ウォーターサーバーを実際に使ってレビューで比較!口コミ情報から見た本当のおすすめはここ!!

ウォーターサーバーは、費用が意外とかかったり、一度導入すると数年は使わなければいけないなど、どうしても一歩踏み出すのには勇気がいりますよね。

「せっかく契約するなら失敗したくない!」

というのが皆さんの本音のはずです。

当サイトでは、後悔しないためのウォーターサーバーの選び方、おすすめの宅配業者をあらゆる点から比較し、ランキング形式で紹介しています。

実際に使用している方々の口コミも集めましたので、安心してウォーターサーバーを選べるようになるでしょう。

【2019年最新版】当編集部おすすめの高品質なウォーターサーバー3選!

1. コスモウォーター

評価

クチコミ 35件
総合評価 4.46
コスモ画像
販売台数100万台ヒットの大人気!使い勝手とコスパのバランスが抜群のウォーターサーバー

累計販売台数でミリオンセラーを達成している人気のコスモウォーター。

シンプルで使いやすいことが評価され、グッドデザイン賞も受賞しました。

天然水は全国3箇所から採水を行い、産地直送でお届けしています。

発生する費用は水の代金だけなので、わかりやすい料金設定のウォーターサーバーを探している人には強い味方になる1台です。

毎月の使用量目安

【スマートプラス】
ひと月あたり
消費量目安 料金
1人 12L 約4,265円~
2人 24L 約4,265円~
3人 54L 約8,065円~
4人 68L 約11,865円~

※【水代+レンタル料+電気代+その他費用】を当サイト独自に計算しました。実際の価格とは異なりますので詳しくは公式サイトでご確認下さい。
※表示価格はすべて税込

2. フレシャス

評価

クチコミ 30件
総合評価 4.27

フレシャス画像

機能性とデザイン性を兼ね備えた顧客満足度の高い人気ウォーターサーバー!
日本顧客満足度ランキング第1位に輝くほど人気のメーカーです。

機能性とデザイン性に優れており、さらに省エネ機能で月々の電気代を抑えることができます。

こだわりの天然水は無菌エアレスパック使用で、空気に触れないので衛生面において安心して使うことができます。

実用性を追及する方には、うってつけの1台です。

毎月の使用量目安

【フレシャスdewo】
ひと月あたり
消費量目安 料金
1人 12L 約5,390円~
2人 24L 約5,390円~
3人 54L 約9,450円~
4人 68L 約14,010円~

※【水代+レンタル料+電気代+その他費用】を当サイト独自に計算しました。実際の価格とは異なりますので詳しくは公式サイトでご確認下さい。
※表示価格はすべて税込

3. プレミアムウォーター

評価

クチコミ 32件
総合評価 4.25

プレミアム画像

高品質な天然水と6種類の豊富なデザインから選べるプレミアムウォーター

スタンダードなタイプからデザイン性を重視した機種まで幅広い1台を提供しているプレミアムウォーター。

採用している天然水は「非加熱処理」によって徹底的に品質管理されており、安心して水を味わえるでしょう。

スタイリッシュな家電を提供するamadanaとのコラボを始め、豊富なデザインの中から好みにあったタイプを選べます。

インテリアにも馴染むオシャレな1台を探している方には、おすすめのメーカーです。

毎月の使用量目安

【スリムサーバーⅢ】
ひと月あたり
消費量目安 料金
1人 7L 約3,900円~
2人 24L 約4,300円~
3人 54L 約7,980円~
4人 68L 約10,460円~

