月間のトータルコストを計算して安くて人気のウォーターサーバーを選ぼう

ウォーターサーバーを設置すると安全でおいしい水を毎日手軽に楽しめます。

そこで導入を考えていらっしゃる方も沢山いるでしょう。しかし同時に…

「月額費用が気になる」
「どれくらいのコストがかかるのか分からない」

といった悩みも。そこで今回は極力コストを抑えつつ楽しめる、安いウォーターサーバーを紹介していきましょう。

この記事を読むと、リーズナブルなウォーターサーバーを選ぶためのヒントを得られます。ぜひ、ご活用してください。

月額費用の安いウォーターサーバーを見つける5つのポイント

ウォーターサーバーの月額費用を安く抑えるには次の5つのポイントに注目することが大事です。

  1. 水代
  2. サーバーレンタル代
  3. 送料
  4. 電気代
  5. メンテナンス費用

それぞれ1つずつ解説していきましょう。

1. 水代(ボトル代)

ウォーターサーバーで最も費用のかかる部分です。そのため水代が安いウォーターサーバー業者を選ぶのがコツになってきます。

ウォーターサーバーが業者が取り扱っている水にはいろいろな種類がありますが、大きく分けると次の2つになります。

  • RO水
  • 天然水

RO水は水道水などを特別なフィルターでろ過し、真水に近い、極めて清潔な状態の水になります。

同時にミネラルなどの栄養素も取り除かれているので、味にくせがなく、小さな子どもや赤ちゃんでも安心して飲めるのが特徴です。ミルク作りなどにも適しています。

一方の天然水は、ほとんど自然のままの状態の水で、採水したものをボトリングしています。ミネラルが豊富で、健康効果や美容効果が期待されています。

RO水の方が天然水より安い

価格面で比較すると、RO水の方が天然水よりも安いです。大量生産しやすい、運搬コストが少ないといった点が価格に反映されています。

RO水で安いウォーターサーバー

RO水を取り扱っているウォーターサーバー業者の中で、価格の安いものを表にまとめると次のようになります。

製品名 お水代(500mLあたり)
アルピナウォーター 約39円
クリクラ 約52円
アクアクララ 約50円
エフィールウォーター 約60円
ハワイアンウォーター 約73円

天然水で安いウォーターサーバー

天然水を取り扱っているウォーターサーバー業者の中で、価格の安いものを表にまとめると次のようになります。

製品名 お水代(500mlあたり)
コスモウォーター 約49円
アクアセレクト 約60円
プレミアムウォーター 約73円
フレシャス 約73円
サントリーウォーターサーバー 約74円
うるのん 約75円
ブルーウォーター 約79円

2. サーバーレンタル代

ウォーターサーバー本体はレンタルされていることがほとんどです。そしてありがたいことに、ほとんどの業者がレンタル代金を無料としています。

しかしレンタル代以外に、月々に発生するコストとして「最低注文ノルマ」が設けられていることがあり、注意が必要です。

最低注文ノルマ

業者によっては1ヶ月間で最低限注文しなくてはならない本数が決まっています。

例えば毎月10Lのノルマが課せられていて、7Lしか消費できなかったとすると、残りの3Lは無駄になってしまいます。

そのため、自分の生活の中で無理なく消費できる注文ノルマの業者を選ぶ必要があります。

サーバーレンタル代とノルマの有無を比較

各ウォーターサーバー業者のサーバーレンタル代と注文ノルマは次の表の通りです。

製品名 レンタル代金(月額) 注文ノルマ
コスモウォーター 無料 12L×2本
アクアセレクト 無料 ワンウェイ:1箱3パック(24L)
ツーウェイ:1箱2本(22.7L)
プレミアムウォーター 無料 12L×2本
フレシャス 無料 dewo:7.2L×4個
dewo mini:7.2L×4個
slat:9.3L×2本
siphon+:7.2L×4個
siphon slim:7.2L×4個
アルピナウォーター 572円 12L×3本
うるのん 無料 12L×2本
ブルーウォーター 無料 12L×2本
クリクラ 1,000~1,500円 12L×2本
アクアクララ 無料 無し(配達は12L×2本から)
ハワイアンウォーター 0円~300円 12L×2本または8L×3本
エフィールウォーター 300円 11.3L×3本
サントリーウォーターサーバー 無料 7.8L×3箱

