えっこれがウォーターサーバー!と思うような商品があるのです

ウォーターサーバー選びの注目ポイントの一つはデザインです。なぜデザインが重要なのかというと、例えばせっかく部屋全体を黒系統でシックな内装をしているのに、結構場所をとって目立つウォーターサーバーだけが味気のない白色だと浮いてしまいます。おしゃれな部屋が増えているので、その分インテリアの一つとして、ウォーターサーバーもデザインも重要となってきました。幾つかのメーカーはデザイン重視で「えっ、これがウォーターサーバー」というようなおしゃれなものも増えています。デザインに特徴があるウォーターサーバーを幾つか紹介しましょう。

 

アマダナデザインのウォーターサーバー

 

宅配水メーカーのクリティアと有名なデザインメーカーAMADANAが提携し作り上げたのが、とってもハイセンスなアマダナデザインのウォーターサーバーです。デザインのよさは、誰もが一度見たら欲しくなるほど素敵な木彫風で、家だけでなく、会社の休憩室のドリンクコーナーや会社の受付にもぴったり合うデザインのものです。おしゃれな上、内部を加熱殺菌するクリーンシステム搭載しているのも魅力でしょう。

 

>> クリティアのページ

 

サイフォンタイプのウォーターサーバー

 

宅配水メーカーのフレシャスが開発したSIPHON(サイフォン)タイプのウォーターサーバーCARRIO(キャリオ)で、これはパッと見、ウォーターサーバーとは分かりません。まるでコーヒーメーカーのようです。おしゃれなデザインだけでなく、色も女性の部屋に合うシャンパンピンク、フローリングのお部屋に合うアンバーブロンズ、モダンな雰囲気にマッチするクールブラックの3種類から選べます。先ほどのAMADANAデザインのものと並んで、抜群のセンスを誇る2大ウォーターサーバーと言えるでしょう。

 

>> フレシャスのページ

 

グッドデザイン賞受賞のウォーターサーバー「スラット」

 

 

宅配水メーカーのフレシャスから出ている、とてもオシャレなウォーターサーバー「slat(スラット)」。スラットはそのデザイン性と使いやすさから、2016年のグッドデザイン賞を受賞しました。

 

従来の家庭用ウォーターサーバーというと、“なるべく見えないところ”に置くもの。しかしスラットは、キッチンやリビングの“見えるところ”に置きたくなるようなデザインの良さだけでなく、日々の生活での利用シーンにぴったり合う利便性をも兼ね備えています。

 

スラットのカラー展開はシンプルな2色、ホワイトとブラックが用意されています。どちらも全体はツヤ消しされたマットな質感で、幅広いテイストのインテリアに馴染みます。給水部分のみツヤのある鏡面仕上げになっており、そのコントラストから高級感が漂います。

 

スラットの良さはデザインだけに留まりません。用途や好みに合わせて通常の「冷水」、「温水」と、「常温水」、「高温水」、「70度温水」といった、複数の温度設定でご使用頂けます。常温水は健康を気にされる方に人気で、高温水はカップラーメンなどに便利。そしてエコな70度温水は、赤ちゃんのミルク作りに最適です。

 

その上、スラットには画期的な節電機能が搭載されており、大幅な電気代の節約が可能。全ての節電機能を使用すれば、なんと月々の電気代は最低約380円で収まります。

 

スラットは使いやすさにもこだわりが。使い捨ての潰せるボトルを下部分に収納したことにより、給水口が上部にあり立ったままのラクな姿勢で使用することができます。小さなお子様のいる家庭に嬉しいチャイルドロック機能も搭載。

 

スラットはあなたの日々の生活に優しく寄り添ってくれる、そんなウォーターサーバーです。

 

>> フレシャス『スラット』のページ

 

まだまだデザイン向上は必要課題

ウォーターサーバーはデザイン以外にも、水質、水の取替えが簡単、コスト、節電機能の充実など優先して取り組まなくてはいけない事柄が多いためにデザイン向上はどうしても後回しになっているようです。上記3つの商品以外はデザインとしてはウォーターサーバーの域を出ないものばかりです。しかしデザインがおしゃれなものは、積載水量が少なかったり、サーバーのレンタル料が高かったり不便なことも多い傾向があるので、何を重要視するかによってウォーターサーバー選びは変化することになるでしょう。