賢い主婦は水代だけでなく電気代も計算する

水代と電気代という観点で安いウォーターサーバーを選ぼう

水代もメーカーによって倍以上の差が出ます。同じように電気代もメーカーによって倍以上の差が出るのです。この2点を忘れずにいろいろと各社のウォーターサーバーを比較してみましょう。これは1年だと万単位での違いが出るほど重要な選別ポイントなのです。

 

賢い主婦は、あらゆるところで節約して家計を切り盛りしています。ウォータ−サーバーも毎月ある程度の出費となるので安全なのであればできるだけ安いものを選びたいと思うことでしょう。そこで1L付きいくらになるのかなどを計算し選ぶ人が多いようですが、もう一つ見落としがちな節約ポイントがあるのです。それは電気代。電気代がいくらかかるのかを無視すると総合的には全く節約にならないということもあるのです。

 

ウォーターサーバーの電気代の影響

ウォーターサーバーは熱湯が出ます。あるウォーターサーバーは冷水も出ます。どうしてですか?電気を使って暖めたり冷やしたりしているからです。この電気を使っての温度調節はとってもお金がかかります。ウォーターサーバーの平均消費電力量は600wくらいです。30分につき3分ほど沸かすとすれば1日での電力量は1440wとなり、これは1日でおよそ35円ほどかかる計算になります。1ヶ月だと1000円強の電気代がかかるという計算になるでしょう。さらに冷却機能もあるとすると、この倍の2000円強の電気代がかかるという計算になります。あるメーカーは設計が悪く消費電力が800wとなっているものもあります。それだと電気代は1400円ほどになる計算です。一部のメーカーはこの点に注目し、節電機能を搭載したウォーターサーバーを開発しました。これにより電気代が700円ほどに抑えられています。つまり毎月の水代が100円安いからこのメーカーにしようと思っても、加熱、保温、冷却の電気代はいくらかという観点から考えるのを怠ると何の意味もないということなのです。電気代を安く上げるためにはウォーターサーバーのどこに注目したらいいのでしょうか?

 

省エネ機能がついているか

先ほども述べたとおり省エネモードがついているものだと電気代が300円は安くなります。まずはこの省エネモードがついてるかに注目しましょう。フレシャスなどは省エネモードがついているウォーターサーバーを扱っているメーカーとして有名です。

 

加熱、冷却それぞれにスイッチがついているか?

夏場は加熱入らないのでスイッチオフ、冬場は冷却がいらないスイッチオフするとかなりの電気代節約となります。加熱と冷却それぞれにスイッチがついているものを選ぶのは毎月1000円単位で節約する重要ポイントです。

ウォーターサーバーコスト一覧
タイプ
/水の種類
500mlあたり
/サーバー代
配送エリア
/送料
詳細

コスモウォーター

約49円〜
/無料
本州・四国・九州
/無料
コスモウォーター

アクアクララ

約50円〜
/1ヵ月1000円1500円
全国
/無料
アクアクララ

うるのん

約75円
/一部無料
全国
/無料
うるのん

クリクラ

約52円
/無料(条件あり)
全国
/無料
クリクラ

フレシャス

約73円〜
/無料
全国
/無料
フレシャス

アクアセレクト

約60円
/無料
全国
/無料
アクアセレクト

アルピナウォーター

約39円
/1ヵ月572円
全国
/無料
アルピナウォーター

ブルーウォーター

約79円〜
/無料
全国
/無料
ブルーウォーター

クリティア

約72円
/無料
全国
/無料
クリティア

ハワイウォーター

約55円
/無料
全国
/無料
ハワイウォーター