3. 送料

ウォーターサーバーの送料は基本的に無料となっています。ただし北海道や沖縄、離島の一部は送料がかかってしまうこともあります。

4. 電気代

サーバーの種類によって月にかかる電気代が随分と違います。電気代を抑えるには次の2点に注目しましょう。

  1. 省エネモードの有無
  2. サーバーごとの電気代

それぞれ解説します。

省エネ(ECO)モードの有無

電気代を極力安く抑えるためには「省エネモード(ECOモード)」を搭載しているモデルを選ぶのが効果的です。

モデルにもよりますが、省エネモード搭載サーバーはそうでないモデルと比べて半分近くまで電気代に抑えられます。

電気代の安いウォーターサーバーを比較

各メーカー、省エネ対応、そして1ヶ月あたりの電気代の目安を表にまとめると次のようになります。

メーカー名 製品名 省エネ(ECO)モード 電気代/月額
コスモウォーター smartプラス 465円
スタイルセレクト 700円
アルピナウォーター エコサーバー 470円
スタンダード × 800円
クリクラ 省エネサーバー 572円
通常Lサーバー × 1,000円
アクアセレクト ワンウェイ × 750円
リターナブル × 680円
エフィールウォーター エフィールウォーター × 1,000円
Kirala(キララ) キララスマートサーバー 800円
うるのん スタンダードサーバー × 1,000円
プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ(ロングタイプ) 600円
スリムサーバーⅢ(ショートタイプ) 600円
スタンダードサーバー × 1,080円
アクアクララ アクアファブ × 800円
アクアアドバンス 350円
アクアスリム × 700円
クリクラミオ クリクラミオサーバー × 700円
ハワイアンウォーター エコサーバー 470円
スタンダードサーバー × 800円

5. メンテナンス費用

半年に1回、年に1回など定期的にメンテナンスを行うことでウォーターサーバーの清潔を保ちます。

毎月の支払い額に含まれているものもあれば、別途必要になるメーカーもあるので必ずチェックしておきたいところ。

各メーカーごとのメンテナンス費用は以下の表の通りです。

メンテナンス料 内容
コスモウォーター 0円
アクアセレクト 3,090~5,400円/回
※一部サーバーは本体返送料が自己負担
本体のパーツ交換・洗浄殺菌処理
プレミアムウォーター 0円
フレシャス 0円
アルピナウォーター 0円 サーバー本体の定期交換
クリクラ 450円/月 サーバー本体の定期交換
うるのん 0円 サーバー本体の定期交換
ブルーウォーター 0円
アクアクララ 0円 本体のパーツ交換・洗浄殺菌処理
ハワイアンウォーター 0円
※水素水サーバーは6,000円/回
サーバー本体の定期交換
エフィールウォーター 756円/月 サーバー本体を定期交換
サントリーウォーターサーバー 0円
※表示価格はすべて税抜

1ヶ月の消費量でコスパが変わる!

ウォーターサーバーは月々の消費量に応じてコスパが変わってきます。ボトル1本の価格で選ぶのがスタンダードな方法ですが、無駄に購入して余らせてしまうのはもったいないですよね。

そのため、毎月の自分の使用量を把握したうえで適切なプランを立てていかなくてはなりません。

ある程度の目安として次の表を参考にしてみてください。

飲用水(お水、コーヒー、お茶など)で使用した時の目安

ウォーターサーバーは飲み水にしか使わない!という方はさほど多くなくても大丈夫です。もちろん夏・冬と季節によって使用料が変わってくるでしょうが、おおむね次の表を参考にしてもらえれば大丈夫でしょう。

世帯人数 消費量目安
一人暮らし 20L(ボトル1.7本/月)
2人世帯 30L(ボトル2.5本/月)
3人世帯(夫婦+子供1名) 36L(ボトル3本/月)
4人世帯(夫婦+子供2名) 48L(ボトル4本/月)
5~6人世帯 60L(ボトル5本)/月)