※【水代+レンタル料+電気代+その他費用】を当サイト独自に計算しました。実際の価格とは異なりますので詳しくは公式サイトでご確認下さい。
※表示価格はすべて税込



ウォーターサーバー 絞り込み検索

都道府県

ボトルタイプ

水のタイプ

サーバーレンタル

ボトル設置タイプ

こだわり条件

- 件該当


目次

ウォーターサーバーを導入する4つのメリット

コスモウォーターの使用風景

ウォーターサーバーを、病院や飲食店などで見かけたことのある方も少なからずいるでしょう。

しかし近年では、以下4つの魅力からオフィスや自宅に導入する方も増えています。

  • 自宅で上質な水を手軽に利用できる
  • 冷水・温水をいつでもすぐに使える
  • 店頭で水を購入する手間が省ける
  • 災害時の備蓄水として役立つ

ウォーターサーバーは、水をそのまま飲むだけでなく赤ちゃんのミルク作りや料理など、幅広い場面で役立てることができるため、非常に便利です。

おさえておきたいウォーターサーバーに必要な5つの費用

ウォーターサーバーを使う上で必要になる主な費用は、次の5つです。

  1. 水代
  2. サーバーレンタル料
  3. 電気代
  4. 水の送料
  5. メンテナンス料

下表にて、ウォーターサーバーの月額費用を、利用人数別で予測してみたのでご覧下さい。

内訳 利用人数
1人 2人 3人 4人
水代 約1,200~1,900円/本 約2,400~3,800円/本 約3,600~5,700円/本 約4,800~7,600円/本
サーバーレンタル料 約0~1,000円/月
水の送料 約0~1,000円/月
メンテナンス料 約0~500円/月
電気代 約400~1,200円/月
月額費用の目安 約1,600~2,900円/月 約2,800~4,800円/月 約4,000~6,700円/月 約5,200~8,600円/月
※表示価格は全て税抜

レンタル料やメンテナンス料などは、メーカーや機種などによって無料になる場合があります。

好みのウォーターサーバーが見つかったら、計算してみましょう。

知って得するウォーターサーバーの水の基礎知識

ここでは、ウォーターサーバーの水について解説します。

ウォーターサーバーで使える2種類の水

天然水とRO水の違い
ひと口にウォーターサーバーといっても、どれも同じ水を提供しているわけではありません。

ウォーターサーバーで利用できる水は、次の2種類です。

  • 自然由来のミネラルを含んだ「天然水
  • 不純物をほとんど取り除いた「RO水

それぞれの水の特徴を以下でまとめたので、参考にしてみて下さい。

天然水RO水
  • 特定の水源から採水されているので安全
  • 味わいがあっておいしい
  • ミネラルをバランスよく補給できる
  • ペットにも安心して与えられる
  • お手頃価格の水が多い
  • ミネラルを含まない純水もある

各メーカーごとで、取り扱っている水の種類が異なるため、契約前に確認しておくといいでしょう。

国内のウォーターサーバーは「軟水」を飲める

軟水と硬水
水は、カルシウムとマグネシウムの含有量を表す「硬度」により、下表の通り3種類に分けられます。

水の種類 硬度 特徴
軟水 0~100mg/L 口当たりが軽く飲みやすい
中硬水 100~300mg/L すっきりとしたのど越し
硬水 300mg/L以上 苦く飲みごたえがある

