富士山のバナジウム天然水を低価格で飲める「フジサンウォーター」

フジサンウォーター
ウォーターサーバーには様々な種類があり、どれにしようか迷っている方もいるでしょう。

そういった方はフジサンウォーターも検討してみませんか?

「あまり有名ではないけれどどんなウォーターサーバー?」
「特徴を知って自分に合っているかよく考えたい」

そういった方のために、フジサンウォーターの基本情報や魅力、注意点などについて紹介していきます。

この記事を読めば料金の詳細やウォーターサーバー契約前におさえておきたいことがわかるので、参考にしてみてくださいね。

フジサンウォーターの基本情報

大手のウォーターサーバーに比べると、まだまだ知名度は高いとはいえません。

ですが、利用者からの口コミは好評で、評価されています。

まずはフジサンウォーターの基本情報からチェックしておきましょう。

重要な項目をまとめました。

宅配エリア 全国
水の種類 天然水
ボトルタイプ ワンウェイボトル(使い捨て)
送料 無料(一部地域、離島除く)
水の料金  基本は12L×2本単位での注文となり、1,490円×2で2,980円。※1本単位での注文は1,890円になります。(税込)
1か月の購入ノルマ 基本は12L×2本。割高にはなるものの1本の注文も可能。
サーバーレンタル代 月1度のボトル購入で無料。購入がなければ1,000円(税込)
サーバーの電気代 約1,000円(33円/日)
サーバーメンテナンス 2年に1度は有料のメンテナンスを強く推奨
1か月の最低維持費 1,890円(税込)~
解約について 契約から1年未満で解約した場合は引取手数料として5,000円(税込)が発生

基本送料が無料となっているのは嬉しいポイントですね。

ほぼ全国に対応しているので安心です。

フジサンウォーターの3つのおすすめポイント

フジサンウォータの大きな魅力として、次の3つが挙げられます。

1. 料金が安い

ウォーターサーバーを導入したいけれど、月々の費用が高いものだと検討できない…という方も多いはず。

一般的に月額費用としては4,000円近く、またはそれ以上するものも多いのですが、フジサンウォーターの場合は2本で3,000円以下に抑えることも可能です。

2. 使い捨てタイプのワンウェイボトル

ワンウェイボトルとは、やわらかいタイプの材質を使っているため、使い終わったら小さくたたんで捨てることが可能です。

回収してもらうまでに保管しておく必要もないため、使用済みボトルの保管について頭を悩ませる必要はありません。

再利用タイプのリターナブルボトルに比べて割高なことが多いのですが、ワンウェイボトルでありながら料金が安いのも大きな魅力です。

3. 1本でも購入できるから一人暮らしでも安心

利用本数の目安は2人暮らしだと月々2~3本となっていますが、1人暮らしの場合は1~2本で済む方が多いので、毎月2本ずつ購入するとどうしても余りやすくなってしまいます。

フジサンウォーターなら1本でも購入が可能となっているため、他社でよくある2本のノルマが達成できない方でも安心ですね。

フジサンウォーターのお水について 成分は?

フジサンウォーターの成分表は、次の通りとなっています。

エネルギー・タンパク質・脂質・炭水化物 0
ナトリウム 6.8mg
マグネシウム 1.8mg
カルシウム 7.4mg

確かな品質を約束するために、採水から天然水の製造まですべて自社工場で行っているのが特徴です。

お水は富士山の地下深くから採水したナチュラルミネラルウォーターとなります。

人工的にミネラルを添加しているRO水とは違い、天然のミネラルが含まれた水です。

必要最低限の処理のみ行い、ミネラルを残しました。

また、糖尿病や生活習慣病の予防に効果があるのではないかと期待されているバナジウムが含まれています。

バナジウムとはミネラルの一つで、フジサンウォーターには0.063mg/Lのバナジウムが含まれている点が決め手になった方もいるようです。

フジサンウォーターのサーバーについて

フジサンウォーターサーバー
ウォーターサーバーのスペックは2種類。

ロングサーバーとなる床置き型と、ショートサーバーとなる卓上型の2種類です。

両方で冷水と温水が楽しめますが、水温が異なるので注意しておきましょう。

ロングサーバー(床置型) ショートサーバー(卓上型)
サイズ(ボトル含む) 幅310mm×奥行310mm×高さ1245mm 幅310mm×奥行310mm×高さ820mm
冷水温度 1~7℃ 0~10℃
温水温度 79.5~95.5℃ 77~93℃
タンク容量(冷水) 1,350cc 2,000cc
タンク容量(温水) 1,800cc 1,600cc
製品重量 17kg 14kg

どちらのタイプも幅と奥行きは同じなのですが、高さに大きな違いがあるので気をつけておかなければなりません。

置き場所に合せて、どちらが向いているか考えてみてくださいね。

フジサンウォーターの利用料金やプラン・電気代について

フジサンウォーターを導入しようと考えた際に気になるのが費用に関することです。

ウォーターサーバーということもあり継続して使っていくことになるわけなので、どのような費用がかかるのかおさえておきましょう。

初期導入費用

初期導入費用としてかかるのはお水の料金のみ。

基本は2本セットなので、12L×2本で2,980円ですね。

ただし、支払い方法として代引きを選択した場合には保証金として5,000円の預託が必要になります。

※1年以上継続すれば解約の際に返金

更に代引選択時は商品お届けのたびに手数料として別途324円(税込)がかかるので注意しましょう。

また、自分で設置ができない場合はヤマトホームコンビニエンス社が有料(1台当り税込5,250円)で設置してくれます。

こちらも必要な場合は初期費用として考えておきましょう。

レンタル料

基本的にレンタル料は無料となっていますが、お水の購入がない月のみ1,000円(税込)のレンタル料が発生します。

お水代

基本は12L×2本単位での注文が必要なので、1,490円×2で2,980円(税込)となりますが、1本単位での購入する場合は12L1本あたり1,890円(税込)になります。

電気代

平均でおよそ1,000円(33円/日)です。

ウォーターサーバーを導入することにより電気ポットが不要になるので、電気ポットに使っていた電気代も浮かせられますね。

さらにいえば、冷蔵庫で水を冷やすのにかかった電気代もなくなります。

配送料

基本無料ですが、一部地域・離島は有料となります。

詳細は別途お見積りが必要なので、自分の地域ではいくらかかるのかについては直接問い合わせてみてくださいね。

フジサンウォーターのお試しや初回キャンペーン情報

現在行われているキャンペーンはありません。

最新のキャンペーンについては公式サイト上に掲載されています。

フジサンウォーターのお申込みと注文方法 

お申込み方法はとても簡単です。

全体の流れを押さえておくと安心して進めていけるでしょう。

追加注文や支払い、引き落としについて詳しくご紹介します。

申込の流れ

電話かインターネットからお申込みが可能です。

電話の場合は案内に従って進めていけばいいだけなので、ここではインターネット申し込みについて流れを解説します。

  1. WEBの申し込みフォームに必要事項を入力して送信する
  2. 専用の契約書が届く
  3. 必要事項を記入し、捺印をして返信用封筒で返送
  4. 商品のお届け
  5. 定期配送

分からないことがあった場合は電話で問い合わせが可能なので、なにかあれば質問してみましょう。

追加注文について

1セット2本単位で追加が可能です。

特に希望がなければ、工場の休日を除いて注文日の翌日に配送されるため、注文から2~3日で到着します。
 。

支払い方法や引き落とし日について

クレジットカードの場合は以下のカードが利用可能です。

引き落とし日はカード会社によって異なるので注意しておきましょう。

  • VISA
  • JCB
  • MASTER
  • AMERICAN EXPRESS
  • ダイナース

他、代引きが選択可能となっています。

フジサンウォーターのメンテナンスやサーバー交換について

安全にウォーターサーバーを使うためにもメンテナンスは非常に大切です。

フジサンウォーターでもしっかりメンテナンスが用意されています。

2年に1回は有料でのメンテナンスを強く推奨していて、これを行わない場合は品質を保証できないとのこと。
選択できるメンテナンスは次の2種類です。

セミセルフサービス4,800円(税込)

佐川急便によるメンテナンス済みのウォーターサーバーと既設のウォーターサーバーを交換する作業です。

水抜きや玄関先までの移動などは自分で行わなければなりません。

フルサービス 8,400円(税込)

ヤマトホームコンビニエンスによるメンテナンスで、すべてお任せできます。

面倒でも費用を安く抑えたい方はセミセルフサービス、費用が高くてもいいので全てやってほしい方はフルサービスを選択しましょう。

フジサンウォーターの疑問や不具合対処法

もしもウォーターサーバーを使っている最中に問題が発生した場合の対処法についてまとめました。

水がでない!対処法はある?

正しくボトルがセットされているか、ボトルの中に水はあるか見てみましょう。

温水が出ない場合は温水スイッチがオンになっているかチェックが必要です。

水のあるボトルをセットしなおしてもやはり出ない場合は、問い合わせてみてくださいね。

フジサンウォーターは引越しの時にどうすればいい?

引っ越しに関して詳細は不明ですが、フジサンウォーターは全国対応となっているため、住所が変わるからといって利用できなくなる心配はありません。

引っ越先でもウォーターサーバーを使いたい場合は電話で連絡を入れ、住所変更手続きを取るのが一般的です。

引っ越し時に必要な手続きや手数料についてはお客様センターに連絡を入れてみましょう。

フジサンウォーターのお客様センターの電話番号と対応時間

0120-517-517/9:00~17:00までお問い合わせに対応しています。

日曜日は受付ていないので、注意しておいてくださいね。

フジサンウォーターを辞めるにはどうすればいいの?

便利なウォーターサーバーではありますが、事情が変わってフジサンウォーターをやめたいと感じる時もあるでしょう。

そういったときに気になる休止や退会、クーリングオフなどについてまとめます。

フジサンウォーターの休止・退会方法や解約金について

休止・解約に関する詳細は次の通りです。

休止制度 定期購入サイクルの10日前までに連絡が必要。なお、1ヶ月以上水の注文がないと月額1,000円(税込)のサーバーレンタル料金が発生
解約方法 コールセンターへ電話連絡、またはWEBフォームからの連絡
解約金 契約から1年未満で解約した場合のみ引取手数料5,000円(税別)

解約金は10,000円以上かかるところも多いので、5,000円は良心的な設定だといえるでしょう。

また、電話で解約連絡をするのは少し気まずい…という方もWEBフォームからの連絡でも済むのは大きな魅力だといえるのではないでしょうか。

フジサンウォーターのクーリングオフはどうすればいい?

契約から8日以内に連絡をしましょう。

期間内なら契約解除が可能です。

返金が発生するケースでは、クレジット決済を選択している場合にタイミングによって課金の取り消しができない場合がありますが、次回請求月に返金されます。

代金引き換えの場合は、指定口座への送金か現金書留での返金も可能です。

※クレジット決済でも希望者は代金引き換えと同じく対応可能

まとめ

いかがでしたか?

フジサンウォーターの基本情報や特徴、解約などについてご紹介してきました。

契約前にしっかり押さえておきたいポイントをまとめると、次の3点です。

ここがポイント

  • 1ヶ月の最低維持費用は1,890円(税込)~と安め
  • 使い捨てのワンウェイボトルだから保管場所に困らない
  • サーバーメンテナンスは有料となるので注意

フジサンウォーターとはどのようなウォーターサーバーなのか知りたい方や、自分に向いているか判断したい方はぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

評価平均  0(5段階評価) 
   
口コミ数 0 
感想をお寄せください。
1
2
3
4
5
送 信
     
キャンセル