料理にも使用する人は消費量が2割アップ

飲用水に加えて料理…例えばスープや炊飯などにもウォーターサーバーを使う場合は「2割増」で考えると分かりやすいです。

表にまとめると以下のようになります。

世帯人数 消費量目安
一人暮らし 24L(ボトル2本/月)
2人世帯 36L(ボトル3本/月)
3人世帯(夫婦+子供1名) 48L(ボトル4本/月)
4人世帯(夫婦+子供2名) 60L(ボトル5本/月)
5~6人世帯 72L(ボトル6本/月)

【世帯別】コスパに優れたウォーターサーバーランキングTOP3

ここからは安いだけではなく、コストパフォーマンスに優れた1台をランキング形式でみていきましょう。

次の4つの世帯構成ごとで紹介するので、参考にしてみてください。

一人暮らし二人家族三人家族四人家族

▼ランキングの観点

  • 使い勝手がいい
  • リーズナブルであること
  • 1人でも簡単にボトル交換ができる

ランキングバナー

アルピナウォーターの商品画像

北アルプスの美味しいお水♪アルピナウォーター

こちらはリーズナブルな費用にも関わらず、高品質な天然水を採用しています。

また注文ノルマが指定されていないので、初めてウォーターサーバーを検討している方にピッタリです。

平均水代(RO水) 1,560円
サーバーレンタル代 572円~(地域によって異なる)
送料 無料
電気代 650円~
月額料金合計の目安 2,782円~

ランキングバナー

フレール商品画像

フレールは水代がリーズナブル!

独自の技術である「エコバッグ」に入った、安全な水を提供するフレール。

2ステップの水交換が楽なので、女性の一人暮らしの方におすすめしたい1台です。

平均水代(RO水) 1,720円
サーバーレンタル代 900円
送料 無料
電気代 800円
月額料金合計の目安 3,020円~

ランキングバナー

クリクラ商品画像

多くの方から支持されるサーバーのクリクラ♪

クリクラは、定期メンテナンスサービスをおこない、サーバーの衛生面を保ってくれるメーカーです。

小さな6Lサイズのボトルもあるので、力に自信のない方もぜひ検討してみてください。

平均水代(RO水) 2,080円
サーバーレンタル代 無料
送料 無料
電気代 1,000円
月額料金合計の目安 3,080円~

▼ランキングの観点

  • デザイン性に優れていること
  • リーズナブルであること
  • 空き容器の処理が楽であること

ランキングバナー

コスモウォーターの製品画像

新しくなったsmartプラスは2人暮らしのインテリアに最適!

グッドデザイン賞を受賞したサーバーを提供するコスモウォーター。

4種類の色から選べるので、部屋の雰囲気にあったウォーターサーバーを探している方にベストな1台です。

平均水代(天然水) 5,840円
サーバーレンタル代 無料
送料 無料
電気代 436円
月額料金合計の目安 4,596円~

ランキングバナー

クリクラ商品画像

クリクラは安心・安全なRO水

クリクラは、メーカーが空き容器を回収するリターナブル式ボトルを採用しています。

12Lボトルが1本もらえるキャンペーンを実施しているため、初めて導入する方にピッタリです。

平均水代(RO水) 4,160円
サーバーレンタル代 無料
送料 無料
電気代 535円
月額料金合計の目安 4,695円~

ランキングバナー

フレール商品画像

女性やお年寄りでも取り扱いしやすいウォーターパック

スタイリッシュな見た目のウォーターサーバーが魅力のフレール。

子供でも持てる6.2Lの軽量ウォーターパックは、ごみを削減したい方におすすめしたい1台です。

平均水代(RO水) 3,440円
サーバーレンタル代 500円
送料 無料
電気代 800円
月額料金合計の目安 4,740円~

▼ランキングの観点

  • 赤ちゃんも飲める軟水を扱っていること
  • リーズナブルであること
  • 設置スペースをとらないこと

ランキングバナー

アルピナウォーターの商品画像

北アルプスの美味しい水♪アルピナウォーター

アルピナウォーターの水は、天然水をRO膜処理し99.9%の不純物を除去した硬度の低い水が利用できます。

サーバーは、横幅31cm×奥行33cmとスリムなので、スペースをとりたくないという方におすすめです。

平均水代(RO水) 4,680円
サーバーレンタル代 572円~(地域によって異なる)
送料 無料
電気代 650円~
月額料金合計の目安 5,902円~


ランキングバナー

フレール商品画像

今ならサーバーレンタル料3ヶ月¥0!!