日本国内で取り扱っているウォーターサーバーの水は、軟水です。

軟水はミネラルの量が控えめな分、内臓への刺激が少ないため、赤ちゃんや小さな子供も飲むことができます。

それぞれの水の特徴などについての詳細は、次の記事で説明しているのでご覧下さい。

水の性質はpH値で決まる

身近なもので表すph値の基準
水は、性質を表す数値「pH(ピーエイチ)」により、以下の表の通り分類されます。

pH 水の性質
5.7以下 酸性
5.8~6.9 弱酸性
7.0 中性
7.1~8.6 弱アルカリ性
8.7以上 アルカリ性

pH値が低い水ほど酸味が強く、逆にpH値が高い水ほど苦味やヌメリが強くなります。

ちなみに飲料水に適した水は、pH値がpH7.0~7.4程度の中性~弱アルカリ性の水です。

なお、国内のウォーターサーバーで利用できる水は、弱アルカリ性の水が多くなっています。

理想のウォーターサーバーを選ぶ時の9つの鉄則

ここでは、失敗しないウォーターサーバー選びのポイントを9点紹介します。

こちらを参考にすると、あなたにぴったりの機種を見つけることができるので、ぜひ目を通しておきましょう。

1. サーバーレンタル料の有無を確認する

レンタル料の有無は、月額コストに大きく影響するため必ずチェックしましょう。

ウォーターサーバーのレンタル料は、メーカーや機種によっては無料のケースもあります。

ただし、レンタル料が無料であっても、メンテナンス料や送料などの別の部分で料金がかかることもあるため、注意が必要です。

2. 月々のランニングコストを予測する

毎月の支払いがどのくらいになるのか、事前に確かめておきましょう。

例えば、「アクアクララ アクアスリム」の最低月額コストを計算すると、以下のように予測できます。

機種 アクアスリム(床置きタイプ)の外観
アクアクララ アクアスリム
水代(12L) 1,200円×1本
レンタル代 0円
電気代 約700円~/月
送料 0円
メンテナンス料 0円
その他 あんしんサポート料…1,000円/月
最低月額コスト 2,900円~/月
※表示価格は全て税抜

検討しているウォーターサーバーがあれば、こちらを参考にランニングコストを計算してみて下さいね。

なお次の記事で、コストを抑えられる機種などについて紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さい。

3. お得なキャンペーンやプランをうまく活用する

多くのメーカーでは、様々なキャンペーンやプランをおこなっているので注目してみましょう。

例をあげると、以下4つのキャンペーン・プランなどがあります。

実施メーカー
無料お試しキャンペーンアクアクララ
富士桜命水 など
乗り換えキャンペーンコスモウォーター
クリクラ など
赤ちゃんプランフレシャス
プレミアムウォーター など
プレゼントキャンペーンフレシャス
アルピナウォーター など

ウォーターサーバーを初めて導入する方は、無料お試しキャンペーンの利用がおすすめです。

また、妊婦さんや赤ちゃんがいる方は、お得なプランを用意しているメーカーもあるのでチェックしてみましょう。

4. ウォーターサーバーのサイズ・デザインで選択する

ウォーターサーバーのサイズは、大きく分けると次の2種類があります。

卓上型床置型
フレシャス dewo miniホワイトの外観フレシャス dewoホワイトの外観

ほとんどのウォーターサーバーが床置型ですが、場所をとりたくない方はカウンターなどに設置できる卓上型を検討してみましょう。

また、インテリアにこだわりのある方は、デザイン性に優れた機種がうってつけです。

以下の記事では、スタイリッシュなウォーターサーバーを紹介しているのでぜひ目を通してみて下さい。

5. サーバーの機能面をチェックする

ウォーターサーバーの中には、冷水・温水機能の他に、様々な機能が付いた高性能な機種もあります。

機能の例として、次の6つがあげられます。

チャイルドロック クリーン機能 省エネ機能
コスモウォーターのチャイルドロック フレシャスdewoのクリーン機能 cado×プレミアムウォーターのエコモード
子供の誤操作を防ぐ サーバー内を衛生的に保つ 電気代を抑える
再加熱機能 常温水機能 自動再注文機能
Slatのリヒート(再加熱)機能 cado×プレミアムウォーターの常温水モード フレシャスの自動注文
高温水が出せる 約15℃前後の水が飲める 消費量に合わせて水を自動で再注文する

使い勝手のいい機種を探している方は、上記の便利な機能がついたウォーターサーバーを選択肢に入れてみて下さい。

6. ボトルの種類・水交換のしやすさで決める

水交換がしやすいウォーターサーバーを検討する時は、水が入った容器の種類やサーバーの特徴に注目しましょう。

まず、主な容器は下表の3種類があります。

リターナブルボトル
(ガロンボトル)
ワンウェイボトル
(ウォーターボトル)
ウォーターパック
ガロンボトル ウォーターボトル ウォーターバック
▼容器自体がやや重め
▼丈夫で水漏れの心配がない
▼メーカーが回収する
▼リターナブルボトルより軽量
▼12L以下の軽量ボトルもあり
▼家庭で処分できる
▼場所をとらない
▼軽量だが水の量が少なめ
▼小さく畳んで捨てられる

ワンウェイボトルやウォーターパックは、軽量なので持ち上げる時に力があまり必要ありません。

次に、水交換がしやすいウォーターサーバーの特徴は、以下4つなどがあります。

  • ボトルを下に設置するタイプ
  • 軽量ボトルが使えるタイプ
  • ウォーターパックが使えるタイプ
  • 水道水対応タイプ

こちらを参考にすれば、少ない負担で水交換ができるウォーターサーバーを選べるはずです。

以下の記事では、水交換が楽にできる機種などを紹介しているので、ぜひ確かめてみて下さい。

7. 水の注文数・ノルマの有無を把握する

水の注文数は各家庭の水の消費量に合わせて決めることが最適です。

また、定期配送を行っているメーカーは、月の最低注文数が定められているため、ノルマが設けられていることが多いです。

メーカーによっては、定期配送を一時お休み(スキップ)できるので、うまく活用すると良いでしょう。

もちろんノルマがないメーカーもあるため、自分のペースで水を購入したい方はノルマがないウォーターサーバーがおすすめです。

代表的なメーカー 水の注文 最低注文数 配送スキップ機能
コスモウォーター 定期配送
(ノルマあり)
月に2本 あり
2ヶ月まで無料
信濃湧水 都度注文
(ノルマあり)
3ヶ月で4本
アクアクララ 都度注文
(ノルマなし)
1回に2本~
※すべて12Lボトルの場合

なお、水の注文数の目安や各メーカーのノルマなどについては、次の記事を参考にしてみて下さい。

8. 配送エリア・配送方法に注目する

ほとんどのメーカーでは配達エリアが限られているので、契約前に対象のエリアに住んでいるかどうか確認しておきましょう。

また、水の配送方法によってボトルの特徴が変わる場合があるため、注意が必要です。

下表で、配送方法とボトルの関係性についてまとめたので、目を通してみて下さい。

配送方法ボトルの特徴
自社配送空ボトルを回収するリターナブル方式
宅配業者委託空ボトルは家庭ゴミとして処分するワンウェイ方式
※一部メーカーで例外あり

なお以下のページでは、自社配達と宅配業者委託のメリット・デメリットなどを紹介しているので、あわせて読んでみて下さい。

9. メンテナンスのしやすさを考える

ウォーターサーバーのメンテナンスを怠ると、カビの発生などの原因になってしまいます。

必要なメンテナンスは、次の3つが中心です。

  • 日頃の簡単なお手入れ
  • メーカーによる定期メンテンス
  • クリーン機能による自主メンテナンス

長く使うには、ウォーターサーバーの衛生面を保つことが大切になるため、契約前にメンテナンスについてしっかり確認しておきましょう。

口コミ・評判が高いウォーターサーバーランキングTOP5

ここでは以下の3つの軸を基にして、おすすめのウォーターサーバーを10台厳選しました。

  1. 使い勝手がいい
  2. 月額費用がお手頃価格
  3. 美味しい水が飲める

なお、天然水が飲めるウォーターサーバーとRO水が飲めるウォーターサーバーで、それぞれ5台ずつ紹介します。

あなたの理想の1台が見つかること請け合いなので、ぜひチェックしてみて下さい。

おすすめの天然水サーバー

ランキングバナー

コスモウォーターSmartプラスの外観

水代 レンタル料 水の送料
12L…1,900円/本 無料 有料
※条件次第で無料
メンテナンス料 電気代 ボトルの種類
無料 約465円~/月 ワンウェイ
最低月額コスト 約4,265円~/月
※表示価格は全て税抜

「コスモウォーター」は、モンドセレクションを受賞した高品質でおいしい天然水を提供しています。

ボトルの設置位置がサーバー下部に設けられた「Smartプラス」は、少ない負担で水交換ができると好評です。

水の品質とサーバーの機能性を両立させたウォーターサーバーを希望する方にとって、コスモウォーターは強い味方になるでしょう。

ランキングバナー

フレシャスのサーバーの外観

水代 レンタル料 水の送料
9.3L…1,506円/本 0~900円/月 無料
メンテナンス料 電気代 ボトルの種類
無料 約380円~/月 ワンウェイ
最低月額コスト 約4,292円~/月
※「Slat」の場合
※表示価格は全て税抜

グッドデザイン賞やキッズデザイン賞を受賞した、高機能ながらおしゃれなウォーターサーバーを取り扱う「フレシャス」。

中でも、「dewo」と「Slat」は、安全性や使い勝手に優れているだけでなく、インテリアに馴染みやすいデザインが高い評価を得ています。

見た目にこだわりのあるウォーターサーバーを契約したい方は、ぜひフレシャスを検討してみて下さい。

ランキングバナー

信濃湧水全サーバーの外観

水代 レンタル料 水の送料
12L…1,500円/本 0~300円/月 有料
※条件次第で無料
メンテナンス料 電気代 ボトルの種類
無料 約470円~/月 ワンウェイ
最低月額コスト 約3,770円~/月
※表示価格は全て税抜

「信濃湧水」は、まろやかな北アルプスの天然水が利用できるウォーターサーバーメーカーです。

天然水の硬度は16mg/Lと軟水の中でも非常に柔らかい水のため、大人だけでなく赤ちゃんや小さな子供も飲めます。

赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーを使いたい方は、信濃湧水がぴったりです。

ランキングバナー

プレミアムウォーター全サーバーの外観

水代 レンタル料 水の送料
1,640~1,960円/本
(7L/12L)
0~1,000円/月 有料
※条件次第で無料
メンテナンス料 電気代 ボトルの種類
無料 約620円~/月 ワンウェイ
最低月額コスト 約3,900円~/月
※スリムサーバーⅢで7Lを使用した場合
※表示価格は全て税抜

天然水のおいしさと安全性が高く評価され、モンドセレクションとiTQiを6年連続で受賞している「プレミアムウォーター」。

シンプルから凝ったものまで、幅拾いデザインのウォーターサーバーを提供しているため、部屋の雰囲気に合わせて機種を選びやすいでしょう。

上質な天然水を楽しめるおしゃれなサーバーを探している方には、プレミアムウォーターがうってつけです。

ランキングバナー

キララスマートサーバーの外観

水代 レンタル料 水の送料
7.2L…1,150~1,350円/個 1,200円/月 無料
メンテナンス料 電気代 ボトルの種類
無料 約1,000円~/月 ワンウェイ
最低月額コスト 約6,800円~/月
※表示価格は全て税抜

富士山の天然水が利用できる「キララ」のウォーターサーバーは、炭酸水を作ることが可能です。

また、搭載されたクリーン機能により、毎日サーバー内を自動で熱殺菌するので衛生面を保てます。

おいしい天然水を安全に利用したい方は、キララのウォーターサーバーを検討してみてはいかがでしょうか。


おすすめのRO水サーバー

ランキングバナー

アクアクララの全サーバーの外観

水代 レンタル料 水の送料
900~1,200円/本
(7L/12L)
1,000~2,000円/月
※「あんしんサポート料」として
無料
メンテナンス料 電気代 ボトルの種類
無料 約700円~/月 リターナブル
最低月額コスト 約2,900円~/月
※アクアスリムで7Lを使用した場合
※表示価格は全て税抜

従来のデザインからコラボレーションモデルまで、幅広い種類のウォーターサーバーを提供する「アクアクララ」。

ボトルの容量は7Lと12Lの2種類があるので、家庭の水の消費量に合わせて注文できます。

自分好みの水の量やデザインを選びたい方は、ぜひアクアクララを選択肢に入れてみて下さいね。

ランキングバナー

クリクラの全サーバー一覧

水代 レンタル料 水の送料
800~1,250円/本
(7L/12L)
417円/月
※「あんしんサポートパック料」として
無料
メンテナンス料 電気代 ボトルの種類
無料 約524円~/月  リターナブル
最低月額コスト 約3,191円~/月
※省エネサーバーで12Lを使用した場合
※表示価格は全て税抜

全国展開している「クリクラ」は、引っ越し先でも続けて利用できるため、引っ越しが多い方も安心です。

またクリクラの水は、全国560院以上の産院からも選ばれており、赤ちゃんや小さな子供に安心して与えられます。

家族みんなで安全でおいしい水を使い続けたい方は、クリクラのウォーターサーバーがおすすめです。

ランキングバナー

アルピナウォーター全サーバーの外観

水代 レンタル料 水の送料
780~1,640円/本
(8L/12L/18.9L)
572~872円/月 有料
※条件次第で無料
メンテナンス料 電気代 ボトルの種類
無料 約470円~/月 リターナブル
※8Lのみワンウェイ
最低月額コスト 約3,682円~/月
※表示価格は全て税抜

北アルプスの天然水を厳選としたRO水が楽しめる「アルピナウォーター」。

アルピナウォーターのウォーターサーバーは、定期的に無料で新しいサーバーと交換してくれるため、衛生面が心配な方も安心です。

上質な水を利用できるだけでなく、衛生面や安全性に優れたウォーターサーバーを使いたい方は、アルピナウォーターが最適です。

ランキングバナー

ハワイアンウォーター全サーバーの外観

水代 レンタル料 水の送料
1,370~1,800円/本
(8L/12L)
0~1,000円/月 有料
※条件次第で無料
メンテナンス料 電気代 ボトルの種類
無料 約470円~/月 ワンウェイ
最低月額コスト 約4,720円~/月
※表示価格は全て税抜

「ハワイアンウォーター」は、ハワイを感じさせるデザインが施されたボトルが人気を得ています。

水の硬度は1mg/L未満の軟水で、まろやかで飲みやすく赤ちゃんから大人まで年齢を問わず飲めます。

また、未開封であれば水の賞味期限は1年半なので、備蓄水としての利用も考えている方はぜひ検討してみて下さい。

ランキングバナー

フレールのウォーターサーバー

水代 レンタル料 水の送料
6.2L…540円/個 500~900円/月 無料
メンテナンス料 電気代 ボトルの種類
無料 約1,000円~/月 ワンウェイ
最低月額コスト 約3,520円~/月
※表示価格は全て税抜

徹底した品質管理のもとで製造された、安全なRO水を提供する「フレール」。

フレールの水は、軽量のウォーターパックに入って届くため、持ち上げやすくボトル交換もしやすいです。

月額コストを抑えられて、水交換の負担が少ないウォーターサーバーを探している方は、フレールを導入してみてはいかがでしょうか。

水道水対応のウォーターサーバーは料金が定額で分かりやすい

宅配水タイプのウォーターサーバーの他に、水道水を浄水した水が飲めるウォーターサーバーがあります。

ここでは、違いが分かるように水道水対応タイプと宅配水タイプのウォーターサーバー2台を比較してみました。

比較結果を下表にまとめたので、確かめてみて下さい。

水道水対応 宅配水
機種 ダイオーズ ピュレストのホワイト
ダイオーズ
ピュレスト
スリムサーバーⅢのピンク
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
レンタル料 2,980~3,980/月 0円/月
水代 0円
※水道代に含まれる
▼7L…1,640円/本
▼12L…1,840円~/本
費用 定額制
(2,980~3,980/月)
従量制
(3,280円~/月)
※7Lの場合
水の種類 浄水 天然水
設置工事
水交換
水の注文
配送エリア 全国 全国
ダイオーズの公式サイト
プレミアムウォーターの公式サイト
※表示価格はすべて税抜

以下のページで、水道水対応のウォーターサーバーについて詳しく紹介しているので、目を通してみて下さい。

ウォーターサーバーのよくある9つの疑問点と答え

ウォーターサーバーの契約を考えている上で、様々なことで悩んでいる方も多いはず。

そこでこちらでは、ウォーターサーバーに関するよくある疑問9点について、詳しく回答します。

あなたの気になっていることが解決するはずなので、ぜひチェックしてみて下さい。

Q1. 一人暮らしでも使える?

ウォーターサーバーは使い勝手がいいため、一人暮らしの方からも好評です。

一人暮らしの方は、次の2点などの特徴がある機種を選ぶといいでしょう。

  • 月額費用がリーズナブル
  • 設置場所を取らない

なお、一人暮らしにぴったりなウォーターサーバーなどに関して、以下のページで解説しているので参考にしてみて下さい。

Q2. 購入できるウォーターサーバーはあるの?

ウォーターサーバーは、レンタルプランだけでなく買取プランに対応している機種もあります。

気に入った機種を長く使いたい方は、購入を検討してもいいでしょう。

下の記事では、買取プランに対応したウォーターサーバーなどについて解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

Q3. ウォーターサーバーの水とペットボトルの水の違いは?

ウォーターサーバーとペットボトルの特徴を、次のようにまとめました。

ウォーターサーバーペットボトル
  • すぐに冷水・温水が使える
  • 水を買う手間が省ける
  • ゴミを削減できる
  • ランニングコストがかかる
  • 設置場所が必要
  • 購入費用がリーズナブル
  • いろんな種類の水を選べる
  • 好きな時に買える
  • ゴミが大量に出る
  • 冷蔵庫などに保管場所が必要

水を毎日使う方はウォーターサーバーの方が圧倒的に便利ですが、時々しか水を飲まない方はペットボトルを選択してもいいでしょう。

なお、ペットボトルとウォーターサーバーの特徴を比較した結果を、以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

Q4. サーバーが届く前に確認すべきことはある?

ウォーターサーバーを設置する場所について、次の4点を事前に確認しておきましょう。

  • 電源が近くにあるか
  • 高温多湿の場所ではないか
  • 家具や壁から約10cm離して置ける場所か
  • サーバーを置いてもぐらつかないか

なお、ウォーターサーバーの設置場所に関しては、以下の記事を参考に決めてみて下さい。

Q5. 申し込みから設置までの流れが知りたい

ウォーターサーバーの申し込みから設置までの流れは、以下3ステップでおこなうことが多いです。

  1. 公式サイトまたは電話で申し込む
  2. 希望のサーバー本体と水が届く
  3. 自分で設置、または担当者が設置

申し込みでは、希望の機種や水の種類、注文する水の本数などを選択し、住所や氏名などの必要事項を登録します。

公式サイトでの申し込みは、24時間いつでもできるため、忙しい方でも契約がしやすいですよ。

Q6. 支払方法は?

ウォーターサーバーの費用の支払い方法は、次の5つなどがあります。

  • クレジットカード決済
  • キャリア決済
  • 口座振替
  • 代金引換
  • コンビニ決済

支払方法の中でも、クレジットカード決済を採用しているメーカーがほとんどです。

しかし、クレジットカードを持っていない方のために、代金引換や口座振替などの支払い方法も採用しているメーカーもあります。

どのような支払い方法があるか、契約前に一度問い合わせておきましょう。

Q7. ウォーターサーバーの水の賞味期限はどれくらい?

賞味期限は、水の種類やメーカーによって異なります。

例えば、「プレミアムウォーター」の天然水の場合、水の賞味期限は下記の通りです。

  • 未開封…約6ヶ月
  • 開封後…約2週間

なお、以下の記事でウォーターサーバーの水の賞味期限について、詳しく解説しています。

Q8. 解約したい時はどうすればいいの?

解約したい場合は、電話や問い合わせフォームから申請します。

解約希望日の直前で申し込むと、余分な水が届くこともあるので、早めの申請がおすすめです。

また契約内容によっては、解約金が発生するケースがあるため、確認しておきましょう。

Q9. ウォーターサーバーはクーリングオフできるの?

公式サイトや電話から契約した場合は、クーリングオフの対象外です。

しかし、ショッピングモールなどで勧誘を受けて契約した場合、契約から8日以内であればクーリングオフすることができます。

クーリングオフする時は、期間内に申し込む必要があるので、早めに手続きをしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ウォーターサーバーを選ぶ時のポイントや必要コストの目安などについて紹介しました。

最後に、この記事の大切なポイント3つをおさらいしましょう。

ここがポイント

  • 事前に必要コストを算出する
  • 水は天然水かRO水を利用できる
  • 自分のニーズに合った機種を選ぶ

こちらを参考に、ウォーターサーバーのある便利で健康的な生活をスタートさせて下さいね。