、天然水の場合はウォーターサーバーのレンタル代は無料です。

 

サーバーレンタル代が無料になる会社は結構多くあるようですが、なんとうるのんは3年毎に新品のサーバーと交換してくれるのです。
数多くの会社がある中で、定期的にサーバー自体の交換があるのは、私が調べた限りうるのんだけでした。

 

せっかく美味しいお水を購入するならサーバーも清潔にしておきたいという気持ちが強かったのが、うるのんに決めた一番の理由でした。

 

☆大人2人と幼児1人の3人家族で月々6,000円程度

 

我が家は大人2人と幼児1人の3人家族ですが、3週間に一度12リットル×2本が届くプランを契約しています。1本あたり1,900円なので、1ヶ月当たりの水代は5,000円程度の計算になります。

 

ちなみにウォーターサーバーの電気代は月1,000円程度とのことなので、水とお湯で月々6,000円程度を使用していることになります。

 

☆実際の使用感・感想

 

我が家では基本的には飲料用のみとして使用しており、料理などには使っていませんが、導入後はお水を飲む機会が増えました。3歳児も美味しいというだけでなく、自分でお水を入れるのが楽しいらしく、ごくごく飲んでいます。

 

飲料用だけの場合、冬場は3週間に2本でちょうどいいペースですが、夏場は不足するので、2週間に1本に切り替えるか追加注文をすることになりそうです。

 

温水の温度は80〜90℃でコーヒーや紅茶などの飲料を入れるのにちょうどいい温度です。
ただ、すぐ飲むのにちょうどいい温度なので、入れてから3分待たなければいけないカップラーメンなどの場合、食べる時には少しぬるく感じるかもしれません。

 

うるのんのボトル

うるのんのボトルはペットボトルと同じもので、水が減っていくにつれて少しずつしぼんでいきます。入れ替えた後のボトルは、他のペットボトルと一緒に資源ゴミとして出すことができるので、回収や保管などは必要ありません。

 

とはいえ、それほど小さくしぼんでいるわけではないので、小さめのゴミ箱だとお水のボトルだけでいっぱいになってしまうのが少し難点です。

 

でも基本的にはうるのんを入れて満足しているので、このまま継続して使う予定です。

 

>> うるのん公式サイトへ

 

>> うるのん詳細ページへ

うるのんの宅配水のクチコミ

 

公式サイトへ