フレールは、天然水をろ過したRO水を提供しています。

水は6.7Lと軽量なので、ミルク専用のウォーターサーバーとしても活躍し、忙しいママやパパに最適です。

平均水代(RO水) 5,160円
サーバーレンタル代 500円
送料 無料
電気代 800円
月額料金合計の目安 6,460円~


ランキングバナー

コスモウォーターの製品画像

足元置きだから、水交換が苦にならない

家庭に合わせてチャイルドロックを選択できる点が、高い評価を受けているコスモウォーター。

水の追加注文がWEBの会員ページから簡単におこなえるため、子育てや仕事などで忙しい方も安心です。

平均水代(天然水) 8,740円
サーバーレンタル代 無料
送料 無料
電気代 436円
月額料金合計の目安 9,176円~

▼ランキングの観点

  • 小さな子供がいる家庭でも安心して使えること
  • リーズナブルであること
  • 料理にも向いていること

ランキングバナー

アルピナウォーターの商品画像

コンパクトな軽量8kgボトルのアルピナウォーター!

アルピナウォーターは、北アルプスの天然水を使った赤ちゃんに優しいピュアウォーターが利用できます。

希望があれば冷水にもチャイルドロックをつけられるので、小さな子供がいる家庭にもピッタリです。

平均水代(RO水) 6,240円
サーバーレンタル代 572円~(地域によって異なる)
送料 無料
電気代 650円~
月額料金合計の目安 7,462円~


ランキングバナー

フレール商品画像

赤ちゃんにも優しい!まろやかな軟水のフレール

フレールは、スタイリッシュなサーバーが多くの女性から人気を集めています。

水は6.7Lと使いやすい量なので、料理専用にウォーターサーバーを導入したい方は検討してみては?

平均水代(RO水) 6,880円
サーバーレンタル代 500円
送料 無料
電気代 800円
月額料金合計の目安 8,180円~

ランキングバナー

コスモウォーターの製品画像

家計にも優しい!省エネ設計のsmartプラス

こちらは1本分の水量が12Lなので、飲み水だけでなく料理やコーヒー作りにもたっぷり使えて便利です。

またボトル交換が楽で負担が少ないので、子育て中の方や妊娠中の方もぜひ選択肢にいれてみてください。

平均水代(天然水) 11,680円
サーバーレンタル代 無料
送料 無料
電気代 436円
月額料金合計の目安 8,756円~

ペットボトルとウォーターサーバーはどっちが安い?

手軽においしい水を楽しむ定番といえばペットボトルも挙げられます。そこで気になるのが「ペットボトルとウォーターサーバーはどっちの方が安いんだろう?」ということ。

もちろんペットボトルにはペットボトルならではのメリットがありますが、トータルのコスパで見るとウォーターサーバーの方が安く済ませられます。

またコスト面だけでなく、使い勝手、運用方法においてもウォーターサーバーにメリットがあるのも注目。

詳しくは下の記事にて解説しているので参考にしてください。

まとめ

ということで今回は安いウォーターサーバーの選び方、比較方法について紹介しました。ポイントを振り返ってみましょう。

ここがポイント

  • 水代、レンタル代など、料金には5つの比較ポイントがある
  • 1ヶ月の消費量でコスパが変わってくる
  • 世帯別にベストなウォーターサーバーを選ぶのも大事!

以上3点が挙げられます。

「我が家に最適な安いウォーターサーバーはどれだろう?」
「何を基準に選んだらいいのかな?」

といった方は今回の記事を参考に、コストパフォーマンスに優れたウォーターサーバーを選んでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする